新科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新科学哲学(しんかがくてつがく)とは、1950年代から1960年代にかけてハンソンマイケル・ポランニートーマス・クーンポール・ファイヤアーベントらによって始まった科学哲学の新しい潮流。1960年代後半のいわゆる「パラダイム論争」によって、論理実証主義カール・ポパー批判的合理主義と対立する形で一つの潮流をなし、相対主義的、多元主義的、反実在論的傾向がもつ。

参考文献[編集]