タイプとトークンの区別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイプとトークンの区別: Type-token distinction)は概念そのものとその概念で指示される特定・個別の対象を区別すること。タイプトークン[1]という対概念はパースによって導入された。

例えばガレージにあるあなたの特定・個別の自転車は「自転車」というタイプの中のトークンと理解される。このトークンとしての自転車は、時空の中の特定の位置を占めているが、タイプとしての自転車はそうではない。「最近自転車の人気が高まっている」と言うとき、この「自転車」はタイプとしての自転車を指して言っているのに対し「あなたのガレージの中の自転車」と言うときの「自転車」はトークンとしての自転車である。

タイプは時空間に位置を持たない抽象的対象と考えられ、これは「特定の対象(particulars)」が時空間に位置を持っているのと対照的である。この「特定」という用語は単純に言えば「具体的で物理的な対象」というような意味である。タイプがトークンをまったく持たない場合も考えられる。例えば「二つの素数の和でないような偶数」というタイプに対するトークンは存在しない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トークンという言葉はもともと金属を押し潰して作られたコイン型の補助貨幣を指す言葉である。現在も地下鉄の乗車券やカジノのチップとして用いられている。古代シュメールでは数を数えるために粘土でできたトークンを使用していた[1]

外部リンク[編集]

  • Linda Wetzel (2006), Types and Tokens, スタンフォード哲学百科事典