ケルンテン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケルンテン州
Kärnten
ケルンテン州の旗 ケルンテン州の紋章
(州旗) (州の紋章)
オーストリア国内におけるケルンテン州の位置
州都 クラーゲンフルト
州首相 ペーター・カイザーSPÖ
面積
 - うち陸面積
 - 水面積
9,535.97 km² (第5位)
9,364 km² (98.2 %)
172 km² (1,8 %)
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2013年1月1日)
555,473 人 (第6位)
58 人/km²
与党 SPÖ、FPÖÖVP緑の党TS
前回選挙 2013年3月3日
次回選挙 2018年
連邦議会議席数 4
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
132
17
40
測地系 北緯46度22分-47度8分
東経12度39分-15度4分
最高点 グロースグロックナー山 (3,797 m
最低点 ラヴァミュント (348 m)
ISO 3166-2:AT AT-2
ウェブサイト [1]

ケルンテン州: Kärnten)は、オーストリア共和国を構成する9つの連邦州のひとつ。州都はクラーゲンフルト・アム・ヴェルターゼー

名称[編集]

ドイツ語Kärntenケルト語に由来すると考えられており、二つの説がある。一つは「友人」や「親類」を意味する carant で、これは青銅器時代イリュリア人を指しているとする。もう一つは「石」や「岩」を意味する karanto で、こちらが正しければカルンブルクKarnburg; 現在のマリーア・ザールの集落)やカラヴァンケン山脈Karawanken)と同根ということになる。

スロベニア語では Koroška (コロシュカ)と呼ばれる。古スロベニア語では Korotan と呼ばれていた。これはカランタニアと関連があると考えられている。

日本語での表記は、「ケルンテン」。まれに英語Carinthia から「カリンシア」や「カリンティア」と表記されることもある。

地勢[編集]

ケルンテン州最大の湖、ヴェルター湖からマリーア・ヴェルトの町並みを望む

オーストリアの州の中で最も南に位置しており、南でイタリアおよびスロベニア国境を接する。また国内では西でチロル州、北でザルツブルク州、北東でシュタイアーマルク州と接している。チロル州との州境にそびえるグロースグロックナー山はオーストリア最高峰の山で、標高は3797メートルである。州面積の半分以上が1000メートル以上に位置しており、これらの地域にはほとんど人は住んでいない。

州内をドラオ川が流れるほか、多くの湖があり、その風光明媚な景観は多くの観光客を集めている。代表的な都市としては、州都であるクラーゲンフルトフィラッハなどが挙げられる。面積は9,536平方キロメートル人口密度は59人/平方キロメートル。

歴史[編集]

考古学的調査によれば、この地に人類が住み始めたのは旧石器時代にまでさかのぼる。古代にはノリクムと呼ばれる地域の一部で、ケルト人によるノリクム王国が建てられていた。「ケルンテン」という地名は上記の通りケルト語に由来すると考えられている。ノリクム王国は紀元前16年ローマ帝国によって併合された。以後はノリクム属州となりラテン化が進んだ。

西ローマ帝国が衰退するとこの地はゲルマン人スラヴ人などが進出し、7世紀にスラヴ人によるカランタニア公国が成立した。カランタニア公国は745年に独立を失い、フランク王国の支配に――直接的にはバイエルン大公の支配に――服するようになった。10世紀ケルンテン公国バイエルン公国から分離され、神聖ローマ帝国の領邦の一つとなった。

1335年にケルンテン公ハインリヒ6世が嗣子なくして死去すると、神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世は後継者にオーストリア公アルブレヒト2世を指名し、以後ケルンテン公国はハプスブルク家領となった。1806年に神聖ローマ帝国が消滅したのちはオーストリア帝国の、次いでオーストリア=ハンガリー帝国の統治下に置かれた。

第一次世界大戦で敗戦国となったオーストリア=ハンガリー帝国は民族自決に基づいて解体されることになり、ケルンテンでも1920年10月10日に帰属を問う住民投票が行なわれた。この結果ケルンテンは北部は第一共和政のオーストリアのケルンテン州に、南部のいくつかの自治体はセルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国(のちのユーゴスラビア王国)のコロシュカ地方(現在はスロベニア領)となった。

1938年ナチス・ドイツはオーストリアと合邦した(アンシュルス)。ナチス支配の下では標識からスロベニア語が消え、さらにスロベニア系住民の強制移住も計画された。

ドイツが第二次世界大戦に敗れるとケルンテン帝国大管区イギリスの占領下に置かれたが、1955年にオーストリアは連合国との間にオーストリア国家条約を調印して独立を回復した。

産業[編集]

農業林業が中心。豊富な水量を背景に水力発電が行われており、クラーゲンフルトなどの都市部では製紙産業のほか、金属、化学工業などもみられる。

住民[編集]

ケルンテン州の2013年1月1日現在の人口は、推計55万5473人である。このうち、フィラッハクラーゲンフルトがある州中央部のクラーゲンフルト盆地に住む人の割合が最も高い。

周囲を山岳地帯に囲まれ、地域としての一体性が強かったこともあり、オーストリアではどの州でもみられることであるが、ケルンテンとしての地域意識がとりわけ強い。

住民のうち9割以上がドイツ語を話すが、南部にはスロベニア語を母語とする人々もいる。彼らは少数民族とみなされているが、その権利については議論もある。

ケルンテンにおける宗教ごとの信徒の割合は表の通り。カトリック教会が最も多く、人口の77.2%を占める。第2位の福音主義(大半はオーストリア福音主義教会アウクスブルク信仰告白派に属している)はおよそ1割であるが、これはオーストリアではブルゲンラント州に次ぐ高率である。

ケルンテン州の守護聖人は聖ヨセフと聖ヘンマの2人である。

2001年の国勢調査による、各自治体のスロベニア語話者の割合:
██ 5-10%
██ 10-20%
██ 20-30%
██ 30%以上
人口動静
調査年月日 人口
1900年12月31日 367,324
1923年3月7日 370,432
1939年5月17日 460,946
1951年6月1日 474,764
1961年3月21日 495,226
1971年5月12日 525,728
1981年5月12日 536,179
1991年5月15日 552,421
2001年5月15日 559,404
宗教分布
宗教 ケルンテン オーストリア
カトリック 77.2 % 73.7 %
福音主義 10.3 % 4.7 %
イスラム教 2.0 % 4.2 %
正教会 0.8 % 2.2 %
無回答 7.9 % 12.0 %


政治[編集]

ケルンテン州議会議事堂(クラーゲンフルト
ケルンテン州庁舎(クラーゲンフルト

ケルンテン州の州議会(Landtag)は一院制で、定数は36議席、任期は5年である。18歳以上でケルンテン州在住のオーストリア市民が投票権を持つ。直近の選挙は2013年に行われ、オーストリア社会民主党(SPÖ)が37.13%の得票で14議席、オーストリア自由党(FPÖ)系のケルンテン自由党(FPK)が16.85%の得票で6議席、オーストリア国民党(ÖVP)が14.40%、緑の党が12.10%の得票でそれぞれ5議席、チーム・シュトロナッハ(TS)が11.18%の得票で4議席、オーストリア未来同盟(BZÖ)が6.40%の得票で2議席を獲得している[1]。ケルンテン州は保守のÖVPが極めて弱い一方、極右のFPÖが強い、特異な州である。

州首相Landeshauptmann)は州議会によって選出され、州政府の閣僚は議席数に応じて各会派に配分される。現在の首相は、2013年の議会選挙後に就任したペーター・カイザー(SPÖ所属)である。

州首相一覧[編集]

第一共和政の初代州首相を務めたアルトゥール・レミッシュ銘板ザンクト・ファイト
ペーター・カイザー首相(2011年)

第一共和政での州首相と在任期間は次の通り。

ナチス・ドイツが設置したケルンテン帝国大管区帝国大管区指導者とその在任期間は次の通り。

第二共和制での州首相と在任期間は次の通り。

地方行政[編集]

ケルンテン州は8つのBezirk; 行政管区とも訳される)に分けられる。郡は自治体ではなく、行政事務を処理する州の出先機関である。また州都のクラーゲンフルト(地図のK)と第2の都市フィラッハ(地図のVI)は郡に属さない憲章都市Statutarstadt)に指定されており、郡の業務も独自に処理している。

ケルンテン州の郡および憲章都市の区分

郡は以下の通り。それぞれ郡名・ドイツ語綴り(略記号・郡庁所在地)である。

ケルンテン州には132の基礎自治体Gemeinde; ゲマインデ)がある。そのうち17自治体が市(Stadt)に、40自治体が町(Marktgemeinde; 市場町)に指定されている。

シンボル[編集]

ケルンテン州の紋章はケルンテン公国時代のものを引き継いでおり、現在のケルンテン州憲法1996年7月11日制定)では第6条2項に規定されている。意匠は「(楯から見て)右側が金(オーア)に三頭の黒い(セーブルの)ライオン、左側が赤(ギュールズ)に銀(アージェント)の横帯(フェス)」である。

州旗は上から黄赤白の横縞の三色旗である。州政府旗にはその中央に州の紋章が配されている。

州歌は『Des Kärntners Heimatlied』である。

脚注[編集]

  1. ^ Kärnten - Endergebnis der Landtagswahl 2013

外部リンク[編集]