千葉サラブレッドセール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉サラブレッドセール(ちばサラブレッドセール、Chiba Thoroughbred Sale)とは、千葉県両総馬匹農業協同組合が主催する競走馬(2歳馬)のトレーニングセールである。

概要[編集]

毎年5月に船橋競馬場で行われる。上場馬はセール開始前に1400m外回りダートコースで2ハロンのタイム計測を行う[1]

2011年までは1歳馬のセールも行われていたが、2012年より廃止され、2歳馬のみのセールとなっている。2009年から社台ファームのバックアップが開始されると、上場馬の過半数を同ファームの生産馬が占めるようになり、血統レベルも向上している[1]

歴史[編集]

  • 1996年 - 千葉県富里市場にて「両国3歳市場」として創設[2]
  • 2003年 - 開催地を船橋競馬場に移転。総売上額が1億円を突破[2]
  • 2009年 - 社台ファームによる市場のバックアップが開始[2]
  • 2010年 - 総売上額が5億円を突破[2]
  • 2015年 - ディープインパクト産駒の牡馬「ムーンレディの2013」(エイシンフラッシュの半弟、後のマツリダバッハ)がセール史上最高価格の1億9,000万円(税別)で落札。また、総売上額が歴代1位の12億4,260万円(税別)を記録[2]
  • 2019年 - 総売上額が10億6,550万円(税別)を記録し、4年ぶり2度目の10億円超えを達成。売却率が歴代最高の93.3%を記録[2]

主な出身馬[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【千葉サラブレッドセール2019(2歳)】が開催!(写真&動画、結果概要や吉田市場長コメントなど)”. 馬市.com (2019年5月17日). 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 千葉サラブレッドセールについて”. 馬市.com. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]