イアン・ハッキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ian Hacking

イアン・ハッキング(Ian Hacking、1936年2月18日-)は、カナダの哲学者。専門は科学哲学

バンクーバー生まれ。ブリティッシュコロンビア大学卒業後、ケンブリッジ大学で博士号取得。ブリティッシュコロンビア大学助教授・准教授、スタンフォード大学教授などを経て、1991年からトロント大学哲学部教授。また2001年から2006年までコレージュ・ド・フランス教授を務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • Logic of Statistical Inference, (Cambridge University Press, 1965).
  • A Concise Introduction to Logic, (Random House, 1972).
  • Why Does Language Matter to Philosophy?, (Cambridge University Press, 1975).
伊藤邦武訳『言語はなぜ哲学の問題になるのか』(勁草書房, 1989年)
  • The Emergence of Probability: A Philosophical Study of Early Ideas about Probability, Induction and Statistical Inference, (Cambridge University Press, 1975, 2nd ed., 2006).
広田すみれ・森元良太訳『確率の出現』(慶応義塾大学出版会, 2013年)
  • Representing and Intervening: Introductory Topics in the Philosophy of Natural Science, (Cambridge University Press, 1983).
渡辺博訳『表現と介入――ボルヘス的幻想と新ベーコン主義』(産業図書, 1986年)
  • The Taming of Chance, (Cambridge University Press, 1990).
石原英樹重田園江訳『偶然を飼いならす――統計学と第二次科学革命』(木鐸社, 1999年)
  • Rewriting the Soul: Multiple Personality and the Sciences of Memory, (Princeton University Press, 1995).
北沢格訳『記憶を書きかえる――多重人格と心のメカニズム』(早川書房, 1998年)
  • Mad Travelers: Reflections on the Reality of Transient Mental Illnesses, (University Press of Virginia, 1998).
  • The Social Construction of What?, (Harvard University Press, 1999).
出口康夫久米暁訳『何が社会的に構成されるのか』(岩波書店, 2006年)
  • An Introduction to Probability and Inductive Logic, (Cambridge University Press, 2001).
  • Historical Ontology, (Harvard University Press, 2002).
『知の歴史学』、出口康夫・大西琢朗渡辺一弘訳、岩波書店、2012年

編著[編集]

  • Scientific Revolutions, (Oxford University Press, 1981).
  • Exercises in Analysis: Essays by Students of Casimir Lewy, (Cambridge University Press, 1985).