安藤美冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あんどう みふゆ
安藤 美冬
生誕 (1980-01-09) 1980年1月9日(42歳)
日本の旗 山形県寒河江市
出身校慶應義塾大学法学部政治学科
職業作家コメンテーター
公式サイト&MIFUYU 安藤美冬公式サイト 安藤美冬オフィシャルブログ『LIFE TRAVELLER’S DIARY』

安藤 美冬(あんどう みふゆ、1980年1月9日 - )は、日本作家コメンテーター

人物・経歴[編集]

山形県寒河江市生まれ、東京都三鷹市育ち[1][2]世界史教師をしている父と海外文学が好きな母の間に生まれる[3][4]

1998年4月に慶應義塾大学法学部政治学科入学後[3]、国際交流事業「世界青年の船」への参加や、オランダアムステルダム大学への交換派遣留学(2001年8月〜2002年6月)、海外バックパック旅などを行い、数多くの国を旅した[3]

2004年3月に慶應義塾大学を卒業し、同年4月に集英社へ入社[3]。広告部や宣伝部で勤務した後、2010年9月に退職[3]。以後、フリーランスとして活動し、「新しい働き方のパイオニア[1]」「元祖ノマドワーカー(ノマドワーカーの先駆け[3])」と呼ばれた。2021年時点で全てのSNSを閉鎖している[1][5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『冒険に出よう』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012
  • 『ビジネスパーソンのためのセブ英語留学』東洋経済新報社 2016
  • 『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方』SBクリエイティブ 2016
  • 『20代のうちにやりたいこと手帳 2015年〜2019年』ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 『新しい世界へ』光文社 2021
  • 『「売れる個人」のつくり方』Clover出版 2021
  • 『つながらない練習』PHP研究所 2021

共著[編集]

  • 『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』 NHK出版 2013
  • 『シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場』学芸出版社 2015
  • 『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』SBクリエイティブ 2015
  • 『未来を動かす』バシャール共著 ヴォイス 2017

連載[編集]

  • anan(マガジンハウス)『シゴトイキカタ用語集』
  • ケトル(太田出版)『安藤美冬のコンビニお菓子評』
  • 現代ビジネス(講談社)『安藤美冬流 21世紀の歩きかた』
  • DRESS(gift)『自分だけの働き方の成功モデルをつくる』
  • Japan In-Depth『安藤美冬のトーキョークエスト』

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 2021年J-WAVE「TOPPAN INNOVATION WORLD ERA」
  • 2021年ニッポン放送「ラジオ新大陸」
  • 2021年朝日放送 ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]