ベン・ロイ・モッテルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ben Roy Mottelson
ベン・ロイ・モッテルソン
Mottelson,Ben 1963 Kopenhagen.jpg
ベン・ロイ・モッテルソン(1963)
生誕 (1926-07-09) 1926年7月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ
死没 2022年5月13日(2022-05-13)(95歳)
国籍  デンマーク
研究分野 原子核物理学
研究機関 北欧理論物理学研究所
出身校 パデュー大学
ハーバード大学
博士課程
指導教員
ジュリアン・シュウィンガー
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(1975) 
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1975年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:原子核における集団運動と独立粒子運動の統一的記述及びそれに基づいた原子核構造理論の構築

ベン・ロイ・モッテルソン(Ben Roy Mottelson、1926年7月9日 - 2022年5月13日[1])は、アメリカ合衆国出身の理論物理学者。1971年にデンマークに帰化した。

経歴[編集]

イリノイ州シカゴに生まれる。1947年パデュー大学卒業後、1950年ハーバード大学にてシュウィンガーに師事しPh.D.を得る。学位取得後、ニールス・ボーア研究所にてポスドクとしてオーゲ・ニールス・ボーア原子核集団運動の研究を始める。殻模型によって記述される核子独立粒子運動液滴模型によって記述される核子の集団運動を統一的に記述する集団運動模型1953年に構築し、1975年オーゲ・ニールス・ボーア、レオ・ジェームス・レインウォーターと共にノーベル物理学賞を受賞。集団運動模型構築の後も、原子核における集団運動の微視的理論の分野において数々の偉大な業績を残している。例えば、1957年BCS理論が提案されるやいなや、1958年原子核における超流動状態の発現を指摘した。また、高スピン状態での超流動状態から常流動状態への相転移の可能性を示唆するなど、「有限量子多体系としての原子核」という概念を生んだ。

また、オーゲ・ニールス・ボーアとの著書「Nuclear Structure」Vol.1&2 (1969&1975、Benjamin)は、核構造物理学におけるバイブル的な教科書として読まれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Ben Roy Mottelson er død” (デンマーク語). BT.dk. (2022年5月16日). https://www.bt.dk/samfund/ben-roy-mottelson-er-doed 2022年5月19日閲覧。 

外部リンク[編集]