トーマス・ファーレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファーレル(右)と レズリー・グローヴス少将(左)、1945年

トーマス・ファーレル (Thomas Francis Farrell1891年11月3日 - 1967年4月11日) は、アメリカ陸軍の軍人。レズリー・グローヴスの副官であり、マンハッタン計画を現場責任者として指揮した。最終階級は少将

人物・来歴[編集]

第二次世界大戦前[編集]

1891年ニューヨーク州トロイにて、ジョン・ジョセフ・ファレルとマーガレット・コノリー夫妻の息子として生まれた。1912年レンセラー工科大学を卒業し、パナマ運河1913年から1916年まで働いた。第一次世界大戦中には、フランスに派遣されたアメリカ欧州派遣軍の第一工兵大隊英語版に従軍し、殊勲十字章を得た。1926年に陸軍を除隊し、民間人としてニューヨーク州の公務員となった。

マンハッタン計画[編集]

1941年2月に、当時大佐だったレズリー・グローヴスの部下となり、ビルマ公路建設などに従事。1945年1月、グローヴスから副官に指名されロスアラモス国立研究所に異動。同年8月、トルーマン大統領からポール・ティベッツ機長への指令書を携えてテニアン島に赴き、原子爆弾に「ヒロヒトへ愛を込めて」と記した。

戦後[編集]

1945年8月30日広島長崎で、原爆の影響を調査するために科学者のチームを引率した。9月6日東京帝国ホテル連合国の海外特派員向けに「広島・長崎では、死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者は皆無だ」とする声明を出した[1]

第二次世界大戦後、ファーレルは少将に昇進し、1946年4月に現役を退いた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋博子『封印されたヒロシマ・ナガサキ-米核実験と民間防衛計画-』凱風社、2008年