ハインリヒ・ルーベンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハインリヒ・ルーベンス
人物情報
全名 Heinrich Rubens
生誕 (1865-03-30) 1865年3月30日
ドイツの旗 ドイツヴィースバーデン
死没 (1922-07-17) 1922年7月17日(57歳没)
ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
学問
研究分野 物理学
影響を
受けた人物
アウグスト・クント
影響を
与えた人物
グスタフ・ヘルツヴァルター・ショットキー
主な受賞歴 ランフォード・メダル
テンプレートを表示
1911 Solvay conference.jpg
Solvay1911 participants2.jpg
1911年のソルベー会議出席者
5がハインリヒ・ルーベンス

ハインリヒ・ルーベンス(Heinrich Rubens)はドイツ物理学者

来歴[編集]

1865年にヴィースバーデンで生まれた。遠赤外線の研究で数々の業績を残した[1]。1910年には2年ごとに熱と光の分野の優れた業績に贈られるランフォード・メダルを受賞した。

光学におけるハーゲン–ルーベンスの関係式などで知られる。1907年、1909年、1912年からの3度、ドイツ物理学会の会長職(任期1年)を務めた。

脚注[編集]

文献[編集]

論文[編集]

  • Rubens, Heinrich, and Benj W. Snow. "II. On the refraction of rays of great wave-length in rock-salt, sylvite, and fluorite." The London, Edinburgh, and Dublin Philosophical Magazine and Journal of Science 35.212 (1893): 35-45.
  • Rubens, Heinrich, and Ernest Fox Nichols. "Heat rays of great wave length." Physical Review (Series I) 4.4 (1897): 314.
  • Rubens, Heinrich. "A. Paalzow, Gedachtnisrede." (1908): 451-62.