ゲッティンゲンの18人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲッティンゲンの18人(Göttinger Achtzehn)とは、1957年西ドイツゲッティンゲンで「ゲッティンゲン宣言」を発表した18人の原子力研究者。西ドイツの核武装に反対するとともに、一切の核開発に関する研究に関与しない姿勢を示した。

背景と内容[編集]

冷戦下での核開発が進められるなか、アメリカ合衆国は原爆より破壊力のある水爆の実験に成功した。1954年には日本の漁船乗組員が被爆する第五福竜丸事件が起こり、翌1955年には原水爆禁止世界大会の開催、科学者によるラッセル・アインシュタイン宣言など、世界規模での反核運動が高まっていた。また、この年は西ドイツが国家主権を回復し、北大西洋条約機構(NATO)に加盟した年でもあった。こうしたなか、1957年4月12日に、18人のに関する研究を行う科学者たちが、西ドイツのゲッティンゲンにおいて、西独首相のコンラート・アデナウアーと当時の国衛大臣フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスに対して、核武装に反対することと、核保有にむけた一切の研究に関わらない声明を発表した。これはゲッティンゲン宣言(Göttinger Manifest, Göttinger Erklärung)と称される。

「ゲッティンゲンの18人」という表現は、19世紀前半にゲッティンゲン大学の7人の教授が、ゲッティンゲンを当時治めていたハノーファー王の憲法破棄に対して、抗議を行った事件(ゲッティンゲン七教授事件)の「ゲッティンゲンの7人」になぞらえたものでもある。

声明に署名した18人[編集]

関連項目[編集]