イブン・ルシュド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イブン・ルシュド
生誕 1126年4月14日
死没 1198年12月10日
時代 中世哲学
地域 ムスリム学者
学派 マーリク学派スンニ派アヴェロエス主義
研究分野 イスラーム神学イスラーム法イスラーム哲学地理学医学数学物理学
主な概念 実存は本質に先立つ慣性周転円の拒否クモ膜パーキンソン病光受容体世俗主義理性信仰の調和、哲学宗教アリストテレス主義イスラーム
テンプレートを表示

アブー・アル=ワリード・ムハンマド・イブン・アフマド・イブン・ルシュドアラビア語: أبو الوليد محمد بن أحمد بن رشدabū al-walīd muḥammad ibn ʾaḥmad ibn rušd, 1126年4月14日 - 1198年12月10日)は、スペインコルドバ生まれの哲学者ムワッヒド朝のもとで君主の侍医、後にはコルドバのカーディー(裁判官)となった。1197年にはムワッヒド朝の君主ヤアクーブ・マンスールが哲学を禁止したことでイブン・ルシュドは追放され、その後モロッコのマラケシュで亡くなっている。

アヴェロエス (ラテン語: Averroes) の名でよく知られている。アラブ・イスラム世界におけるアリストテレスの注釈者として有名。また、医学百科事典を著した。神秘主義者ガザーリーの哲学批判書『哲学者の矛盾』に対して、哲学者の立場から『矛盾の矛盾』を執筆して批判に反駁を加えている。

彼の著作は、中世ヨーロッパキリスト教スコラ学者によって、ラテン語に翻訳され、ラテン・アヴェロエス派を形成した。

ラッファエッロ・サンツィオの代表作であるアテナイの学堂ギリシア哲学者の一人として描かれている。

「中世思想原典集成.11 イスラーム哲学」(平凡社、2000年)に、著書『矛盾の矛盾』が日本語訳されている。

脚註[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]