真理値表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真理値表(しんりちひょう、Truth table)とは論理式および論理回路において、すべての入出力の結果を表にしたものである(あるいは真偽値表とも真偽表ともいう[要出典])。

例1:命題Pの否定\lnot P」の場合、以下のような真理値表になる。

命題 P ¬P

例2:2つの命題P,Qの論理和P \lor Q」の場合、以下のような真理値表になる。

命題 P 命題 Q PQ

例3:2つの命題P,Qの論理積P \land Q」の場合、以下のような真理値表になる。

命題 P 命題 Q PQ

なお、この表では「真」「偽」として表記してあるが、「T(=truth)」「F(=false)」、「1」「0」の場合もあるし、「1」のみを記述して「0」を記述しない場合もある。

P Q P∧Q P∨Q P⇒Q ¬P∧Q P∨¬Q ¬(P∧Q) ¬P∨¬Q ¬(P∨Q) ¬P∧¬Q ¬P⇒Q P∧¬Q
T T T T T F T F F F F T F
T F F T F F T T T F F T T
F T F T T T F T T F F T F
F F F F T F T T T T T F F

関連項目[編集]