マックス・ボルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックス・ボルン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1954年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:量子力学、特に波動関数の確率解釈の提唱

マックス・ボルンMax Born1882年12月11日 - 1970年1月5日)は、ドイツ生まれのイギリス理論物理学者量子力学の初期における立役者の一人である。1954年ノーベル物理学賞を受賞。

生涯[編集]

ドイツ東部シュレージエン地方のブレスラウ(現・ポーランド領ヴロツワフ)に生まれる。チューリヒ大学ゲッティンゲン大学などで学んだ。1919年からベルリン大学助教授となり、フランクフルト大学を経て、1921年ゲッティンゲン大学の教授となる。1926年量子力学の確率解釈(統計的解釈)を発表。ロバート・オッペンハイマーと共に、「ボルン-オッペンハイマー近似」(ボルン近似とも)と呼ばれる近似法を編み出す。

1933年にはドイツでナチス・ドイツが興隆しユダヤ人排斥運動を行ったため、ボルンは教授職を解雇された。その後、家族を連れて渡英しケンブリッジ大学講師・エディンバラ大学教授に就任する。第二次世界大戦後の1953年にドイツへ帰国。1954年、量子力学、特に波動関数の確率解釈の提唱によりノーベル物理学賞を受賞した。

逸話[編集]

アルベルト・アインシュタインとの親交も厚く、ラッセル=アインシュタイン宣言にも名を連ねている。門下には、ヴェルナー・ハイゼンベルクジョン・フォン・ノイマンヴォルフガング・パウリら錚々たる物理学者が名を連ねている。

孫の一人に歌手オリヴィア・ニュートン・ジョンがいる。

関連項目[編集]