ベルナール・アルノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルナール・アルノー
Bernard Arnault
2009年撮影
生誕 Bernard Jean Étienne Arnault
(1949-03-05) 1949年3月5日(75歳)
フランスルーベ
住居 フランスパリ
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 エコール・ポリテクニーク学士号
職業 LVMH 会長CEO
クリスチャン・ディオール 会長
純資産 増加 2110億ドル(2023年)[1]
配偶者 アン・ドゥヴァヴラン(1973 - 1990)
ヘレン・メルシエ(1991 - 現在)
子供 5
テンプレートを表示

ベルナール・ジャン・エティエンヌ・アルノーBernard Jean Étienne Arnault1949年3月5日生まれ)は、フランス実業家LVMH及びクリスチャン・ディオールの大株主であると同時に、両社の取締役会長兼CEO (PDG)を務める。

人物・来歴[編集]

ディオールやルイ・ヴィトンなどLVMHを通じて多くの高級ファッションブランドを手中に収めていることから「フランス・ファッション界の帝王」「ファッションの法王」などの異名を持つ一方で、その冷徹かつ攻撃的な経営姿勢や買収を決断した企業・ブランドをことごとく手中に収めるさまから「カシミヤを着た狼」「ターミネーター」などの異名も持つ[2]

世界的な富豪として知られ、経済誌フォーブスの2021年度世界長者番付においては世界で3番目の富豪と推定されている。2022年12月13日にはフォーブスのリアルタイム長者番付、ブルームバーグ通信のビリオネア・インデックス(世界長者番付)の両方でイーロン・マスクの1640億ドルを抜き1710億ドルとなって1位となった。ビリオネア・インデックスでヨーロッパの人物が首位となったのはこれが初である[3]

フランス北部のルーベ生まれ。エコール・ポリテクニーク出身。妻と5人の子供がいる。不動産業の家に生まれ、父から事業を受け継いだが、高級ブランド業界とは全く無縁だった。フランソワ・ミッテラン大統領の社会主義政策を嫌って渡米。現地のタクシー運転手が何気ない会話の中で「(フランスのことは全く知らないが)ディオールだけは知っている」と語ったのをきっかけに、ブランドビジネスに開眼した。帰国後の1984年、クリスチャン・ディオールを当時保有していたマルセル・ブサック・グループごと、自身の不動産業を担保にした資金で買収したのを皮切りに、次々とブランドを買収して世界有数のグループに育て上げた。

カルフールの10%の株式を所有し、13%を所有するアレー家に次ぐ第2位の大株主でもあり、中国国内でダライ・ラマ14世を支援しているとの噂が飛び交ったこともある。このため中国ではカルフールボイコット運動が起こったが、アルノー本人が否定し、「北京オリンピックをボイコットすべきでない」と述べた。

大のサッカーファンとしても知られており、2019年にはイタリアのサッカークラブであるACミランを買収してACミランのオーナーになることを目標にしていると報道された[4][5]

2012年8月にベルギー国籍を申請。これは、この年就任したフランソワ・オランド新大統領が打ち出した75%の富裕税回避のためだと非難が集中し、結果翌2013年4月に申請を取り下げる事態となった[6](彼以外にも資本家の海外逃避が急増したことなどもあり、この富裕税は2015年をもって廃止された)。

2022年12月7日のフォーブズ世界長者番付で一時的ながらイーロン・マスクに替わって世界一の富豪となった[7]

2023年4月、アメリカの経済誌フォーブズが発表した最新の世界長者番付でベルナール・アルノーが保有資産2110億ドル(約28兆円)でイーロン・マスク(保有資産、約23兆円)やAmazonの創業者であるジェフ・ベゾス(保有資産、約15兆円)を抜いて世界ナンバーワンの大富豪になったことを発表した[8][9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

LVMH公式ウェブサイト内の彼によるページ
雑誌フォーブズにおける2006年度の紹介記事