ガジェット (爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガジェット

ガジェット (The gadget) とは人類最初の原子爆弾第二次世界大戦中におけるマンハッタン計画で製造された。

最終組み立ては実験場近くにあるマクドナルド牧場にある小屋を借りて行われた。

1945年7月16日ニューメキシコ州・アラモゴード砂漠のホワイトサンズ射爆場に於ける核実験トリニティ」で爆発した。

ガジェット(gadget。道具や、ちょっとした装置という意味)の名は、「爆弾」のようなあからさまな名前にすると、マンハッタン計画の目的を知らない人々から情報が漏れてしまったり、スパイ活動によりその内容が明らかになることを警戒し、コードネームとして付けられたものである。

この原子爆弾は、爆縮レンズを用いたインプロージョン方式のテストを目的として製造され、長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」と同様の構造をしている。ただし、ファットマンのように空中からの投下ではなく、鉄製のタワーの上に備え付けられた状態で爆発した。ファットマンおよび、広島に投下されたリトルボーイは、このガジェットと平行して製造されており、トリニティ実験から一ヶ月も経たないうちに、日本に原子爆弾が投下されている。

関連項目[編集]