Crew Dragon Demo-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crew Dragon Demo-2
SpaceX Demo-2 Launch (NHQ202005300044).jpg
「エンデバー」宇宙船の打ち上げ
任務種別ISS乗員輸送
運用者
COSPAR ID2020-033A
SATCAT №45623
任務期間
  • 計画: 64日
特性
宇宙機ドラゴン2「エンデバー」
製造者スペースX
乗員
打ち上げ
任務開始
打ち上げ日2020年5月30日19時22分45秒 (UTC)[1]
ロケットファルコン9ブロック5 (B1058.1)
打上げ場所ケネディ宇宙センターLC-39A
打ち上げ請負者スペースX
任務終了
着陸日2020年8月2日18時46分6秒 (UTC) [2]
着陸地点メキシコ湾
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制LEO
傾斜角51.66°[1]
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ハーモニーPMA-2[3]
ドッキング(捕捉)日 2020年5月31日14時27分 (UTC)[4][5]
分離日 2020年8月1日23時35分 (UTC)
dock時間 63日9時間8分
Crew Dragon Demo-2 Patch.png Crew Dragon Demo-2 Bob and Doug.jpg
ベンケン宇宙飛行士(左)とハーリー宇宙飛行士(右)
« 飛行中脱出試験

Crew Dragon Demo-2Crew Demo-2SpaceX Demo-2Dragon Crew Demo-2 とも[注釈 1])は、2020年5月30日に打ち上げられたスペースX社のクルードラゴン宇宙船による有人試験飛行ミッションである[6]

ミッションはアメリカ航空宇宙局 (NASA) の商業乗員輸送開発 (CCDev) に基づくもので、民間企業による宇宙船としては初めて有人での宇宙飛行を行い、2名の宇宙飛行士を乗せて国際宇宙ステーション (ISS) へのドッキングを果たした。ISSのバッテリー交換などの作業で4回の船外活動を行い、62日後にオーストラリア付近上空でアンドッキングして、メキシコ湾フロリダ半島沖へ無事に帰還した。

概要[編集]

ISSに入室するベンケン宇宙飛行士

Demo-2は、2011年スペースシャトルの最終ミッション (STS-135) 以来では初となるアメリカからの有人宇宙飛行であり、また民間企業による史上初の有人宇宙飛行でもある[10]。NASAのダグラス・ハーリー宇宙飛行士が船長として、またロバート・ベンケン英語版宇宙飛行士がもう一人の船長 (Joint operations commander) として搭乗して、ISSへと向かった(2名での有人飛行もアメリカでは1982年STS-4以来である)。

宇宙船は5月31日14時16分 (UTC) にISSにドッキングし、14時27分には固定が完了した[4]。打ち上げは当初27日に予定されていたが、熱帯低気圧による悪天候のため打ち上げ17分前に延期された[11]

クルードラゴン宇宙船とファルコン9ロケットはどちらも再使用が可能であるが、Demo-2においてはいずれも新造された機体が用いられた。スペースXは3回目のISS有人ミッションとなるCrew-2からは再使用した機体を使う可能性を示しており、NASAもこれを許可している。Crew-2は2021年の打ち上げが予定されている。またCrew-1は2020年の10月23日の打ち上げが予定されている。[12]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 運用者であるスペースXがミッションを "Crew Demo-2" と呼称する一方[6]、顧客であるNASAは "SpaceX Demo-2"[7][8]、またアメリカ宇宙軍は "Dragon Crew Demo-2" と呼称している[9]

出典[編集]

  1. ^ a b Crew Dragon SpX-DM2”. Spacefacts. 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ Astronauts gear up for spacewalks amid planning for August Crew Dragon return”. Spaceflight Now (2020年6月24日). 2020年6月25日閲覧。
  3. ^ Navin, Joseph (2020年5月2日). “NASA, SpaceX enters the critical month of May on track to end the gap”. NASA Spaceflight. https://www.nasaspaceflight.com/2020/05/nasa-spacex-may-track-end-gap/ 
  4. ^ a b Crew Dragon Docks to Space Station”. blogs.nasa.gov. NASA (2020年5月31日). 2020年6月16日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  5. ^ Grush, Loren (2020年5月31日). “SpaceX's Crew Dragon successfully docks with the space station”. The Verge. 2020年5月31日閲覧。
  6. ^ a b SpaceX launches: DEMO-2 LAUNCH”. spacex.com (2020年5月26日). 2020年5月26日閲覧。
  7. ^ NASA's SpaceX Demo-2 Astronauts Rehearse for Launch Day”. NASA (2020年5月23日). 2020年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月26日閲覧。 “...ahead of NASA's SpaceX Demo-2 mission [...] favorable weather conditions for the SpaceX Demo-2 mission.”  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  8. ^ NASA's SpaceX Demo-2 "Go" for Liftoff Wednesday After Today's Launch Readiness Review”. NASA (2020年5月25日). 2020年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月26日閲覧。 “...in advance of NASA's SpaceX Demo-2 flight test [...] NASA's SpaceX Demo-2 mission passed its final major review today...”  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  9. ^ Launch Mission Execution Forecast” (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  10. ^ “SpaceX Speeding Astronauts to Space Station in Landmark Trip”. Bloomberg News. (2020年5月30日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-05-30/spacex-set-to-retry-historic-rocket-launch-after-weather-delay 
  11. ^ Jacob Bogage; Christian Davenport (2020年5月27日). “SpaceX's Falcon 9 rocket launch is scrubbed due to weather”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/technology/2020/05/27/spacex-launch-live-updates/ 2020年5月27日閲覧。 
  12. ^ NASA agrees to fly astronauts on reused Crew Dragon spacecraft”. Spaceflight Now (2020年6月23日). 2020年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]