エルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルグ
erg
記号 erg
CGS単位系
種類 組立単位
仕事エネルギー熱量
SI 10-7 J
組立 dyn·cm = g·cm2/s2
定義 1 dynの力がその力の方向に物体を1 cm動かすときの仕事
語源 ギリシャ語 εργον(ergon)(仕事)
テンプレートを表示

エルグ(erg)は、CGS単位系における仕事エネルギー熱量の単位である。その名前は、ギリシャ語で「仕事」を意味する単語εργον(ergon)に由来する。

1エルグは、1ダイン(dyn)の力がその力の方向に物体を1センチメートル(cm)動かすときの仕事と定義されている(g·cm2/s2)。この定義において、ダインをニュートン(N, 1N = 105dyn)に、センチメートルをメートル(m, 1m = 102cm)に置き換えると、SIにおける仕事・エネルギーの単位であるジュール(J)になる。よって、1 J = 107 erg, 1 erg = 10−7 J となる。

エルグは非SI単位であり、同じ物理量のジュールの使用が推奨されている。

歴史[編集]

1864年、ルドルフ・クラウジウスによって、ギリシャ語のἐργονergon、エルゴン)をエネルギー、仕事、熱量の単位とすることが提案された[1][2]。1873年、ジェームズ・クラーク・マクスウェルウィリアム・トムソンらからなるイギリス科学振興協会英語版が、センチメートルグラムを基本単位とするCGS単位系を提唱した。組立単位については「〇〇のCGS単位」(C.G.S. unit of ...)という名称を使用することを推奨し、エネルギーのCGS単位についてエルグ(erg)またはエルゴン(ergon)という固有の名称を使えることとした [3]

1922年、化学者ウィリアム・ドレイパー・ハーキンズ英語版は、表面化学における分子の表面エネルギーを測定するのに便利な単位[4]としてマイクリ英語版エルグ(micri-erg)を提案した[5][6]。この単位は10−14エルグ[4][7][8][9][10]、10−21ジュールに相当する。

国際単位系においては、MKS単位系における同じ物理量の単位であるジュールが採用され[11]、エルグは非SI単位となった。ヨーロッパでは、1978年1月1日に欧州経済共同体がSIを導入する指令を発行し、エルグは有効な単位ではなくなった[12]。日本においては、SIへの移行を目的として1993年11月1日に施行された新計量法において仕事・エネルギーの単位にはジュールを使用することが定められており、1995年10月1日以降は商取引などでのエルグの使用が禁止されている。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32CD - ㋍
㋍
エルグ

脚注[編集]

  1. ^ Clausius, Rudolf (1867). “Appendices to Sixth Memoir [1864. Appendix A. On Terminology.”]. In Hirst, T. Archer. The Mechanical Theory of Heat, With Its Applications to the Steam-engine and to the Physical Properties of Bodies.. London: J. Van Voorst. p. 253. https://archive.org/details/mechanicaltheor04claugoog 2014年3月17日閲覧. "editions:PwR_Sbkwa8IC." 
  2. ^ Howard, Irmgard K. (2001). “S is for Entropy. U is for Energy. What Was Clausius Thinking?”. Journal of Chemical Education 78 (4): 505. Bibcode2001JChEd..78..505H. doi:10.1021/ed078p505. http://www.giovannibachelet.it/FG1-13-14/settimana_12/Howard_2001.pdf 2014年3月17日閲覧。. 
  3. ^ Thomson, Sir W; Foster, Professor GC; Maxwell, Professor JC; Stoney, Mr GJ; Jenkin, Professor Fleeming; Siemens, Dr; Bramwell, Mr FJ (September 1873). “First Report of the Committee for the Selection and Nomenclature of Dynamical and Electrical Units”. In Everett, Professor. Forty-third Meeting of the British Association for the Advancement of Science. Bradford: John Murray. p. 224. https://www.biodiversitylibrary.org/item/94452#page/324/mode/1up 2014年3月17日閲覧。 
  4. ^ a b Jerrard, H. G.; McNeill, D. B. (1993). A Dictionary of Scientific Units - Including dimensionless numbers and scales (6 ed.). London: Chapman and Hall. p. 100. ISBN 0412467208. OCLC 803100353. OL OL1351307M 
  5. ^ Cardarelli, François (1999). Scientific unit conversion: A practical guide to metrication (2 ed.). Springer-Verlag London Limited. doi:10.1007/978-1-4471-0805-4. ISBN 978-1-85233-043-9. 1447108051, 9781447108054. https://books.google.com/books?id=-ZveBwAAQBAJ 2015年8月25日閲覧。 
  6. ^ Cardarelli, François (2003). Encyclopaedia of Scientific Units, Weights and Measures. Springer-Verlag London Ltd.. ISBN 978-1-4471-1122-1. https://archive.org/details/encyclopaediaofs0000card 
  7. ^ Roberts, Lathrop Emerson; Harkins, William Draper; Clark, George Lindenberg (2013-07-01). The Orientation of Molecules in Surfaces, Surface Energy, Adsorption, and Surface Catalysis. V. The Adhesional Work Between Organic Liquids and Water: Vaporization in Steps as Related to Surface Formation. University of Chicago. https://books.google.com/books?id=j2Y6AQAAMAAJ 2015年8月25日閲覧。 
  8. ^ Holmes, Harry N. (1925). Colloid Symposium Monograph - Papers Presented at the Second National Symposium on Colloid Chemistry, Northwestern University, June, 1924. 2. The Chemical Catalog Company, Inc.. https://books.google.com/books?id=g7u3AAAAIAAJ 2015年2月15日閲覧。 
  9. ^ “Journal of the American Chemical Society - Issues for 1898-1901 include Review of American chemical research, v. 4-7; 1879-1937, the society's Proceedings”. Journal of the American Chemical Society (American Chemical Society) 44: 665. (1922). ISSN 0002-7863. https://books.google.com/books?id=nFE9AQAAMAAJ&pg=PA665 2015年2月15日閲覧。. 
  10. ^ Partington, James Riddick (2010-02-17). An Advanced Treatise on Physical Chemistry: Fundamental principles. The properties of gases. 1. Longmans, Green. https://books.google.com/books?id=aPzvAAAAMAAJ 2015年8月25日閲覧。 
  11. ^ Jennings, W. A. (October 1972). “SI units in radiation measurement” (英語). The British Journal of Radiology 45 (538): 784–785. doi:10.1259/0007-1285-45-538-784. ISSN 0007-1285. PMID 5078949. https://www.birpublications.org/doi/abs/10.1259/0007-1285-45-538-784?journalCode=bjr. 
  12. ^ Neufert, Ernst; Neufert, Peter; Kister, Johannes (2012-03-26) (英語). Architects' Data. John Wiley & Sons. ISBN 9781405192538. https://books.google.com/books?id=6N68sMtqXSUC&q=1+January+1978%2C+erg&pg=PA3 

関連項目[編集]

エネルギーの単位
ジュール
(J = kg·m2/s2)
キロワット時
(kW·h)
電子ボルト
(eV)
重量キログラムメートル
(kgf·m)
国際蒸気表カロリー
(calIT)
1 J = 1 2.778×10−7 6.242×1018 1.020×10−1 2.388×10−1
1 kW·h = 3.6×106 = 1 2.247×1025 3.671×105 8.598×105
1 eV = 1.602176634×10−19 4.450×10−26 = 1 1.634×10−20 3.827×10−20
1 kgf·m = 9.80665 2.724×10−6 6.121×1019 = 1 ≈ 2.342
1 calIT = 4.1868 1.163×10−6 2.613×1019 4.269×10−1 = 1