ケープカナベラル空軍基地第40発射施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケープカナベラル空軍基地第40発射施設
2010年2月の発射場。ファルコン9が据え付けられている
2010年2月の発射場。ファルコン9が据え付けられている
基地名 ケープカナベラル空軍基地
位置 28° 33' 44"N
80° 34' 38" W
略称 SLC-40
運営者 アメリカ空軍
総打ち上げ回数 59
発射台数 1
最小/最大
軌道傾斜角
28° - 57°
状態 運用中
初打ち上げ タイタンIIIC(1965年6月18日)
最終打ち上げ ファルコン92016年9月1日)
関連ロケット タイタンIII
タイタン 34D
タイタンIV
ファルコン9

ケープカナベラル空軍基地第40発射施設 (Cape Canaveral Air Force Station Space Launch Complex 40[1][2], SLC-40) は、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地北端にある発射台である。1965年から2005年まで、アメリカ空軍タイタンIIIタイタンIVの打上げに用いた。

2007年4月25日、アメリカ空軍はファルコン9を打ち上げるスペースXにSLC-40を貸与した[3]

タイタン[編集]

1997年、カッシーニを打ち上げるタイタンIV
タイタンロケットのモバイルサービスタワーとSLC-40

SLC-40からの初めての打上げは、1965年6月18日のタイタンIIICの処女飛行で初めて利用された。2つのトランステージを運び、機能性を試験した。

2機の惑星探査機がこの発射台から打ち上げられた。

SLC-40からの最後のタイタンの打上げは、2005年4月30日のタイタンIV-Bによる偵察衛星ラクロス5号の打上げである。

2007年末から2008年初頭には塔が解体され、2008年4月27日にコントロールド・デモリッションによって爆破された[4]

ファルコン[編集]

2008年4月、スペースXファルコン9の打上げ支援に必要な地上施設の建設が始まった。新しい液体酸素ケロシンのタンクの設置やロケットやペイロードの格納庫の建設等の改修が行われた。

最初のファルコン9は、2008年末にSLC-40に到着し、2009年1月10日に初めて発射台に立てられた[5]。2010年6月4日の処女飛行では、Dragon Spacecraft Qualification Unitを軌道に運んだ。

SLC-40は、2011年の退役までスペースシャトルが担っていた国際宇宙ステーションへの物資の輸送を行う、スペースXのドラゴンの発射施設となっている[6]。スペースXは、2010年12月8日にドラゴンの初の試験飛行を成功させ、2012年5月22日には、国際宇宙ステーションとのドッキングに初めて成功した。

2016年9月1日のファルコン9 29号機の打上げ前試験(スタティックファイアテスト)において、発射台に据え付けられていたロケットが2段目から爆発炎上。人的被害はなかったものの、ロケットと衛星が失われるとともに、施設もダメージを受けた。[7]

出典[編集]

  1. ^ McDowell, Jonathan (1998年2月22日). “Issue 350”. Jonathan's Space Report. Jonathan's Space Page. 2009年7月9日閲覧。
  2. ^ Table 3
  3. ^ Kelly, John (2007年4月25日). “SpaceX cleared for Cape launches”. Florida Today. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月5日閲覧。
  4. ^ Hidalgo Whitesides, Loretta (2008年5月1日). “Launch Pad Demolition Clears Way for SpaceX Rockets”. Wired. 2010年6月5日閲覧。
  5. ^ Shanklin, Emily (2009年1月12日). “SpaceX's Falcon 9 on Launch Pad at Cape Canaveral”. SpaceX.com. 2010年6月5日閲覧。
  6. ^ NASA Selects SpaceX's Falcon 9 Booster and Dragon Spacecraft for Cargo Resupply Services to the International Space Station”. SpaceX.com (2008年12月23日). 2009年1月26日閲覧。
  7. ^ スペースXロケットがまさかの大爆発。打ち上げテスト最中に衛星「Amos 6」失う”. Sorae.jp (2016年9月2日). 2016年9月25日閲覧。

関連項目[編集]