プランク温度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プランク温度
Planck temperature
記号 TP
1.416808(33)×1032 K
相対標準不確かさ 2.3×10−5
テンプレートを表示

プランク温度(プランクおんど、: Planck temperature)は、プランク単位系における温度単位である。プランク温度TP は、次のように表される[1]

T_\mathrm{P}=\frac{m_\mathrm{P}c^{2}}{k}=\sqrt{\frac{\hbar c^{5}}{Gk^{2}}}=1.416\ 808(33)\times10^{32}\;\mathrm{K}

ここで、mPプランク質量c は真空中の光速度\hbarディラック定数kボルツマン定数G万有引力定数である。

1プランク温度は、ビッグバンの瞬間から1プランク時間経過したときの宇宙の温度である。1プランク温度以上の温度で物理的に意味のあるものは知られていないため、プランク単位系において温度は0 (絶対零度) から1 (プランク温度) のスケールで表される。 (例として0 = 273.15 K = 1.9279 × 10−30TP)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]