キーバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
氷原上のキーバード。

キーバード (KeeBird) は、第二次世界大戦 - 冷戦時代のアメリカ合衆国の爆撃機の機名。アメリカ陸軍航空軍アラスカ州ラッドフィールド基地に所属したB-29。機体番号#45-21768。

概要[編集]

機体はボーイング社カンザス州ウィチタ工場で建造された。冷戦初期の1947年、悪天候の中北極圏を偵察飛行中嵐に遭遇し燃料不足に陥りグリーンランドのトゥーレ付近に不時着。乗員は脱出、帰国したが機体はグリーンランドの氷原にそのまま残された。 1994年、アメリカの有志による修復プロジェクトが立ちあげられ、二年かけて修理を完了したが、離陸のため滑走中に機体後部から発火し炎上、喪失した。

参考文献[編集]

  • 『幻の大戦機を探せ』 (カール・ホフマン、文春文庫刊)