エミール・クラペイロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミール・クラペイロン

ブノワ・ポール・エミール・クラペイロン[1]Benoît Paul Émile Clapeyron1799年2月26日 - 1864年1月28日)はフランス物理学者、工学者。パリ出身。蒸気機関の設計に従事し、カロリック説の信奉者であったが、熱力学クラウジウス-クラペイロンの式を発見するなどの業績を残した。

パリのエコール・ポリテクニークで、カルノー(1796-1832)と同時期に学生であった。1834年カルノーの考え方を発展させた論文を書いた。(カルノーは1832年に病死している。)可逆過程の概念を導入するなど、カルノーの考え方を数学的に定式化して発展させた。1844年からパリで国立土木学校で機械工学と力学の教授を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によっては名をブノワ・ピエール・エミール・クラペイロン(Benoît Pierre Émile Clapeyron)としている。