ジョゼフ・ジョフル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・ジャック・セゼール・ジョフル
Joseph Jacques Césaire Joffre
Joseph Joffre.jpg
1914年
渾名 パパ・ジョフル
生誕 1852年1月12日
ピレネー=オリアンタル県 リヴサルト
死没 (1931-01-03) 1931年1月3日(満78歳没)
パリ
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1871 - 1919
最終階級 陸軍中将[1][2][注釈 1]
テンプレートを表示

ジョゼフ・ジャック・セゼール・ジョフルフランス語: Joseph Jacques Césaire Joffreカタルーニャ語: Josep Jaume Cèsar Joffre i Plas1852年1月12日 – 1931年1月3日)はフランスの陸軍軍人。第一次世界大戦初期にフランス陸軍総司令官を務めた。

経歴[編集]

リヴサルト出身。カタルーニャ人のワイン樽職人の家に生まれる[3]1869年エコール・ポリテクニークを132人中席次14で卒業。陸軍に少尉として任官。砲兵連隊に配属される。1870年普仏戦争に従軍し、パリ攻囲戦に参加。1871年、工兵連隊所属になる。1872年中尉を拝命。パリ城壁の再構築やモントリニョンの要塞建築に携わる。1876年大尉に昇格。1885年からは台湾で任務に就く。清仏戦争の最中トンキンに赴任。1888年少佐となり1892年フランス領スーダンへ転属。現地での紛争解決の功績を認められ1894年中佐[4]1895年マダガスカルジョゼフ・ガリエニ将軍の元、ディエゴ・スアレス要塞の担当となった。1901年少将[1][2]に任ぜられる。1906年、パリの第6歩兵師団長となり、中将[1][2]に昇任。1907年エコール・ミリテール監督官。翌年にはアミアンの第2軍団の指揮を任された。1910年には戦争最高顧問となり、対ドイツ戦争の作戦策定に関わるようになる。

1911年にはガリエニ将軍の推薦を得てフランス陸軍最高司令官となった。同年に第二次モロッコ事件が起こると、イギリス軍のヘンリー・ヒューズ・ウィルソン元帥はパリに赴き、ジョフルに対独連携と有事の際の英軍の大陸派遣を提案した。両国の参謀本部が初めて連携した瞬間だったとジョフルは回顧する[5]。しかしながら、両国ともドイツ軍と戦うほどの力は持ち合わせていなかった。

1922年の訪日時
令夫人・令嬢と共に奈良を訪問。

そこで、ジョフルは最高司令官として陸軍の刷新を図り、アフェール・デ・フィッシュフランス語版[注釈 2]によって敢えて分散されていた指揮系統の集約を始める。また1913年7月には、3年間の徴兵制を導入。

1914年4月15日、対ドイツ軍事計画「プラン17」を導入。参謀本部のルイ・ド・グランドメゾンフランス語版大佐を中心として策定されたこの計画の目的は、普仏戦争で失ったアルザス=ロレーヌの奪還であった。またジョフル自身も兵の進路の策定に携わっている。しかし、ジョフルは軍を動かすだけの器を持ち合わせておらず、「参謀の使い方も知らない」と言われたほどであった[6]。議会で急進勢力が勢いを増すと司令官の職を解任される。

第一次世界大戦が勃発すると復権し、フランスはこの計画の下ドイツと戦うこととなった。同年、レジオンドヌールグランクロワ受章。緒戦におけるドイツの攻撃を防ぐことに成功するが、その後ヴェルダンの戦いソンム攻勢で大きな損害を受けると元帥の称号を得てニヴェルに最高司令官の座を譲った。1919年退役。アカデミー・フランセーズの会員となる。

1922年1月、前年の皇太子(昭和天皇)の欧州訪問に対する答礼使として家族同伴で来日し、東京や関西を訪問した [7]

栄典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フランス元帥は称号であって階級ではない。
  2. ^ 1904年~05年にかけて発覚した政治汚職

脚注[編集]

  1. ^ a b c それぞれ准将、少将相当官となるのは第二次世界大戦後。en:Major general#France文末参照。
  2. ^ a b c 『知っておきたい現代軍事用語【解説と使い方】』78頁、「著」・高井三郎、「発行」・アリアドネ企画、「発売」・三修社、2006年9月10日。
  3. ^ Dossier personnel de Joseph Jacques Césaire Joffre au château de Vincennes. Légion d'Honneur, no 1368/55. Acte de naissance : Ville de Rivesaltes, extrait des registres de l'état-civil.
  4. ^ Aldrich 1996, pp45-6
  5. ^ Joffre 1932, p. 16.
  6. ^ First World War – Willmott, H.P., Dorling Kindersley, 2003, Page 52
  7. ^ 世界の危急を救ったジョ元帥とマルヌ會戦 参謀総長 上原元帥談”. 大阪朝日新聞. (神戸大学電子図書館) (1922年1月20日). 2017年3月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • Joseph Joffre, Mémoires du Maréchal Joffre (1910-1917), Paris, éd. de l'Officine, 2008 (1re éd. 1932), 2 volumes (ISBN 978-2355510106)
軍職
先代:
ヴィクトル=コンスタン・ミシェル英語版
陸軍司令官
第?代:1911.7.28 - 1914
次代:
モーリス・サライユ英語版
前任:
ジュール・クラルティ
アカデミー・フランセーズ
席次35

第代:1918年 - 1931年
後任:
マキシム・ウェイガン