エミリオ・セグレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリオ・セグレ(1959年)
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1959年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:反陽子の発見

エミリオ・ジノ・セグレEmilio Gino Segrè1905年2月1日 - 1989年4月22日)は、イタリア生まれのアメリカ物理学者1959年に「反陽子の発見」に対してノーベル物理学賞を受賞した。写真家としても活動し、現代科学の歴史を記録した多くの写真を残した。

生涯[編集]

イタリアのティヴォリに生まれた。ローマ大学で工学を学んだが、1927年に物理学に転じ、フェルミのもとで学んだ。

ドイツオランダシュテルンゼーマンと働いた後、1932年にローマ大学の助教授になった。1934-35年フェルミと協力して中性子反応の先駆的研究を行なった[1]。1936年から1938年までパレルモ大学の物理学研究所の所長を務めた。ローレンス・バークレー国立研究所を訪れた後、1937年、ペリエ(C.Perrier)とともに、モリブデンにサイクロトロンで加速した重陽子を照射し、最初の人工元素としてテクネチウムをつくりだした。テクネチウムには安定な核種は存在せず、放射性元素である[2]

1938年、セグレがカリフォルニアにいる時、ムッソリーニ政権はユダヤ人を大学から追放する法律を成立させた。ユダヤ人のセグレはアメリカに残った。カリフォルニア大学に講師の職を得た。カリフォルニア大学でのアスタチンプルトニウム239の発見に貢献した。

1943年から1946年までロスアラモス国立研究所マンハッタン計画のグループ・リーダーとして働いた。1944年にアメリカに市民権を得、コロンビア大学、イリノイ大学等で教鞭を執った。1946年にカルフォルニア大学バークレー校に戻り物理学教授及び科学史教授として1972年まで勤めた。この間、1955年にチェンバレンらと共に反陽子を発見し、1959年ノーベル物理学賞を受けた[3]。1974年にローマ大学に戻ると原子核物理学の教授になった。

1989年カリフォルニアラファイエットで心臓発作により死去。

主な著作[編集]

  • エミリオ・セグレ; 久保亮五・矢崎裕二訳 『X線からクォークまで――二十世紀の物理学者たち』 みすず書房、1982年ISBN 978-4622024668 
  • エミリオ・セグレ; 久保亮五・矢崎裕二訳 『古典物理学を創った人々――ガリレオからマクスウェルまで』 みすず書房、1992年ISBN 978-4622040880 
  • エミリオ・セグレ; 久保亮五・久保千鶴子訳 『エンリコ・フェルミ伝――原子の火を点じた人』 みすず書房、1976年 
  • Segre, E. (1993). A Mind Always in Motion: The Autobiography of Emilio Segre. University of California Press. ISBN 978-0520076273. OCLC 25629433.  Free Online – UC Press E-Books Collection

引用文献[編集]

  1. ^ セグレ 岩波理化学辞典 第4版 岩波書店 1987年 
  2. ^ テクネチウム 岩波理化学辞典 第4版 岩波書店 1987年 
  3. ^ セグレ 岩波理化学辞典 第4版 岩波書店 1987年