フルハウス (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フルハウスのノーズアート

フルハウス(Full House)は第二次世界大戦後期~冷戦期初期に使用されたアメリカ陸軍航空軍第509混成部隊に所属した戦略爆撃機B-29の機名。機体番号44-27298、ビクターナンバー83。ノーズアートは簡易トイレから蹴り出される日本兵。機長はラルフ・R・テーラー(Ralph R. Taylor)大尉
原子爆弾を搭載するためにシルバープレート形態と呼ばれる改修を施した15機のB-29のうちの1機。

1945年8月6日、広島県広島市への原子爆弾投下任務に際して7機のシルバープレート形態B-29が用いられ、本機は長崎県長崎市の天候偵察機として参加した。また8月9日長崎市への原子爆弾投下任務では、原爆搭載機「ボックスカー」の万一の事態に備えた予備機として硫黄島で待機している。
15機のシルバープレート機の中で広島・長崎への投下作戦両方に実質参加したのは本機とエノラ・ゲイ(広島原爆搭載・長崎作戦時福岡県小倉市(現:北九州市)天候偵察)、グレート・アーティスト(両作戦とも観測機材搭載)の3機だけである。

乗組員[編集]

全9名 

  • 機長:Ralph R. Taylor Jr.
  • 副操縦士:Raymond P. Biel
  • 航法士:Fred A. Hoey
  • 爆撃士:Michael Angelich
  • 航空機関士:Frank M. Briese
  • 無線通信士:Theodore M. Slife
  • レーダー担当士:Nathaniel T. R. Burgwyn
  • 銃座担当士 兼副航空機関士:Richard B. Anselme
  • 後部銃座担当士:Robert J. Valley

外部リンク[編集]