トーマス・クーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーマス・サミュエル・クーン
Thomas Samuel Kuhn
生誕 1922年7月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ市
死没 1996年6月17日(満73歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンブリッジ (マサチューセッツ州)
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 分析哲学
新科学哲学
研究分野 科学史科学哲学
主な概念 パラダイム科学革命
通常科学、異常科学
テンプレートを表示

トーマス・サミュエル・クーン(Thomas Samuel Kuhn、1922年7月18日 - 1996年6月17日)は、アメリカ合衆国科学史家

経歴[編集]

通常は「トマス・クーン」と表記される。米国オハイオ州シンシナティ市ドイツ系ユダヤ人ユダヤ系)移民の家庭に生まれる(もともとの姓はCohenという)。

ハーバード大学物理学を専攻し博士学位を取得。大学院在学中に物理学史の講義を担当したことをきっかけに、科学史研究に転じた。1962年に発表された主著『科学革命の構造』で、科学の歴史がつねに累積的なものではなく、断続的に革命的変化すなわち「パラダイムシフト」が生じると指摘した。

しかし、ポパーラカトシュファイアアーベントらはパラダイム概念に対して否定的で、クーンと彼らの間にパラダイムをめぐる論争が起きた。特に、1965年7月13日に行われた「批判と知識の成長」と題するシンポジウムにおいて、クーンは徹底的に批判された(後にこのシンポジウムは、「ポパー派によるクーンの袋叩き」と評されている)[1]。クーンが目指したものは、科学の研究現場に内在的で堅実な科学史研究であってそれ以外ではないことからすれば、彼らの論争はすれ違いの気配が濃厚であった。

また、クーンのパラダイム概念は、科学史・科学哲学だけではなく、社会科学や現代思想、果てはビジネス本にまで登場するなど、広く知られるようになったが、多くの場合、クーン自身が意図した限定的な内実からは外れている。こうした「流行」の要因には、時代(1960年代)的なものもあるが、クーン自身の記述の曖昧さも指摘されている。曖昧さについての指摘を受けたこと、概念の安易な拡大利用を嫌ったことから、クーンはその後、パラダイム概念を放棄し、専門母型(disciplinary matrix)という概念に変更した。

ハーバード大学、ボストン大学、カリフォルニア大学バークレー校プリンストン大学マサチューセッツ工科大学で教鞭を執り、科学史学会会長も務めた。

出典[編集]

  1. ^ 野家啓一 『現代思想の冒険者たち24 クーン』 講談社、1981年、198頁。ISBN 4-06-265924-7 

著書[編集]

外部リンク[編集]