ル・ロゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ル・ロゼ
国公私立の別 私立学校
インターナショナルボーディングスクール
設置者 ポール・エミール・カーナル
校訓 A School for Life
設立年月日 1880年
創立者 ポール・エミール・カーナル
共学・別学 男女共学
スイス・ヴォー州
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ル・ロゼ学院Institut Le Rosey, フランス語発音:[ɛstity lə ʁo.zɛ]アンスティテュ・ル・ホゼ)は、一般にル・ロゼロゼとも呼ばれるスイスの寄宿学校(英:ボーディングスクール、仏:アンテルナ・スコレール Internat scolaire)。

ポール・エミール・カーナル(Paul-Émile Carnal)によってスイスヴォー州(Canton de Vaud)ロール (Rolle) 近郊にある14世紀の古城「シャトー・デュ・ロゼ (Château du Rosey, ロゼ城)」で、1880年に設立されたスイス最古の名門寄宿学校の一つである。世界で最も高額な中等教育機関の一つとされ、世界中の王侯貴族や名家セレブリティの子弟・子女が数多く通う[1][2]


概要[編集]

世界最高峰の中等教育とされるスイスの寄宿学校の中でも最古の創設であり、特に名門とされる。入学には厳しい基準が存在し、金銭的なハードルの上に、学業レベルも高い水準を求められる。校内の標準語は英語とフランス語。 ル・ロゼの伝統では、在校生はロゼアンと呼ばれ、卒業生はアンセアンと呼ばれる。生徒は互いに寄宿学校ならではの関係を持っており、校内ではグローバルな人脈が構築されている。卒業時に入会するAIARという卒業生の同窓会は世界中のアンセアンが交流する場であり、一説には、アンセアンは他のアンセアンからコンタクト・要望があれば、世代の差や面識の有無関係なく一度は話を聞く、という暗黙のルールがある。

受入生徒の年齢は7~18歳(日本の学制では小中高)の約400名(男女比は半々)。特別な許可を除き、全寮制。女子寮のエリアは La Combe と呼ばれ、共学制度実施は1968年から。17歳までは2人部屋、最終学年の18歳は多くが1人部屋。毎年1~3月の約3ヶ月間は欧州最高級スキー・リゾート地の一つグシュタードにキャンパスを移し、カリキュラムは午前中で終了させるように配慮される。平日の午後は毎日スキー、スノーボードを教わる。教師も豊富に在籍するため、授業も場合によっては生徒5、6人、平均して10人程で行われる少人数制である。世界70カ国から子弟が集まる。日本国籍の生徒は通年約20名程在籍し、日本語を教える教師も2人いる。真に国際的な環境を維持するため、生徒の出身・国籍が片寄らないよう最大10%までの上限制を採用している。学費は寄宿代・食費等も込みで12.5万スイス・フラン(2011~2012教育年度)であり、その他必要となる海外就学旅行費やパーティ参加のための付帯費用も加えると非常に高額であり、米Forbes誌の調査によれば「世界で最も高額な中等教育機関」とされている。

欧州最高級スキーリゾートの1つであるベルン州(Canton of Bern)のグシュタード(Gstaad)に冬季キャンパスを所有しており、生徒、先生、スタッフは1月から3月(二学期)までの間はこちらに移動する。このように1年の間に2つのキャンパスを移動する学校は珍しく、世界でもル・ロゼだけとされる。ル・ロゼは、グシュタード冬季キャンパスの売却とより広いリゾート地への冬季キャンパス移転を計画しているとされるが、生徒や地元の反発もあるとされる。2015年、ル・ロゼの第4代理事長だったフィリップ・ギュダン(Philippe Gudin)の息子クリストフ・ギュダン(Christophe Gudin)が第5代理事長に就任した。2014年、ル・ロゼとレマン湖岸エリア(La Côte region)のための美術・学習センター「ポール・アンド・ヘンリー・カーナル・ホール (略称:カーナル・ホール)」を建設した。オープン以来ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などのトップオーケストラが演奏した。カーナル・ホールに隣接する空き地に、理化学系の授業専用の教室やITスタートアップ企業のオフィスを誘致するなどした新たな建物を建築予定とされている。 [3]

入学基準は高く、国籍にもよるが(上限制がある為)場合によっては10倍以上とも言われ、日本人の場合は通年7~8倍程だといわれている。詳しい入学基準やウェイティングリスト(入学希望者リスト)の情報は公表されない。単に勉強が出来ればいいわけでもなく、在校中はスポーツやアートにも力を入れるよう求められるため、入学試験の際には父母と共にキャンパスを訪れる事を勧められたりと、生徒の性格や、入学後の期待値、それまでの生活・教育環境も重要視される。スポーツはル・ロゼにおける生活の大きな一部分であり、150年もの歴史を物語るように、食堂の壁には無数のトロフィーが飾られている。伝統的なスポーツは、夏はロウイング、冬はアイスホッケーである。

進学[編集]

クリストフ・ギュダンの理事就任以来、ル・ロゼは欧米のトップ大学へと多数生徒を排出する進学校のイメージを加速させるため、男子寮長や学長の人事を見直すなど、カリキュラムの強化を進めている。ロゼではIBプログラムとフレンチバカロレアのディプロマが選択できるが、どちらのプログラムにおいても近年平均成績は向上しており、オックスブリッジやハーバード、スタンフォードへの進学も稀にみられる(注:アメリカへの進学は寄付金等の活用もあるため、一概には評価できない)。しかし、伝統的にル・ロゼは進学校ではなく、ル・ロゼに入学する生徒の中には、人脈作りであったり、もしくは家系が伝統的にロゼアンであるから、などといった理由で入学する生徒もいる。とはいえ、入学試験や在校生徒のレベルは決して低くなく、アイビー・リーグやイギリスのトップ5である"The G5"と呼ばれる大学群への進学実績を多数誇る。日本人生徒が日本の大学へ進学を希望する場合は、各大学の帰国留学生枠を活用する事が多く、慶應義塾大学や早稲田大学への進学実績もある。生徒は必ずしも一般的な大学へ進学するわけでもなく、芸術大学や音楽大学をはじめ、スイスならではのホテル学校への進学も多い。ルロゼでは進学のためにSAT (大学進学適性試験)専用の教官を雇っている他、2名の進路相談担当スタッフを雇っている。生徒に少数精鋭の教育をするために、ル・ロゼの教師陣は数が多いだけでなく、ほとんどが欧米のエリート大学を卒業しているトップ教師達である。教師は担当する教科の内容や本番試験の採点基準を熟知している。

年間スケジュール概要[編集]

  • 9月(始業)〜12月:ロール(Rolle)キャンパス
    (冬休み:約3週間)
  • 翌1月〜3月:グシュタード(Gstaad)キャンパス
    (春休み:約3週間)
  • 4月〜6月(終業):ロール(Rolle)キャンパス
    (夏休み:7〜8月)

親が参観可能な行事[編集]

年に約3回。

  • 12月初旬 クリスマスイベント
  • 2月中旬 スキー大会
  • 6月下旬 終業式・卒業式(クラスT≒高3)

卒業生・出身者[編集]

関連項目[編集]

参照元[編集]

  1. ^ スイスの教育も「スイスブランド」で勝負”. Swissinfo (2007年9月25日). 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ スイスの名門私立校、ここにあり!”. Swissinfo (2008年5月21日). 2013年8月23日閲覧。
  3. ^ Where you learn to be a billionaire”. Forbes (1999年7月5日). 2013年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯46度27分31秒 東経6度19分39秒 / 北緯46.45861度 東経6.32750度 / 46.45861; 6.32750