エコール・ポリテクニーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
École polytechnique
Armes de l'École polytechnique.jpg
校訓 Pour la Patrie, les Sciences et la Gloire
創立 1794
学校種別 グランゼコール, かつては軍学校
総裁技師 Yves Demay
学生 2,888[1]
大学院生 技術士500人、
修士439人[1]
博士課程 572[1]
所在地

フランスパレゾー


北緯48度42分47秒 東経2度12分32秒 / 北緯48.713度 東経2.209度 / 48.713; 2.209座標: 北緯48度42分47秒 東経2度12分32秒 / 北緯48.713度 東経2.209度 / 48.713; 2.209
スクールカラー      Imperial Blue[2]
     Red
     Yellow
愛称 L'X
所属提携 ParisTech, Université Paris-Saclay, CGE, CDEFI
ウェブサイト Polytechnique.edu
École polytechnique signature.svg
テンプレートを表示

エコール・ポリテクニーク(École polytechnique、通称X)は、パリ市近郊パレゾーに位置するフランスの公立高等教育・研究機関。グランゼコールのひとつであり[3][4]、4年の過程でIngénieur Polytechnicien の理工系学位を付与する[5]。学生やディプロム授与者はポリテクニシャン(polytechnicien)と呼ばれる。学生の多くは、予備大学で2年間の数学と物理を学んだ後、または理学士(Bachelor of Science)を取得したのちに、本校を受験することとなる。

1794年のフランス革命中に、数学者ラザール・カルノーガスパール・モンジュによって創設され、1804年にナポレオン・ボナパルトによって軍学校とされる。今日ではフランス国防省の配下にある。

ParisTechの設立メンバーとしてパリ近郊の工科大学とグループを結んでいる。ポリテクニックの語源となった校であり、世界中にエコール・ポリテクニークをモデルとした学校・大学が存在する。理工系エリートテクノクラート)養成の機関であり[6]、同校からは3名のノーベル賞受賞者、1名のフィールズ賞受賞者、3名のフランス大統領、複数の企業CEOを輩出している。2015年Timesの世界大学ランキングによって、フランス国内において第一位と認定された。

歴史[編集]

1994年1月東京大学工学部と国際交流協定を結んでいる。

組織[編集]

パリ防衛戦(1814年)への学生参加を描いた像。

ナポレオン・ボナパルトフランス革命後の技術将校の不足に対処するためにに所属させた経緯により[6]、現在も国防省が所管する。 但し、あくまでそれは歴史的経緯であり、エコール・ポリテクニーク(École polytechnique)は、軍事系グランゼコールではなく理工系グランゼコールであり、士官養成のためにサン・シール陸軍士官学校や海軍士官学校、空軍士官学校など軍事系のグランゼコールが別に存在する。

1学年は約500名であり(フランス人400名、留学生100名)、修了年限は5年。ただし、最初の1か月は軍事教練であり、その後に軍隊警察消防隊官庁などに派遣されて、6か月間の体験研修を受ける。

入学時に少尉に任官され、在学中は卒業までの間、給料が支給される[6]。卒業後10年間は公務員として働く義務を負い、辞退者にはペナルティが課される[6]

2年生、3年生はエソンヌ県パレゾー市の校舎敷地内で2年間の全寮制寄宿生活であり、4年時には他のグランゼコールに派遣され、派遣された学校の修士号学位を授かる。成績上位100番ぐらいまでの成績優秀者は、派遣された校名の前にⅩが付けられ区別され(X-Mines、X-Pontsなど)、基本的には卒業後高級官僚になる。5年生時は企業研修や海外留学を経験し、卒論を提出し終了する[要出典]

入学までの道[編集]

エコール・ポリテクニークの外国人学生ら

入学試験:高校を卒業後、Classes Preparatoires aux Grandes-Ecoles(略称Prepaプレパ)と呼ばれる2年間の予備学校に通う。(プレパには大抵全寮制の設備もあるが、通いの生徒もいる)プレパで2年準備をした夏に全国試験を受ける。試験には2つのパートがあり、まずは筆記試験で全フランスにおける順位が発表される。そこから上位の者だけが口述試験に臨む。口述試験の結果が筆記試験の点数に加算され、最終的な全国での順位が決定する。毎年400名前後が入学する。試験に落ちた場合、翌年再挑戦が出来る。再挑戦の場合、ペナルティポイントが課され順位が落ちることがある。入学者の半数は二度目の挑戦で入学しており、入学には年齢上限があるが、大抵の受験者は2度目の失敗で諦める。3度目の受験で受かる人間はごく少数。

プレパにおける準備:週に30時間程度の授業、10時間の数学、10時間の物理、10時間の科学に加え、コンピューター・サイエンス、フランス文学と英語についても勉強する。授業の他に大量の宿題を課される。毎週、4時間の試験があり(週によって教科は変わる)、クラス内の順位が発表され、この順位は準備期間中ずっとついて回る。週に2~3回(各々1時間)Kholles(コール)と呼ばれる口述試験がある。コールには1人の教授に対し3人の学生が対峙し、教授に出されたそれぞれの質問に黒板を使って説明しながら答える。

試験内容:筆記試験は4時間の数学が2回、4時間の物理が2回、フランス語の論述、英文翻訳、そしてコンピューター・サイエンス、工業化学、化学の中から1教科を選択。1週間続く。だいたい一か月後に筆記試験の順位が発表され、上位の者が口述試験に呼ばれる。口述試験は数学に2コール、物理2コール、科学2コール、フランス語1コール、英語1コールとなる。筆記試験の過去問題はポリテクニークの準備用ウェブサイトで発表されている。

正装[編集]

学生制服
正装のコックドハット

学生の正装(Grand Uniforme)は、赤いストライプの入った黒ズボン(女性の場合はスカート)と金のボタンとベルトの付いた上衣、それにナポレオンも着用していたコックドハットen:Cocked hat)と呼ばれる二角帽子である。女子学生はかつては三角帽子を着用したが現在は男子学生と同じく二角帽子を着用している。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c About École Polytechnique”. École Polytechnique. 2015年9月11日閲覧。
  2. ^ Guide d'utilisation du logol”. 2015年9月11日閲覧。
  3. ^ École Polytechnique”. Boston MIT. 2013年11月2日閲覧。 “École Polytechnique (also called "X") is the most prestigious institution in Science and Engineering in France”
  4. ^ École Polytechnique”. Columbia University. 2013年11月2日閲覧。 “For more than two hundred years, Ecole Polytechnique, one of the most prestigious educational establishment in France, has been dedicated to educating students in Science and Technology and in advanced research, at the highest level.”
  5. ^ Ingénieur Polytechnicien Program”. Ecole Polytechnique. 2013年11月2日閲覧。 “The Ingénieur Polytechnicien program covers 4 years”
  6. ^ a b c d 田中 文憲「フランスにおけるエリート主義」、『奈良大学紀要』2007年3月、 13-32頁、 NAID 120002662257

関連項目[編集]

外部リンク[編集]