カマラ・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カマラ・ハリス
Kamala Harris
Kamala Harris Vice Presidential Portrait.jpg
生年月日 (1964-10-20) 1964年10月20日(56歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
出身校 ハワード大学
カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクール
前職 サンフランシスコ地方検事
所属政党 US Democratic Party Logo.svg 民主党
称号 教養学士
(ハワード大学・1986年)
法務博士・専門職
(カリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学院・1989年)
配偶者 ダグ・エムホフ(2014年から)
サイン Kamala Harris Signature.svg
公式サイト 公式サイト

在任期間 2021年1月20日 - 現職
大統領 ジョー・バイデン

選挙区 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
当選回数 1回
在任期間 2017年1月3日 - 2021年1月18日

当選回数 2回
在任期間 2011年1月3日 - 2017年1月3日
州知事 ジェリー・ブラウン

当選回数 2回
在任期間 2004年1月8日 - 2011年1月3日
市長 ギャビン・ニューサム
テンプレートを表示

カマラ・デヴィ・ハリス(英語:Kamala Devi Harris [ˈkɑːmələ] KAH-mə-lə;[1][2]1964年10月20日 - )は、アメリカ合衆国政治家法律家。同国第49代副大統領(在任: 2021年1月20日 - 現職)。

ジャマイカ出身のアフリカ系(黒人)の父とインド出身のアジア系の母を持つ[3]カリフォルニア州で検察官や司法長官英語版を務めた後、2017年から2021年まで民主党所属のカリフォルニア州選出の連邦上院議員を務めた。アフリカ系(ジャマイカ系)アメリカ人女性としては2人目、南アジア系(インド系)アメリカ人としては初の上院議員である[4]

2020年アメリカ合衆国大統領選挙に民主党の副大統領候補として出馬し、大統領候補のジョー・バイデンと共に当選を果たし[5]2021年1月20日に副大統領に就任した[6]。初の女性・アフリカ系・アジア系の副大統領である[7]

概説[編集]

1964年10月20日にカリフォルニア州オークランドにて、ジャマイカ出身の経済学者であるドナルド・ハリスとインド出身の内分泌学研究者であるシャマラ・ゴパラン=ハリスの間の娘として誕生した[8]。7歳の時に父母が離婚し、母に育てられた[8]

ハワード大学カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクールを卒業した[8]アラメダ郡の地方検事局でキャリアをスタートさせ、サンフランシスコ地方検事局、後にサンフランシスコ市検事局に採用された。2004年に第27代サンフランシスコ地方検事英語版に選出され、2011年まで務めた[8]。 2010年にカリフォルニア州司法長官英語版に当選したハリスは、2014年に僅差で再選された。同年ユダヤ系白人の弁護士ダグ・エムホフと結婚[8]

州司法長官を2期務めている間に民主党内で新進気鋭の若手として話題となり[8]2016年の上院議員選挙でロレッタ・サンチェス英語版を破り、現職のバーバラ・ボクサー英語版上院議員の後任として、カリフォルニア州で3人目の女性上院議員となった。黒人女性が上院議員になるのは彼女で2人目であった[8]。 上院議員としてハリスは単一医療保険制度・大麻の連邦政府による合法化・不法移民のための市民権への道・DREAM法・暴行武器の禁止・累進課税制度を支持してきた。また公聴会における検察官らしい質問の仕方も民主党左派から好評を博した。特に連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノーの承認公聴会での厳しい尋問ぶりや、ロシア疑惑捜査報告書についてウイリアム・バー英語版司法長官を追及したのが話題になった[8]

2019年1月に2020年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党の大統領候補を選出する予備選挙に立候補し、2019年12月3日に予備選挙戦から撤退するまでの間、一時的にフロントランナーとなったこともあった[9]。その後、2020年8月11日に民主党のジョー・バイデンの副大統領候補に選出された。主要政党の副大統領候補としては初のアフリカ系(黒人)アジア系アメリカ人であり[10]ジェラルディン・フェラーロ英語版サラ・ペイリンに次ぐ3番目の女性副大統領候補となった[11][12]

2020年11月3日に実施された2020年アメリカ合衆国大統領選挙に民主党の大統領候補であるジョー・バイデンの副大統領候補として出馬して当選を果たした[5]1月20日大統領就任式を経て副大統領に就任した[6]。初の女性・アフリカ系・アジア系の副大統領である[7]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1964年10月20日にカリフォルニア州オークランドで誕生した。

母親のシャーマラ・ゴーパーラン英語版Shyamala Gopalan、1938年 - 2009年)は、1960年にアメリカに移民したチェンナイ出身のタミル系インド人で、著名な乳がん研究者であった[13][14]

父親のドナルド・J・ハリス英語版Donald Jasper Harris 1938年 - )はジャマイカ人移民で、カリフォルニア大学バークレー校で経済学を修学する為に1961年にアメリカ合衆国に渡り、その後スタンフォード大学の経済学教授になった[19]

カマラの名は、ヒンドゥー教の女神ラクシュミーの別名から名付けられたもので、サンスクリット語の「の女性」(: kamalā、カマラー)に由来する。子供のころは、インドのチェンナイ市ベサントナガルにある母の実家に頻繁に訪れて、母方の祖父でありインドの外交官だった P・V・ゴーパーランと懇意にしていた[14][20]

ハリスが幼少期に住んだ家。

ハリスの唯一の妹であるマヤ・ハリス英語版Maya Lakshmi Harris 1967年 - )は現在、弁護士で社会運動家である。妹の夫は、前アメリカ司法次官で現在Uberの法務部門を率いているトニー・ウェスト (弁護士)英語版Derek Anthony "Tony" West 1965年 - )である[21][22]

一家は両親の通う大学院があるカリフォルニア州バークレーに住んでいた[23]。大多数がアフリカ系アメリカ人の地域で、バプテスト教会の聖歌隊でハリスは妹と歌っていた[18]。ハリスは、バークレーの行政が行った包括的差別撤廃プログラムによるバス通学を利用して、バークレー北部のより経済的に豊かな地域に位置するThousand Oaks小学校に通った[24]。この小学校はもともと95%が白人だったが、差別撤廃計画が実行されてからは黒人の比率が40%まで増えた[25]。当時のバークレーでたびたび行われた公民権運動のデモにも、両親は子供を連れて参加していた[23]。ハリスが7歳のときに両親は離婚し、その後は妹とともに母親に育てられた[23]。それからハリスが12歳のとき、母子はカナダのケベック州モントリオールに移住した。母シャーマラはジューイッシュ総合病院英語版で研究しながらマギル大学で教鞭をとっていた[26][27]

ハリスはモントリオールのウェストマウント高校を卒業した後、ワシントンD.C.ハワード大学政治学経済学を専攻した[28][29]。ここでソロリティであるアルファ・カッパ・アルファ英語版に入会する[30][31]

大学を卒業後、ハリスはカリフォルニアに戻り、カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクールで学んだ。1989年に法務博士号 (J.D.) を取得し[32]、カリフォルニア州の法曹資格試験に挑んだが不合格になった。ハリスは後に「試験で実力は計れません」と述べている[18]。翌1990年にカリフォルニア州の法曹資格を取得した[33]

州地方検察[編集]

地方検事補[編集]

1990年から1998年まで、カリフォルニア州アラメダ郡にて地方検事補として働いた。検察という仕事を選んだことについて、行政に変化をうながすために「実際に決定がなされる場にいたかったのです」と述懐している[18]

1998年以降は、1996年サンフランシスコで初のアフリカ系アメリカ人の市長となったウィリー・ブラウンの市政でサンフランシスコ地方検察局に赴任し、ハリスは常習犯対策班(Career Criminal Unit)の指揮を任された。2000年、サンフランシスコ市検事(City Attorney)のルイーズ・レネに要請されて、地域コミュニティ課(Community and Neighborhood Division)のチーフになった[34]

この間、ロサンゼルス・デイリー・ジャーナル英語版誌上にて、カリフォルニアの法曹トップ100人の中に選ばれた。またカリフォルニア地方検察協会の役員と、全米地方検察協会の副会長を務めた[35]

サンフランシスコ地方検事[編集]

2003年の選挙において、2期務めた現職のテレンス・ハリナン英語版を下して、サンフランシスコ地方検事に当選した[36]

2004年4月、サンフランシスコ市警の警察官アイザック・エスピノザが殉職した事件で、犯人に死刑を求刑しないことをハリスは表明した[18]。これはサンフランシスコ警察官組合の反発を招いた。エスピノザの葬儀において、サンフランシスコのダイアン・ファインスタイン市長は最前列に座っていたハリスにむけて、壇上から犯人への死刑求刑を要望し、参列した2000名の警官たちはそれにスタンディング・オベーションを送った。それでもハリスは死刑求刑を拒否した。エスピノザを殺害した犯人はその後終身刑を言い渡された[18]

ハリスは麻薬密売の初犯者に対し、高校卒業と就職の機会を与えるプログラムを始めた。参加者は8年間で300名に満たなかったが、極めて低い再犯率を達成した[18]

2007年に無投票再選した[37]

カリフォルニア州司法長官[編集]

2011年10月14日、ギャング活動で逮捕された100人以上の個人名を公表するカリフォルニア州司法長官ハリス

2008年11月12日、ハリスはカリフォルニア州司法長官選挙への立候補を表明した。カリフォルニア選出の上院議員両名(ダイアン・ファインスタインとバーバラ・ボクサー)及びナンシー・ペロシ下院議長の支持を集めた[38]。2010年6月8日に行われた予備選挙では33.6%の票を得て、2位に倍の差をつけて勝利した[39]

2010年11月2日一般選挙でハリスは民主党候補として、共和党候補のスティーブ・クーリー英語版と対峙した。開票の序盤において有利に進めたクーリーは勝利宣言をしたが、最終的に約75000票(0.8%)という僅差でハリスは勝利した。2011年1月3日、ハリスは初の女性・初のアフリカ系・初のインド系としてカリフォルニア州司法長官に就任した[40]

2014年11月4日、共和党候補のロナルド・ゴールドを破って再選した[41]

司法長官時代にアメリカ合衆国最高裁判所は、カリフォルニア州の収監中の囚人数は収容能力の2倍に達することが違憲であるという判決を出した。そのため、ハリス側は収監中の囚人たちの出所期限を延期させ、安価の労働力として山火事の消火などに投入した。一部の評論家はこれについて、「奴隷労働」と批判した[42]

アメリカ上院議員[編集]

2017年5月、ハリス
2017年1月3日、副大統領ジョー・バイデンに上院議員としての就任宣言をするハリス

民主党のカリフォルニア州選出上院議員を24年間続けたバーバラ・ボクサーが引退を表明した後、ハリスは2015年1月13日に上院選挙へ立候補することを発表した。

2016年民主党カリフォルニア大会にて78%を得票して、ハリスは民主党の公認を得た[43][44]。ただしこれは党の唯一の候補になることを意味しない[44]。5月23日にハリスはカリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンからの支持を受けた[45]

2016年6月7日の予備選挙でハリスは40%の票を得て首位になった[46]。2位につけた下院議員のロレッタ・サンチェスも民主党所属であり、民主党による議席確保は確実のものとなった。カリフォルニアの上院議員選挙で、民主党候補同士による一騎打ちになったのは1914年以来のことである[46]。7月19日にはバラク・オバマ大統領とジョー・バイデン副大統領もハリスの支持を表明した[47]

2016年11月8日の一般選挙でハリスは61.6%を得票し、上院議員に選出された[48][46]。当選後ハリスは2016年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利したドナルド・トランプの政策から移民を守ることを誓約した[49]。州司法長官の後任には、前下院議員のハーヴィエア・ビセラ英語版が就任した[50]

2018年5月、大麻使用の合法化を目指す法案(大麻公正法)の共同提案者に加わったほか、2019年1月に出版した書籍でも大麻の合法化を主張。大麻使用に関するスタンスを明確化した[51]

上院公聴会で、アメリカ合衆国司法長官ジェフ・セッションズ、ウィリアム・バー、ブレット・カバノー最高裁判所陪席判事候補などトランプ政権の高官に対して鋭い質問をしたことで、ハリスは全国的な注目を浴びた[52]

2020年大統領選挙[編集]

民主党候補指名争い[編集]

2019年1月27日の大統領選挙出陣式で演説するハリス
2019年6月10日、アイオワ州シーダーラピッズでの演説

2019年1月21日Twitter2020年アメリカ合衆国大統領選挙へ立候補したことを表明した[53]カリフォルニア州オークランドで選挙運動を開始し、2万2000人もの支持者が集まった[54]

同年6月27日夜にフロリダ州マイアミで開かれた予備選に向けた第1回テレビ討論会2日目に出演。支持率首位に立っていたジョー・バイデンと人種差別問題を巡って激しくやりあったことで注目を集めた。ハリスはバイデンに対して「あなたが人種差別主義者だとは思わないし、共通点を見つける大事さを訴えていることには共感する」「でも、これは個人的なことでもあるが、この国で人種差別によって名声や職を得た2人の上院議員たちを、あなたが評価するのを聞いて、実はとても傷ついた」「それだけじゃない。あなたはバスで送り届けることに反対するために、彼ら(人種差別主義の上院議員たち)と協力した。カリフォルニアのある少女は、公立学校の統合のために第二クラスに入れられ、毎日学校にバスで送迎された。その少女は私だ」と述べ、1970年代に遡ってバイデンが上院議員として「差別撤廃に向けたバス通学」に反対したことを批判した。バイデンは「私の政治的立場全般についての間違った特徴づけだ。私は人種差別主義者を称賛しない。それは本当ではない」と反論した[55]。この討論会で注目を集め、支持率は一時二桁に乗った[54]

8月に行われたキニピアック大学の支持率調査によれば、バイデン(32%)、エリザベス・ウォーレン(19%)、バーニー・サンダース(15%)に次ぐ4位(7%)と好位置を得ている[56]

9月12日テキサス州ヒューストンで第3回討論会では殺傷能力の高い半自動小銃などを大統領令で禁止すべきであると主張した。バイデンが憲法違反であるとして反対すると、彼女はオバマの選挙スローガンを引き合いに「イエス・ウィー・キャンと言いましょう」とバイデンに詰め寄った[57]

ハリス陣営は第2四半期(4月-7月)に約1200万ドルの選挙資金を調達したと発表していたが、その後は資金繰りに苦しみ、11月にはメリーランド州ボルティモアの選対本部や、ニューハンプシャー州カリフォルニア州の選対事務所のスタッフが解雇される事態となった。そして12月3日、資金不足を理由に撤退を表明した[54]

撤退後は2020年3月3日スーパーチューズデーでの地元カリフォルニア州の予備選の結果が明らかになるまで、別候補への支持表明は控える立場を取った。バイデンが勝利したのを受けて、3月8日にバイデン支持を表明している[58]

副大統領候補[編集]

2020年8月12日、カマラ・ハリスを副大統領候補として発表して以降最初の集会でのバイデンとハリス

その後、大統領選挙の候補はバイデンに一本化されたが、その過程でハリスが副大統領の有力候補に挙げられるようになった[59]2020年8月11日、バイデンにより副大統領候補に指名された[60]。人種差別抗議運動のブラック・ライヴズ・マター(BLM)の高まりに配慮した人選と考えられている[61][62]

8月19日に民主党全国大会で正式に党副大統領候補に選出された。受諾演説の中で「絶え間ない混乱で我々はさまよっている。無能さによって恐怖を感じている。冷淡さによって孤独を感じている」と大統領ドナルド・トランプの政治を批判するとともに「黒人、白人、ラテン系、アジア系、先住民、われわれ全てが望む将来を達成するため団結をもたらす大統領を、ジョー・バイデン氏を選出しなければならない」と訴えた[63]

10月7日夜に現職副大統領マイク・ペンスと副大統領討論会を行った。討論の礼儀は守られていたが、これといって印象に残る物ではなかったというのが大方の評価だったが、ペンスが割って入った時に「私が話しているんです」という言葉をハリスは討論会中に3回繰り返しており、これに視聴者、特に女性の反応が顕著にあった。「仕事の場で男性に発言を遮られる」マンスプレイニングというジェンダー問題として女性たちの共感がハリスに寄せられた[64][65]

当選[編集]

11月3日に投開票された大統領選挙は接戦州の大勢判明に時間を要したが、11月7日朝にアメリカの主要な報道機関がバイデンの当選確実を報じ、ハリスの副大統領就任も確実となった[66]。落選が報じられたトランプは敗北を認めず、敗北宣言も拒否したが、バイデン・ハリス陣営は7日夜に勝利宣言を行った。そのスピーチでカマラ・ハリスは「私は女性として初めての副大統領だが、最後にはならないだろう。今夜、これを見ている全ての小さな女の子たちが、可能性のある国であることを知ったからだ」「私はオバマ前大統領にとってのジョーのような副大統領になれるよう努める。忠実で、誠実で、毎朝目を覚ましてあなたとその家族について考えるような副大統領を目指す」と述べた[67]

女性の地位向上活動に取り組んでいるFacebook最高執行責任者(COO)シェリル・サンドバーグは、11月7日に「231年の歴史で初めて移民の娘で黒人・南アジア人系の米国人が副大統領に就く」「ガラスの天井やリーダーシップに関する規範を壊した」と祝意を示した。アップル創業者スティーブ・ジョブズ夫人で慈善活動家ローレン・パウエル・ジョブズも11月7日にTwitterで、「民主主義と共通の人間性、そしてガラスの天井が壊れたことを祝福する」と述べた[68]

父の出身国であるジャマイカアンドリュー・ホルネス首相は11月7日にTwitterに祝福のコメントを投稿し「女性として米国の副大統領に初めて就くハリス氏がジャマイカの遺産を引き継いでいることを誇りに思う」「世界中の女性の勝利だ」と述べた。母の出身国であるインドナレンドラ・モディ首相もTwitterを通じて祝意を示し「すべてのインド系米国人の大きな誇りだ」「あなたの支援とリーダーシップにより米印関係が一段と強固になると確信している」と述べた[68]

12月10日にはジョー・バイデンと共に『タイム』誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。『タイム』誌は2人の授賞理由として「分裂の怒りよりも、共感の力が偉大であることを示し、悲嘆にくれている世界に癒しの展望を示した」と評している[69]

12月14日に選挙人による投票が行われ、バイデンとハリスが過半数の306人の選挙人を獲得して当選することが確実となった[70]。2021年1月7日に連邦議会の両院合同会議で正式な集計が行われ、当選が正式に認定された[5]。1月18日に上院議員を辞し[71]カリフォルニア州務長官アレックス・パディラ英語版が代わって上院議員となった[72]

アメリカ合衆国副大統領[編集]

2021年1月20日就任式におけるハリスの副大統領宣誓

2021年1月20日バイデンとハリスの大統領・副大統領就任式が行われ、宣誓を行って第49代副大統領に就任した[6]。初の女性・アフリカ系・アジア系の副大統領となった[7]。上院の議席は副大統領(上院議長)としてのハリスの議長決裁を加えて民主党が過半数を得ている状態にある[7]

3月24日にバイデン大統領は南部国境にメキシコからアメリカへ移民することを希望する者が殺到している問題のトップにハリスを当てた。ハリスは3月24日の米CBSのインタビューにおいて、メキシコや北部三角地帯(ホンジュラスグアテマラエルサルヴァドル)から難民がアメリカに流れ込んでくることの「根本原因への対応」が必要と述べ「あの地域の諸国からなぜ大勢がアメリカにやってくるのか。各国の発展を支援することで、大勢がやってくる原因にも取り組む。そのために必要なことをするという形で対応する」と語った[73]

著作[編集]

ハリスは2009年と2019年にノンフィクションを1冊ずつ、2019年には児童書も1冊上梓した[74][75]

一般書
  • Smart on Crime: A Career Prosecutor's Plan to Make Us SaferChronicle Books, 2009年、ISBN 978-0-8118-6528-9. (英語)
  • The Truths We Hold: An American Journey」Diversified Publishing, 2019年、ISBN 978-1-9848-8622-4. (英語)
児童書


脚注[編集]

  1. ^ Thomas, Ken (February 15, 2013). “You Say 'Ka-MILLA;' I Say 'KUH-ma-la.' Both Are Wrong”. The Wall Street Journal: 1. https://www.wsj.com/articles/the-biggest-2020-election-question-whose-name-will-get-mangled-worst-11550161230. 
  2. ^ “Tucker Carlson doesn't pronounce Kamala Harris's name correctly, and doesn't seem to care”. National Post. (2020年8月12日). https://nationalpost.com/news/world/tucker-carlson-doesnt-pronounce-kamala-harriss-name-correctly-and-doesnt-seem-to-care 2020年8月12日閲覧。 
  3. ^ “次期副大統領ハリス氏 「多様性」体現の苦闘”. 日本経済新聞. (2020年11月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66194900T11C20A1I10000 2020年12月12日閲覧。 
  4. ^ Kamala D. Harris: US Senator from California”. United States Senate. 2020年7月29日閲覧。
  5. ^ a b c “米議会がバイデン氏勝利認定、大統領「秩序ある政権移行」確約”. ロイター. (2021年1月7日). https://jp.reuters.com/article/biden-congress-idJPKBN29C0Y8 2021年1月18日閲覧。 
  6. ^ a b c “バイデン氏が宣誓 第46代米大統領に就任 「米国を結束させる」”. 産経新聞. (2021年1月21日). https://www.sankei.com/world/news/210121/wor2101210003-n1.html 2021年1月21日閲覧。 
  7. ^ a b c d “ジョー・バイデン氏が第46代アメリカ大統領に就任”. BBC. (2021年1月21日). https://www.bbc.com/japanese/55741921 2021年1月21日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h “【米大統領選2020】 カマラ・ハリス上院議員とは 野党、民主党の副大統領候補に”. BBC. (2020年8月13日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-53747058 2020年12月12日閲覧。 
  9. ^ Herndon, Astead; Goldmacher, Shane (2019年12月3日). “Kamala Harris Is Dropping Out of 2020 Race”. https://www.nytimes.com/2019/12/03/us/politics/kamala-harris-campaign-drops-out.html 2019年12月3日閲覧。 
  10. ^ “バイデン氏、カマラ・ハリス上院議員を民主副大統領候補に選ぶ”. ブルームバーグ. (2020年8月12日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-11/QEX1SQDWLU6901 2020年9月3日閲覧。 
  11. ^ Kamala Harris Is Biden’s Choice for Vice President”. New York Times. 2020年8月12日閲覧。
  12. ^ 米副大統領候補にハリス氏 民主バイデン氏が起用へ(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月11日閲覧。
  13. ^ : The New Face of Politics… An Interview with Kamala Harris”. DesiClub. 2010年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月2日閲覧。
  14. ^ a b “Obituary: Dr. Shyamala G. Harris”. San Francisco Chronicle. (2009年3月22日). http://www.legacy.com/obituaries/sfgate/obituary.aspx?pid=125330757 2017年6月11日閲覧。 
  15. ^ “PM Golding congratulates Kamala Harris-daughter of Jamaican - on appointment as California's First Woman Attorney General”. Jamaican Information Service. (2010年12月2日). オリジナルの2012年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120115023007/http://www.jis.gov.jm/news/opm-news/26176-officePM-pm-golding-congratulates-kamala-harris-daughter-of-jamaican-on-appoint 2011年2月2日閲覧。 
  16. ^ “California Attorney General Kamal Harris marries Douglas Emhof”. The American Bazaar. (2014年9月2日). https://www.americanbazaaronline.com/2014/09/02/california-attorney-general-kamal-harris-marries-douglas-emhoffmost-eligible-indian-american-bachelorette-marries-fellow-lawyer/ 
  17. ^ Why Kamala Harris is probably not thrilled with compliment”. CalWatchdog.com (2013年4月7日). 2017年12月13日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g Bazelon, Emily (May 25, 2016). “"Kamala Harris, a ‘Top Cop’ in the Era of Black Lives Matter"”. The New York Times Magazine. https://www.nytimes.com/2016/05/29/magazine/kamala-harris-a-top-cop-in-the-era-of-black-lives-matter.html?_r=0. 
  19. ^ [15][16][17][18]
  20. ^ Egelko, Bob (2012年11月7日). “Kamala Harris mixing idealism, political savvy”. SFGate. http://www.sfgate.com/politics/article/Kamala-Harris-mixing-idealism-political-savvy-3518933.php 2017年11月28日閲覧。 
  21. ^ “Justice Dept. lawyer Tony West to take over as acting associate attorney general”. The Washington Post. (2012年2月27日). https://articles.washingtonpost.com/2012-02-27/politics/35442407_1_civil-division-civil-rights-associate-attorney 2014年1月11日閲覧。 
  22. ^ “Uber hires PepsiCo’s Tony West as general counsel”. The Washington Post. (2017年10月27日). https://www.washingtonpost.com/news/the-switch/wp/2017/10/27/uber-hires-pepsicos-tony-west-as-general-counsel/ 
  23. ^ a b c “CNN Kamala Harris California profile”. http://www.cnn.com/2010/POLITICS/10/22/california.kamala.harris.profile/ 2014年1月22日閲覧。 
  24. ^ Did Kamala Harris’ childhood in Berkeley shape the presidential hopeful?”. Berkeleyside. 2020年11月14日閲覧。
  25. ^ Fact check: Kamala Harris was correct on integration in Berkeley, school district confirms”. CNN. 2020年11月14日閲覧。
  26. ^ Sam Whiting (2009年5月14日). “Kamala Harris grew up idolizing lawyers”. SFGate. http://www.sfgate.com/entertainment/article/Kamala-Harris-grew-up-idolizing-lawyers-3232851.php#ixzz2PivLjB4p 2014年1月11日閲覧。 
  27. ^ “Brilliant Careers”. Super Lawyers. (2010年8月1日). http://www.superlawyers.com/california-northern/article/Brilliant-Careers/e8902c40-542b-40e4-89a5-58a2e181b36f.html 2011年2月2日閲覧。 
  28. ^ Owens, Donna (2016年11月8日). “Meet Kamala Harris, the second Black woman elected to the U.S. Senate” (英語). NBC News. http://www.nbcnews.com/storyline/2016-election-day/meet-kamala-harris-second-black-woman-elected-u-s-senate-n680726 2017年2月18日閲覧。 
  29. ^ “Howard Alumna Becomes First Woman Elected as California Attorney General”. Howard University News. (2010年12月17日). http://www.howard.edu/newsroom/releases/2010/20101215HowardAlumnaTrailblazerBecomesFirstWomanElectedasCaliforniaAttorneyGeneral.html 2014年11月14日閲覧。 
  30. ^ “Alpha Kappa Alpha declares January 20 "Kamala D. Harris Day," with members wearing pink and pearls to honor her”. CBS NEWS. (2021年1月20日). https://www.cbsnews.com/news/alpha-kappa-alpha-sorority-kamala-harris-day/ 2021年2月1日閲覧。 
  31. ^ “米副大統領支える「ソロリティ」”. 日本経済新聞. (2021年1月31日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68640850Z20C21A1TM5000 2021年2月1日閲覧。 
  32. ^ “Kamala Harris ’89 Wins Race for California Attorney General”. UC Hastings News Room. (2010年11月24日). http://www.uchastings.edu/media-and-news/news/2010/11/kamala-harris.html 2011年2月2日閲覧。 
  33. ^ State Bar of CA :: Kamala Devi Harris”. members.calbar.ca.gov. The State Bar of California. 2017年2月18日閲覧。
  34. ^ Women's Radio: This DA Makes a Difference For Women”. Womensradio.com. 2010年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月18日閲覧。
  35. ^ “Kamala Harris wins Dem nomination for California AG”. Z News. (2010年6月9日). http://www.zeenews.com/news632777.html 2017年12月18日閲覧。 
  36. ^ Martin, Nina (2007年8月). “Why Kamala Matters”. San Francisco Magazine. http://www.modernluxury.com/san-francisco/story/why-kamala-matters 2015年5月12日閲覧。 
  37. ^ Knight, Heather (2007年11月7日). “Kamala Harris celebrates unopposed bid for district attorney”. San Francisco Chronicle. http://articles.sfgate.com/2007-11-07/news/17271686_1_harris-job-training-terence-hallinan 2011年2月2日閲覧。 
  38. ^ Smith, Ben (2010年12月24日). “Kamala Harris: Democrats' anti-Palin”. POLITICO. http://www.politico.com/story/2010/12/kamala-harris-democrats-anti-palin-046783 2016年12月21日閲覧。 
  39. ^ Statement of Vote June 8, 2010, Direct Primary Election Archived July 22, 2010, at the Wayback Machine.
  40. ^ Mollie Reilly (2016年11月24日). “アメリカ民主党の希望の星カマラ・ハリス氏、目指すは初の女性大統領か”. ハフポスト日本語版. 2017年12月19日閲覧。
  41. ^ “Kamala Harris Re-Elected As California Attorney General”. The Huffington Post. (2014年11月5日). http://www.huffingtonpost.com/2014/11/05/kamala-harris-election-results_n_5819890.html 
  42. ^ CAMPAIGN 2020: Kamala Harris and her connection to inmate firefighters” (英語). www.eenews.net (2019年8月20日). 2020年11月9日閲覧。
  43. ^ “Kamala Harris receives California Democratic Party endorsement”. The Sacramento Bee. (2016年2月27日). http://www.sacbee.com/news/politics-government/capitol-alert/article62985987.html 
  44. ^ a b Artz, Matthew (2016年2月27日). “Kamala Harris wins state Democratic Party's endorsement”. mercurynews.com. http://www.mercurynews.com/politics-government/ci_29572143/kamala-harris-wins-state-democratic-partys-endorsement 
  45. ^ Willon, Phil (2016年5月23日). “California Gov. Jerry Brown backs Kamala Harris for U.S. Senate”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/local/politics/la-pol-sac-essential-politics-jerry-brown-kamala-harris-endorsement-htmlstory.html 
  46. ^ a b c “Kamala Harris breaks a color barrier with her U.S. Senate win”. Los Angeles Times. (2016年11月8日). http://www.latimes.com/politics/la-pol-ca-senate-race-kamala-harris-wins-20161108-story.html 
  47. ^ Willon, Phil (2016年7月19日). “Obama, Biden endorse Kamala Harris for U.S. Senate”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/politics/essential/la-pol-sac-essential-politics-updates-obama-biden-endorse-kamala-harris-for-1468889660-htmlstory.html 2016年7月19日閲覧。 
  48. ^ California 2016 election results”. ロサンゼルス・タイムズ. 2020年11月16日閲覧。
  49. ^ Willon, Phil (2016年11月10日). “Newly elected Kamala Harris vows to defy Trump on immigration”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/politics/la-pol-ca-senate-kamala-harris-trump-20161110-story.html 
  50. ^ “Brown taps Becerra as next state attorney general” (英語). ABC7 Los Angeles. (2016年12月1日). http://abc7.com/politics/brown-taps-becerra-as-next-state-attorney-general/1634370/ 2016年12月20日閲覧。 
  51. ^ 2020年米大統領選、有力候補らが「大麻合法化」を相次ぎ主張”. Forbes Japan (2019年1月10日). 2019年1月13日閲覧。
  52. ^ Viser, Matt (2019年1月21日). “Kamala Harris enters 2020 Presidential Race”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/politics/kamala-harris-enters-2020-presidential-race/2019/01/21/d68d15b2-0a20-11e9-a3f0-71c95106d96a_story.html 2019年1月22日閲覧。 
  53. ^ 長野慶太 (2019年1月22日). “再選を目論むトランプの強敵が出馬表明、彼以上の「攻撃型ディベイター」”. Forbes. 2019年8月31日閲覧。
  54. ^ a b c “米ハリス上院議員、大統領選の候補指名争いから撤退” (日本語). BBC. (2019年12月4日). https://www.bbc.com/japanese/50653964 2021年1月3日閲覧。 
  55. ^ “バイデン氏に攻撃が集中 米大統領選・民主党テレビ討論2日目” (日本語). BBC. (2019年6月28日). https://www.bbc.com/japanese/48797957 2021年1月3日閲覧。 
  56. ^ 民主党指名レース、バイデン前副大統領がリード キニピアック大調査”. CNN (2019年8月30日). 2019年8月30日閲覧。
  57. ^ “対中、移民、銃…安定のバイデン氏が「勝者」 米民主党討論会 ” (日本語). 産経新聞. (2019年9月13日). https://www.sankei.com/world/news/190913/wor1909130025-n1.html 2021年1月3日閲覧。 
  58. ^ “カマラ・ハリス上院議員もバイデン氏を支持-昨年12月撤退の元候補” (日本語). ブルームバーグ. (2020年3月9日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-08/Q6VMWKT0AFB801 2021年1月3日閲覧。 
  59. ^ バイデン氏の副大統領候補選び、4人が有力候補に浮上 人種巡る議論影響”. CNN (2020年6月27日). 2020年6月29日閲覧。
  60. ^ Kamala Harris Is Biden’s Choice for Vice President”. New York Times (2020年8月11日). 2020年8月12日閲覧。
  61. ^ 次期副大統領ハリス氏 「多様性」体現の苦闘」『日本経済新聞』、2020年11月16日。2020年12月2日閲覧。
  62. ^ 次バイデン氏、副大統領候補に「4人の黒人女性」がいると明言」『CNN』、2020年11月16日。2020年12月2日閲覧。
  63. ^ 米民主党全国大会3日目、ハリス氏を副大統領候補に指名」『ロイター』、2020年8月20日。2020年12月2日閲覧。
  64. ^ “「副大統領、私が話しているんです」 繰り返される割り込み……ジェンダーが関係?”. BBC. (2020年10月9日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-54473972 2020年12月12日閲覧。 
  65. ^ トランプは本当に逆転できるのか?”. WEDGE Infinity(ウェッジ) (2020年10月16日). 2020年12月31日閲覧。
  66. ^
  67. ^ “「女性副大統領、初めてだが最後でない」 ハリス氏演説要旨”. 日本経済新聞. (2020年11月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65975430Y0A101C2I00000 2020年12月12日閲覧。 
  68. ^ a b “「ガラスの天井壊した」 ハリス氏に祝福の声「黒人・女性」で初の副大統領に”. 日本経済新聞. (2020年11月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65972270Y0A101C2I00000 2021年1月4日閲覧。 
  69. ^ “米タイム誌「今年の人」にバイデン、ハリス両氏 エンタメ部門はBTS”. 産経新聞. (2020年12月11日). https://www.sankei.com/world/news/201211/wor2012110023-n1.html 2020年12月12日閲覧。 
  70. ^ “米大統領選でバイデン氏の勝利確定 選挙人投票で306人獲得 トランプ氏は「諦めない」”. 東京新聞. (2020年12月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/74409 2020年12月15日閲覧。 
  71. ^ Harris, Kamala (2021年1月18日). “Thank you, California.”. Medium.com. https://medium.com/@SenKamalaHarris/thank-you-california-d89ff421a0a4 2020年12月22日閲覧。 
  72. ^ Ronayne, Kathleen (2020年12月22日). “Newsom taps California election chief Padilla for US Senate”. Associated Press. https://apnews.com/article/senate-elections-elections-california-alex-padilla-gavin-newsom-862028e7aef12cb995db549b7707cf7b 2020年12月22日閲覧。 
  73. ^ “ハリス米副大統領を移民対策トップに任命 バイデン大統領”. BBC (日本語). (2021年3月25日) 2021年3月27日閲覧。
  74. ^ Farris, Mike (2019年1月8日). “The Truths We Hold: An American Journey (仮題:『私たちが信じたいこと:アメリカの旅路』)” (英語). nyjournalofbooks.com. 2020年11月8日閲覧。アメリカの書評サイトより。
  75. ^ Kamala Harris(カマラ・ハリス)” (英語). ThriftBooks. 2020年11月8日閲覧。 アメリカの古本サイトより。

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

公職
先代:
マイク・ペンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国副大統領
2021年1月20日 -
次代:
現職
アメリカ合衆国上院
先代:
バーバラ・ボクサー英語版
カリフォルニア州選出上院議員(第3部)
2017年1月3日 - 2021年1月18日
同職:ダイアン・ファインスタイン
次代:
アレックス・パディラ英語版
司法職
先代:
テレンス・ハリナン英語版
Flag of San Francisco.svg サンフランシスコ地方検事英語版
第27代:2004年1月8日 - 2011年1月3日
次代:
ジョージ・ガスコン英語版
先代:
ジェリー・ブラウン
Flag of California.svg カリフォルニア州司法長官英語版
第32代:2011年1月3日 - 2017年1月3日
次代:
キャサリーン・ケネリー英語版
党職
先代:
バーバラ・ボクサー英語版
2010年英語版
カリフォルニア州選出上院議員(第3部)
民主党候補

2016年英語版
次代:
-
2022年英語版
先代:
ティム・ケイン
2016年
民主党副大統領候補
2020年
次代:
-
2024年
アメリカ合衆国の儀礼席次英語版
先代:
アメリカ合衆国を訪問する各国の国家元首
副大統領 次代:
式典開催地の州知事英語版
先代:
上記の人物でない場合は
ジョー・バイデン
大統領
ジル・バイデン
ファーストレディ
次代:
上記の人物でない場合は
ナンシー・ペロシ
下院議長
大統領継承順位
上位:
当該人物が1位
第 1 位
副大統領
下位:
ナンシー・ペロシ
下院議長