マキシム・ウェイガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マキシム・ウェイガン
Time Maxime Weygand 10 30 33 cropped.jpg
外国語 Maxime Weygand
生誕 1867年1月21日
ベルギー ブリュッセル
死没 1965年1月28日(満98歳没)
フランス パリ
所属組織 フランスの旗 フランス陸軍
軍歴 1885 - 1935
1939 - 1942
最終階級 陸軍大将
除隊後 ヴィシー政権下で国防相
テンプレートを表示

マキシム・ウェイガン(Maxime Weygand, 1867年1月21日 - 1965年1月28日)はフランス軍人

生涯[編集]

ベルギーブリュッセルで非摘出子として生まれ、裕福なユダヤ商人を後見人として、フランスで育った。外国籍のままサン・シール陸軍士官学校に入学し、1888年、フランスに帰化した。ベルギー国王レオポルド2世の隠し子という噂があるが、本人はノーコメントを貫いた。第一次世界大戦フェルディナン・フォッシュ元帥参謀長として偉功をたてた。

1920年、ロシア赤軍の反攻にさらされたポーランド軍事顧問として派遣され、同国の危機を救った(ポーランド・ソビエト戦争)。1923年にシリア高等弁務官となる。

帰国後の1930年に陸軍参謀総長、翌1931年には陸軍最高司令官に就任した。陸軍を近代化して軍事力を向上させようと真摯に努力したが、保守主義者で人の神経を逆なでする性格だったため、左派の政治家と協調できず副官のガムランとも不仲になった。1935年の退役後はスエズ運河の管理職ポストについた。

1939年の第二次世界大戦勃発とともに中近東軍総司令官に復帰。1940年5月、敗色の濃い中で連合軍総司令官に就任したが、ドイツとの休戦を主張し、同年フィリップ・ペタン対独協力政府の国防相、ついで1941年7月16日にフランス軍北アフリカ駐留軍総司令官兼アルジェリア総督となった。シャルル・ド・ゴールにもドイツにも協力を拒んだため、1942年からオーストリアのイッター城英語版に抑留され、1945年のイッター城の戦いを経てアメリカ軍に救助された。戦後は対独協力の容疑をかけられたが、1948年に無罪となった。その後は、多くの問題を取り上げた書籍や記事を発表した。

1931年以来のアカデミー・フランセーズ会員で「フランス陸軍史」「回顧録」などの著書がある。