論理学の哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

論理学の哲学(ろんりがくのてつがく、英語:philosophy of logic)は、哲学の一領域である。それは論理学の地位や方法論についてのメタ学問である。

論理学の哲学に関わる基本問題[編集]

  • 唯一の正しい論理があるのか、あるいは複数の論理が同じように正しいのか
  • 排中律のような)論理的原理が正しいかどうかについて真正な不一致は可能なのか
  • 何がある表現を論理定項にさせているのか
  • 論理的帰結量化・その他の論理的概念の本来の記述とは何か
  • 論理学の範囲はどのくらいか(数学を包含するのか)
  • 論理は規約の問題か
  • 論理は経験的
  • 論理的必然性の本性とは何か

注意[編集]

論理学の哲学は、哲学的問題に形式的論理的技術を応用する哲学的論理学 (philosophical logics) と混同される。

関連人物[編集]

執筆の途中です この「論理学の哲学」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。