エドワード・ラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Edward J Routh.jpg

エドワード・ラウス(Edward Routh、1831年1月20日 - 1907年6月7日)は、イギリス数学者英領カナダケベック・シティー出身。

ケンブリッジ大学において数学の最盛期であった19世紀中期のトライポス(優等卒業試験)対策講師として有名で、1位となった生徒は計27名と、ケンブリッジの歴史でも突出した結果を残した[1]

彼はまた、力学での数学理論による体系化に関する功績や、近代的な制御理論の発展に重要な理論を数多く残した。制御理論におけるラウス・フルビッツの安定判別法などが有名である

人間関係[編集]

ラウスは「親しい人や友人には友好的だが、知らない人には内気で余所余所しい」性格が伝えられている[2]

両親
ラウスは、イギリス植民地のローワーカナダで、イギリス人の父サー・ランドルフ・アイシャム・ラウス(1782年-1858年)と、彼の二番目の妻でフランス系カナダ人のマリー・ルイーズ・Taschereau(1810年-1891年)との間に生まれた。父側の家系は、11世紀のノルマン・コンクエストの時代まで遡れる家系である。ランドルフはワーテルローの戦いで兵站将校を務めていた。母は裁判官Jean-Thomas Taschereauの娘で、枢機卿Elzéar-Alexandre Taschereauと裁判官Jean-Thomasの兄妹である。
学生時代
11歳でイギリスに渡り、University College Schoolに在籍し、その後に奨学金を獲得し、1847年にロンドン大学に入学した。そこで彼の将来を力学に導くことになるオーガスタス・ド・モルガンに師事した。ロンドンで、ラウスは1849年にBA、1853年にMAを獲得した。
ケンブリッジ大学ピーターハウス校に入学し、en:Isaac Todhunter による授業と、"senior wrangler maker(学内1位製造者)" en:William Hopkinsの指導を受けた。
ケンブリッジでは、後に物理学に名を残すジェームズ・クラーク・マクスウェルと同級生であり、卒業試験でマクスウェルは自身が1位になると確信し、発表を確認に行かせた召使に2位の順位を聞き「あなた様でございます」と答えられた逸話が残っている。その年の順位はラウスが1位で、2位はマクスウェルであった[1]
1954年、シニアラングラーとして卒業し、スミス賞をマクスウェルと同時受賞した。1955年、ピーターハウスフェローに選出された。
生徒
ラウスが指導した生徒には、ノーベル物理学賞を受賞したジョン・ウィリアム・ストラットや、ジョゼフ・ジョン・トムソンの他、天文学者のジョージ・ハワード・ダーウィン、哲学者のアルフレッド・ノース・ホワイトヘッド、物理学者のジョゼフ・ラーモアなどがいる。
結婚
王室天文官ジョージ・ビドル・エアリーグリニッジ天文台での仕事のオファーを出していた。この勧誘は成功しなかったものの、グリニッジでエアリーの長女ヒルダと出会い。1864年に結婚し、5人の息子と1人の娘に恵まれた。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b ケンブリッジ大学の学生生活– ユニークな教育システムを中心として(学部編)(著:足立修一、管野 政明)
  2. ^ Fuller (2004)