西尾成子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西尾 成子(にしお しげこ、1935年12月6日[1] - )は、科学史家、日本大学名誉教授。専門は物理学史。 東京生まれ。お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。1974年「1916年のSommerfeldの量子論の形成」で名古屋大学理学博士日本科学技術情報センター所員、日本大学理工学部教授、2006年定年、名誉教授。2012年『科学ジャーナリズムの先駆者 評伝石原純』で第15回桑原武夫学芸賞受賞。

著書[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

  • 熱輻射論 プランク 東海大学出版会、1975.物理科学の古典
  • 歴史をつくった科学者たち 1-2 Spencer R.Weart, Melba Phillips 編 今野宏之共訳 丸善 1989.6
  • ニールス・ボーアの時代 物理学・哲学・国家 1-2 アブラハム・パイス 今野宏之、山口雄仁共訳 みすず書房 2007-12

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年