オーガスタス・ド・モルガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーガスタス・ド・モルガン
人物情報
生誕 1806年6月27日
東インド会社の旗 東インド会社統治英語版 マドゥライ
死没 1871年3月18日(満64歳没)
イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 トリニティ・カレッジ
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 数学論理学
研究機関 ユニヴァーシティ・カレッジ
指導教員 ウィリアム・ヒューウェル
主な指導学生 エドワード・ラウス
ジェームス・ジョセフ・シルベスター
ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ
エイダ・ラブレス
主な業績 ド・モルガンの法則
関係代数
普遍代数
影響を
受けた人物
ジョージ・ブール
影響を
与えた人物
トマス・メンデンホール
テンプレートを表示

オーガスタス・ド・モルガンAugustus de Morgan, 1806年6月27日 - 1871年3月18日)は、インド生まれのイギリス数学者ド・モルガンの法則を発案した。

父親がイギリス東インド会社で働いていたため、インドのマドゥライで生まれるが、生後1年もたたないうちにイングランドに戻る。16歳でケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学、ウィリアム・ヒューウェルやジョージ・ピーコックの元で学ぶ。1828年からユニヴァーシティ・カレッジ(現ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン)の教授を務めた。

関連項目[編集]