ジャマル・カショギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャマル・カショギ
JamalKahshoggi.png
2011年撮影
生誕 ジャマル・アフマド・カショギ
(1958-10-13) 1958年10月13日
サウジアラビアの旗 サウジアラビア マディーナ
死没 2018年10月2日(2018-10-02)(59歳)
トルコの旗 トルコ イスタンブール
国籍 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
出身校 アメリカ合衆国の旗 インディアナ州立大学
職業 ジャーナリスト、作家
親戚 アドナン・カショギ(おじ)
ドディ・アルファイド(いとこ)
公式サイト https://jamalkhashoggi.com

ジャマル・アフマド・カショギ または ジャマール・アフマド・ハーショグジー (アラビア語: جمال خاشقجي‎,1958年10月13日-2018年10月2日)[1][注釈 1]はサウジアラビアのジャーナリスト、批評家[2]、作家で、アル・アラブ・ニュース・チャンネルAl Arab News Channel英語版の前管理者[3]である。 サウジアラビアの近代化論者とされる[4]

2018年、サウジアラビア領事館内で殺害されたとみられる。

生い立ち[編集]

ジャマール・アフマド・ハーショグジーは、1958年10月13日にサウジアラビア王国のメディーナで生まれた[5][3][6]。ジャマールの父系の祖父のムハンマド・ハーリド・ハーショグジー英語版は、サウジアラビア人女性と結婚したトルコ系サウジアラビア国籍人英語版であり、サウジアラビア王国を建国したアブドゥルアズィーズ・アール・サウード国王の主治医を務めた人物である[7]

ジャマールの父系のおじの一人には、イラン・コントラ事件との関わりが取りざたされた武器商人アドナーン・ハーショグジーがいる[8][9]。アドナーンは1980年代前半に米ドル換算で40億ドル相当の資産を保有していたことで知られ、高い社会的地位を築いていた[10][11]。なお、アドナーンは祖父(ムハンマド・ハーリドの父)がユダヤ系であると言っていたことがある[12]。ジャマールの父系の従兄弟の一人には、ダイアナ妃と共に事故死英語版 したドゥーディー・ファーイド(ドディ・アルファイド)がいる[13]

ジャマールは初等教育から中等教育までをサウジアラビア国内で受け、その後、アメリカ合衆国のインディアナ州立大学経営学を学び、1982年に学位(BBA)を取得した[3][14][15]

ジャマールと最初の妻との間には、息子が2人、娘が2人いる[16][17][18]。そのうちの3人はアメリカ合衆国の市民権を有している[19]。ジャマールの子女4人は、ジャマールの暗殺後、サウジアラビア国外への出国が制限された[20]

経歴[編集]

ジャマール・ハーショグジー(カショギ)は1983年から、広告代理店のティハーマ・グループアラビア語版の傘下企業の一つ、マクタバート・ティハーマ(Tihama Bookstores, 書籍卸)の地域マネージャーとして自分のキャリアをスタートさせた[21]。その後、1985年から1987年まで『日刊サウジ・ガゼット英語版』のリポーターや『オカーズ』のアシスタント・マネージャーを経験したのち、1987年から1990年まで『アッシャルクル・アウサト』や『アルマジャッラ』などのアラビア語新聞で記事を書いた[3][21][22]。1991年から1999年までは『アルマディーナ英語版』で編集長兼主筆代理を務めた[22]。この間、ジャマール・ハーショグジーは中東地域担当の特派員としてアフガニスタン、アルジェリア、クウェート、スーダンへ赴き、湾岸戦争などを取材した[3]。なお、ソ連侵攻下のアフガニスタンでは、サウジアラビア総合情報庁とアメリカ合衆国の情報員として活動していた[23]

ジャマール・ハーショグジーは1999年に、サウジアラビアの主要な英字新聞『アラブニューズ英語版』の副主筆に任命され[22]、2003年には代表的なリベラル系日刊紙『アルワタン英語版』(ワタン紙)の編集長となった[3][24][25][22]。リベラルな社風で知られるワタン紙は2003年5月22日付紙面にイブン・タイミーヤを揶揄する記事を掲載したが[26]宗教保守層の怒りを買い、カショギはサウジアラビア情報省によってこの「事件」の責任を取らされる形で解雇され[27]、結果としてわずか二ヶ月の勤務となった。 その後ロンドンに拠点を移した[28][29]。 その後、メディア担当補佐官として、のちに在米サウジ大使となるトゥルキー・ビン・ファイサル・アール・サウード英語版王子に仕えた。

2007年4月からワタン紙の二度目の編集長として勤務し始めた[22]が、2010年3月に再び辞職した[30]。ワタン紙は辞職理由を「個人的な事業に専念するため」と発表したが、王制の厳格なイスラム法に批判的な記事が原因で強制的に辞職させられたとする報道もある[30]

ビンラディンへの取材[編集]

カショギは1980年代からオサマ・ビン・ラディンの生涯を追っており、幾度か取材している。カショギはビンラディンのイスラム主義者としての時期から知り合っており、ビンラディンがソ連軍に対しアフガニスタンで戦闘を行った1987年に取材している[4]。トラボラのほか、最終的にはスーダンで面会している[31]。かつてカショギがビンラディンに暴力を止めるよう説得したことがあったとする報道がある[32]

トランプ大統領[編集]

2016年12月、イギリスの『インデペンデント』紙は、Middle East Eyeのリポートを引用し、カショギがアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプを批判したことが原因で、サウジの権力者が出版やテレビへの出演を禁じたと報じた。[33]

在トルコ・サウジアラビア領事館にて殺害される[編集]

2018年10月2日、カショギはトルコイスタンブールにあるサウジアラビア領事館を訪れた後、行方不明となった[34]。トルコ当局は、カショギが同館内で殺害されたとの見方を示した[35]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ジャマルはジャマール、カショギはカーショギー、ハーショグジーとも。保坂修司によれば、ハーショグジーが原音のアラビア語ヒジャーズ方言に近く、カショギという表記はジャマールの親族アドナン・カショギが報道された際に、日本語メディアがアラビア語を参照せずローマ字への転写に「引きずられ」て生まれたものだという。“ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由”. https://www.newsweekjapan.jp/hosaka/2018/10/post-24_1.php 2018年10月23日閲覧。 
  1. ^ 保坂修司「サウジアラビア」岩波新書(新赤版)、2005 ではジャマール・ハーショグジーと表記される。p177-p178
  2. ^ “Jamal Khashoggi: Turkey says journalist was murdered in Saudi consulate”. BBC News. (2018年10月8日). https://www.bbc.com/news/world-europe-45775819 
  3. ^ a b c d e f Speakers”. International Public Relations Association - Gulf Chapter (IPRA-GC) (2012年). 2018年10月8日閲覧。
  4. ^ a b Saudi newspaper head resigns after run-in with conservatives(archive.org、2010年3月20日) - https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gf-BSqGrt0Tpo_oj694sxlOtiN-A
  5. ^ Hubbard, Ben; Gladstone, Rick; Landler, Mark (2018年10月16日). “Trump Jumps to the Defense of Saudi Arabia in Khashoggi Case”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/10/16/world/middleeast/pompeo-saudi-arabia-turkey.html 2018年10月17日閲覧. "Mr. Khashoggi, who wrote columns for The Washington Post, lived in the United States, and his 60th birthday was on Saturday [13 October]." 
  6. ^ Who is Jamal Khashoggi?”. Al Jazeera. 2018年10月15日閲覧。
  7. ^ “Who Is Jamal Khashoggi? A Saudi Insider Who Became an Exiled Critic”. Bloomberg. (2018年10月10日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-10-10/jamal-khashoggi-s-shift-from-insider-to-exiled-critic-quicktake 
  8. ^ “For Khashoggi, a Tangled Mix of Royal Service and Islamist Sympathies”. The New York Times. (2018年10月14日). https://www.nytimes.com/2018/10/14/world/middleeast/jamal-khashoggi-saudi-arabia.html 
  9. ^ Smith, Gina. “Donald Trump once bought a $200M yacht from Jamal Khashoggi's famed arms dealer uncle”. http://anewdomain.net/jamal-khashoggi-adman-khashoggi-trump-princess-arms-dealer/ 2018年10月14日閲覧。 
  10. ^ Who is Jamal Khashoggi?”. Voice of America (2018年10月12日). 2018年10月12日閲覧。
  11. ^ Jamal Khashoggi, der Unbequeme” (2018年10月11日). 2018年10月14日閲覧。
  12. ^ Kasindorf, Jeanie (1989年12月18日). “Stepping Out”. New York Magazine: 44. 
  13. ^ Philippe Martinat (2018年10月10日). “Disparition du journaliste saoudien Jamal Khashoggi, le mystère demeure” (french). Le Parisien. 2019年1月9日閲覧。
  14. ^ Khashoggi, Jamal”. JRank Organization. 2012年5月16日閲覧。
  15. ^ Jamal Khashoggi”. someconference.com. 2012年5月31日閲覧。
  16. ^ “The strangest moment from the CNN interview of Khashoggi's sons, explained”. The Washington Post. (2018年11月5日). https://www.washingtonpost.com/world/2018/11/05/strangest-moment-cnn-interview-khashoggis-sons-explained 2019年1月9日閲覧。 
  17. ^ زوجة خاشقجي السابقة تخرج عن صمتها وتفجر مفاجأة”. al Journal. 2019年1月9日閲覧。
  18. ^ We are Jamal Khashoggi's daughters. We promise his light will never fade”. The Washington Post (2018年11月23日). 2019年1月9日閲覧。
  19. ^ Jamal Khashoggi's Complicated History With The Saudi Royal Family”. npr.org. National Public Radio (2018年10月19日). 2018年11月24日閲覧。
  20. ^ “Killed journalist Jamal Khashoggi's children, some of whom are dual US citizens, are reportedly barred from leaving Saudi Arabia”. Business Insider. (2018年10月23日). https://www.businessinsider.com.au/khashoggis-children-are-reportedly-barred-from-leaving-saudi-arabia-2018-10?r=UK&IR=T 2018年10月27日閲覧。 
  21. ^ a b Jamal Khashoggi”. World Economic Forum. 2012年7月21日閲覧。
  22. ^ a b c d e “Q & A with Al Watan's Jamal Khashoggi”. Asharq Alawsat (Jeddah). (2007年4月25日). http://www.aawsat.net/2007/04/article55262916 2013年4月5日閲覧。 
  23. ^ Saudi Al Watan editor sacked for the second time”. Saudi Information Agency. 2012年5月31日閲覧。
  24. ^ Saudi editor-in-chief fired following criticism of Ibn Taymiyya, spiritual father of Wahhabism”. MEMRI (2003年7月9日). 2012年5月19日閲覧。
  25. ^ Murphy, Caryle (2011年1月11日). “Tactical Delivery”. The Majalla. http://www.majalla.com/eng/2011/01/article1731 2012年6月25日閲覧。 
  26. ^ 保坂修司「サウジアラビア」岩波新書(新赤版)、2005 第4章 リヤードの春?「ワタン紙事件」p177-178
  27. ^ Blanford, Nicholas (2003年6月5日). “Reformist impulse in Saudi Arabia suffers setback”. The Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/2003/0605/p07s01-wome.html 2013年3月1日閲覧。 
  28. ^ Soubra Barrage, Rada (2007年). “The domestic challenges facing Saudi Arabia”. Ecommons. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  29. ^ Wright, Lawrence (2006年9月11日). “The master plan”. The New Yorker. http://itrams1.com/International_Tactical_Rescue_and_Medicine_Society/Terrorism_files/AQ%2020%20year%20Plan%20(full).pdf 2012年4月8日閲覧。 
  30. ^ a b “Saudi editor Jamal Khashoggi resigns from AlWatan”. BBC. (2010年5月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/8686340.stm 2013年3月1日閲覧。 
  31. ^ Susanne Koelbl (2011年6月14日). “Last Bastion: Saudi Arabia's Silent Battle to Halt History”. Der Spiegel (Riyadh). http://www.spiegel.de/international/world/last-bastion-saudi-arabia-s-silent-battle-to-halt-history-a-768368.html 2013年8月26日閲覧。 
  32. ^ “Head of Saudi's most daring newspaper resigns”. Al Arabiya. (2010年5月16日). http://www.alarabiya.net/articles/2010/05/16/108790.html 2012年4月30日閲覧。 
  33. ^ Osborne, Samuel. “Saudi Arabia bans journalist for criticising Donald Trump”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/saudi-arabia-donald-trump-journalist-banned-for-criticising-us-president-elect-a7456956.html 2017年2月16日閲覧。 
  34. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年10月17日). “カショギ氏不明「尋問中のミスで死亡」と米CNN報道 トルコがサウジ領事館を捜索” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/world/news/181017/wor1810170004-n1.html 2018年10月17日閲覧。 
  35. ^ “サウジ記者、殺害後に遺体切断か トルコ当局者” (日本語). CNN.co.jp. (2018年10月17日). https://www.cnn.co.jp/world/35127101.html 2018年10月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]