ドディ・アルファイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Diana e Dodi (1998), ハロッズ
"Innocent Victims" (2005), ハロッズ

ドディ・アルファイドアラビア語:عماد الدين محمد عبد المنعم الفايد、英語:Dodi Al-Fayed、Emad El-Din Mohamed Abdel Moneim Fayed、1955年4月15日 - 1997年8月31日)は、イギリスデパートハロッズ』、フラムFCそしてホテル・リッツ・パリの所有者であるエジプトの億万長者モハメド・アルファイドの息子だった。彼の母はサミラ・カショギで、悪名高い武器商人アドナン・カショギの妹だった。

エジプトのアレキサンドリアで生まれ、スイスの私立寄宿学校ル・ロゼ(Institut Le Rosey)で学んだ。映画プロデューサーとして活躍し、『炎のランナー』(1981年)、『フック』(1991年)などを製作した。

1990年代になって、イギリスのダイアナ元妃と交際しはじめたが、同時に彼女を付け狙うパパラッチに追いかけ回される日々が続いた。そして1997年8月31日、彼はダイアナ元妃と共にパリでの自動車事故で共に亡くなった。彼の死後、父親のモハメドは、ドディが死の直前にダイアナと正式に婚約しようとしていたことを暴露し、様々な憶測を呼ぶこととなった。

ドディの遺体はイギリス、サリーのウォーキングにあるブロックウッド墓地に埋葬されたが、その後、スコットランドのファイド家が所有する土地に移された。

外部リンク[編集]