マックス・プランク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マックス・プランク
1933年のプランク
人物情報
生誕 1858年4月23日
ホルシュタイン公国 キール
死没 1947年10月4日(1947-10-04)(89歳)
ドイツの旗 ドイツ ニーダーザクセン州 ゲッティンゲン
国籍 ドイツ人
出身校 ミュンヘン大学
学問
研究分野 物理学
研究機関 キール大学
ベルリン大学
ゲッティンゲン大学
カイザー・ヴィルヘルム研究所
博士課程
指導教員
Alexander von Brill
博士課程
指導学生
グスタフ・ヘルツ
Erich Kretschmann
ヴァルター・ショットキー
ヴァルター・マイスナー
マックス・フォン・ラウエ
Max Abraham
モーリッツ・シュリック
ヴァルター・ボーテ
Julius Edgar Lilienfeld
主な業績 プランク定数
プランクの法則
主な受賞歴 プール・ル・メリット勲章 (1915)
ノーベル物理学賞 (1918)[1]
フランクリン・メダル (1927)
マックス・プランク・メダル (1929)[2]
コプリ・メダル (1929)
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
マックス・プランク
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1918年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:エネルギー量子の発見による物理学の進展への貢献

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)はドイツ物理学者量子論の創始者の一人である。「量子論の父」とも呼ばれている。科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。1918年ノーベル物理学賞を受賞。

生涯[編集]

マックス・プランクは、1858年4月23日、当時ホルシュタイン公国に属していた港町キールに生まれた。少年時代、母親の影響から音楽、特にピアノ演奏に関しては特異な才能を示したが、その他にも数学歴史、古典語学などに興味があり、進路を決めかねて音楽家に助言を求めたところ「助言が必要なくらいなら音楽はやめた方がいい」と言われ、音楽家の道をあきらめたとされる[3]1874年に17歳でミュンヘン大学に進学した。専攻分野は数学であったが、次第に熱力学に傾倒していった。しかし当時の指導教官は、熱力学は既に確立した「終わった分野」であるとみなしており、プランクが熱力学分野に進むことに反対をした。このため、ベルリン大学に転学し、この分野の大家であるヘルマン・フォン・ヘルムホルツグスタフ・キルヒホフに師事し、1879年学位を取得した。その後、ミュンヘン大学講師(1880年)、キール大学教授(1885年)を歴任し、1889年にベルリン大学に移って1892年に同大学教授に就任、のち1913年に総長となる。1909年にはアメリカに行き、コロンビア大学講師 (Ernest Kempton Adams Lecturer in Theoretical Physics) を務めている。プランクは教員生活が長かったものの、直弟子は非常に少なく、プランク学派というものは形成されなかった。ただし、少ない直弟子の中からはマックス・アブラハムモーリッツ・シュリックヴァルター・マイスナーマックス・フォン・ラウエヴァルター・ショットキーヴァルター・ボーテといった優れた学者を輩出した。

大学以外においても、次第に数々の要職を務めるようになった。1894年プロイセン科学アカデミー会員となり、1912年には同書記となっている。またドイツ物理学会においても1905年から1906年にかけて会長を務め、そののちも1906年から1907年、1908年から1909年、1915年から1916年の計4回会長を務めた。

第一次世界大戦中の1914年10月、プランクは進化学者のエルンスト・ヘッケル、化学者のフリッツ・ハーバーヴィルヘルム・レントゲン、数学者のフェリックス・クラインらと共に、ドイツの戦争を支援する「世界文明への宣言」に署名した。この宣言によって、ハーバーらによる毒ガス開発といった、研究者による大量破壊兵器の開発や、戦後の1918年から1923年まで続いた連合国側研究者による研究者コミュニティからのドイツ人排除といった、国家間の対立の構図が研究者社会にまで及ぶことになった。なお、この第一次世界大戦では、長男のカールを失っている。

1918年には、量子論によってノーベル物理学賞を受賞した。このころにはすでにプランクは数々の要職を歴任し、ドイツ学界の重鎮となっていた。1930年には、カイザー・ヴィルヘルム研究所の所長に就任した。

アドルフ・ヒトラーが政権をとった1933年以降、ユダヤ人に対する迫害が始まり、ハーバー、エルヴィン・シュレーディンガーアルベルト・アインシュタインらが迫害、追放の憂き目をみた。これに対し、プランクは1933年5月にヒトラーに直接抗議を行ったが、事態を改善することはできなかった[4]

プランクはナチス政権下においても亡命はせず、ヴェルナー・ハイゼンベルクらと共にドイツに留まる道を選んだ。第二次世界大戦中のプランクは不遇であった。1943年にはベルリン空襲によって家を失い、妻と共にエルベ川畔のローゲッツに疎開した。また、1944年のヒトラー暗殺計画に加担した次男のエルヴィン (Erwin Planck) が翌年に処刑され、自身も「国賊の父」とされた。

第二次世界大戦後、プランクはカイザー・ヴィルヘルム研究所の名誉総裁に就任し、敗戦によって大打撃を受けた同協会の復興に尽力する。この時、彼を記念して1946年9月11日にカイザー・ヴィルヘルム研究所はマックス・プランク研究所と改名された。マックス・プランク研究所は21世紀に入っても物理学研究の一大中心地として、様々な画期的研究成果を挙げている。

1947年10月4日、ゲッティンゲンにて死去した。

業績[編集]

黒体から放射されるエネルギー(黒体放射)に関して、熱力学の理論シュテファン=ボルツマンの法則(またはヴィーンの変位則)から導かれる予測と実験的に求められた結果(レイリー・ジーンズの法則)との間に矛盾があることが知られていた。プランクは光のエネルギーが、ある最小単位の整数倍の値しか取ることが出来ないと仮定するとこの矛盾が解消されることを発見し、放射に関するプランクの法則1900年)を導出した。またこの過程で得られた光の最小単位に関する定数(1899年)はプランク定数と名づけられ、物理学における基礎定数の一つとなった。

プランクが導いた結果は、後にアインシュタイン、ニールス・ボーアなどによって確立された量子力学の基礎となるものであった。この業績からプランクは“量子論の父”として知られており、ノーベル物理学賞(1918年)の受賞対象となった。

人物[編集]

プランクは音楽に堪能であり、音楽家の道をあきらめたのちも休日にはオルガンピアノを弾きこなし、オペレッタを書き、友人や近所の子供たちの合唱を指揮するなど、音楽を一生の趣味としていた。音楽では特にロマン派の音楽を好んだ。音楽と並ぶもう一つの趣味は登山であり、72歳の時にユングフラウを制覇するなど各地の山に積極的に登りつづけた[5]

結婚は2度している。最初の結婚は1887年に、級友の妹だったマリー・メルクと結婚し、長男カール、双子の長女と次女であるエンマとグレーテ、そして次男エルヴィンの2男2女をもうけた。1909年にマリーは結核で死去し、1910年にはマルガ・フォン・ヘスリンと再婚した。しかし第一次世界大戦によってカールは戦死し、エルヴィンはフランスで捕虜となり、グレーテも大戦末期に娘のグレーテ(同名)を出産したのちに亡くなり、グレーテの夫と再婚したエンマも娘のエンマ(同名)の出産後に亡くなった。

宗教観[編集]

1932年の著書『科学はどこへ行くのか』の中で、宗教と科学には真の対立はありえず、人間がその力を完全なバランスと調和を伴って発揮しようとすれば、自らの宗教的な部分を認識して伸ばさねばならず、このことは真面目で思慮深い人なら経験のあることだろうと述べている[6]アインシュタインの「知識は推論からではなく、外界が存在し直接的な認識から得られる」という言葉をひきあいにして、理性だけではない直接的な認識の重要性を説明し、本質的には信仰に類似しているとし、科学には未知なるものへの探究心があり、真実への愛と、畏敬の念を深めるものであるが、形而上学的な欲求をかきたてることにおいて科学は宗教の代わりとはなりえないと語った[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Nobel Prize in Physics 1918 ノーベル賞公式サイト、2012年8月25日閲覧
  2. ^ Preisträger Max Planck nach Jahren ドイツ物理学会、2012年8月25日閲覧
  3. ^ 「プランク 人と思想100」p124 高田誠二 2015年9月10日新装版第1刷 清水書院
  4. ^ 「プランク 人と思想100」p147-148 高田誠二 2015年9月10日新装版第1刷 清水書院
  5. ^ 「プランク 人と思想100」p128-132 高田誠二 2015年9月10日新装版第1刷 清水書院
  6. ^ a b ケン・ウィルバー 『量子の公案 現代物理学のリーダーたちの神秘観』 田中三彦、吉福伸逸訳、工作舎、1987年、258-269頁。ISBN 4-87502-137-2