キズナ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キズナ
Kizuna Tokyo-Yushun 2013(IMG1).jpg
2013年東京優駿
欧字表記 Kizuna
香港表記 高情厚意
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2010年3月5日(7歳)
抹消日 2015年9月24日[1]
ディープインパクト
キャットクイル
母の父 Storm Cat
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ノースヒルズマネジメント
(現・ノースヒルズ)
馬主 前田晋二
調教師 佐々木晶三栗東
厩務員 田重田静男
競走成績
生涯成績 14戦7勝
内訳
日本:12戦6勝
フランス:2戦1勝
獲得賞金 4億7639万9000円
34万8180ユーロ
 
勝ち鞍
GI 東京優駿 (2013年)
GII 京都新聞杯 (2013年)
GII ニエル賞 (2013年)
GII 大阪杯 (2014年)
GIII 毎日杯 (2013年)
テンプレートを表示

キズナ: Kizuna)は、日本競走馬馬名の由来はから。おもな勝ち鞍は2013年東京優駿ニエル賞京都新聞杯毎日杯2014年大阪杯

経歴[編集]

2歳(2012年)[編集]

デビューは10月7日京都競馬場の芝1800mの2歳新馬戦。厩舎の主戦である佐藤哲三が騎乗、最後はリジェネレーションとの競り合いを制し1番人気に応えてデビュー戦を制した。2戦目の黄菊賞は後方から差しきって2勝目を飾った。

しかし佐藤哲三が負傷のため休養を余儀なくされ、武豊に乗り代わった暮れの阪神ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは前目の競馬になったものの直線はエピファネイアに競り負けて3着に終わった。

3歳(2013年)[編集]

2013年毎日杯

3月3日弥生賞は1,000mの通過タイムが61秒6というスローペースの展開で後方からの競馬となり、直線追い込むも5着に敗れて皐月賞への優先出走権は獲れなかった。続く毎日杯ではハイペースの中、後方に位置し最後の直線で外から差し切り2着に3馬身差の圧勝で重賞初制覇を飾った。この勝利により、皐月賞に出走するために必要十分な賞金を加算したが、中2週続きとなるローテーションを嫌い、大目標である東京優駿制覇を見据えて陣営は皐月賞を回避、次走を京都新聞杯とすることにした。5月4日の京都新聞杯ではスタートで出遅れ、道中最後方からの競馬になるが、上がり34.5秒という末脚で他馬を圧倒、重賞2勝目を挙げた。

東京優駿表彰式

満を持して参戦することとなった5月26日の東京優駿の枠番は1枠1番。単勝2.9倍の1番人気に支持された。レースでは鞍上の武豊がスタート直後から位置取りを下げ、道中は後ろから3頭目あたりの後方待機策を取った。最終直線に向き追い出すが、進路が狭くなりややもたつくも徐々に進出、残り200mあたりから更に加速して、先行集団をゴボウ抜きし、ゴール直前に先に先頭に立っていたエピファネイアを捉え1/2馬身差をつけ優勝した。これがGI初制覇となり、鞍上の武豊は東京優駿通算5勝目となった。なお、武豊はキズナの父ディープインパクトにも騎乗して東京優駿を勝利しており、史上初の同一騎手による東京優駿父仔制覇となった。また青鹿毛初のダービー馬となった。

9月15日にフランス・ロンシャン競馬場で行われたニエル賞では道中後方からの競馬になり、直線で外に持ち出し先頭に立つと、内から来たルーラーオブザワールドの追撃を凌いで勝利した。10月に同競馬場で行われる凱旋門賞へと向かう[2]。3歳馬の凱旋門賞挑戦はヴィクトワールピサ以来2頭目となる。10月6日に行われた凱旋門賞では、道中後方2番手からレースを進め、フォルスストレート(偽りの直線)でオルフェーヴルの外側に密着しながら位置取りを上げていったが、トレヴの4着に終わった。

凱旋門賞の後は、ファン投票で2位に支持された有馬記念12月22日)に出走する方向でいたが、フランスからの帰国後の体調が思わしくなかったこともあってオーナーサイドと佐々木調教師が相談した結果、レース出走を取り止めとすることを決めた[3]

4歳(2014年)[編集]

2014年産経大阪杯

初戦は大阪杯。前年の菊花賞エピファネイアや牝馬二冠馬メイショウマンボと対戦する予定であることから有力馬が続々と出走を回避し、8頭立てで行われることとなった。道中最後方から最後の直線で鋭く伸び、粘るトウカイパラダイスをかわして優勝した[4]。しかし天皇賞(春)ゴールドシップとともに最後方から競馬となったが、最後の直線は思ったほど伸びず4着に敗れた。国内のレースで敗れたのは2013年3月の弥生賞以来約1年2ヶ月ぶりとなった。2日後の5月6日、骨折していることが判明した[5]。この影響により予定していた凱旋門賞への挑戦を断念。当初は有馬記念復帰を目標としていたが間に合わず、年明けの京都記念を目標にすることとなった。[6] また、休養中にはオーナーの前田幸治によって15年の有馬記念で引退する予定があることが発表された。[7]


5歳(2015年)[編集]

前年12月12日に帰厩して調整されたキズナは、予定通り第108回京都記念から始動。このレースには前年の桜花賞馬・ハープスターも出走、実績断然のこの2頭による2強対決と注目された。人気もこの2頭が僅差で最後まで競り合い最終的に2番人気で出走。9ヶ月ぶりの実戦、プラス22キロの馬体重と前残りのゆるい流れも災いし、直線でメンバー随一の末脚で猛追するも、逃げたラブリーデイスズカデヴィアスにハナ+クビ差届かず3着に敗れた。続く産経大阪杯ではキズナ自身含めGI馬6頭[8]が出走する中単勝オッズ1.4倍の断然人気に推されるも、最後の直線での追い比べで同じ父と母父を持つラキシスに敗れ2着だった。

続く天皇賞春では前年に続き1番人気に支持された。後方から競馬を進めると、コーナーで徐々に進出して直線で追い出された。しかし、末脚は鳴りを潜めて7着に終わった。距離が長かったことやスタミナが問われるキズナに向かない展開になったことが敗因とされる[9]

その後、5月13日に2015年の凱旋門賞の登録馬が発表されたが、キズナの名前はリストになかった[10]。佐々木調教師は「心身ともに疲れが出た」と遠征の断念を表明[11]。ただ、この段階では2016年度もワンアンドオンリーを伴っての凱旋門賞への出走を念頭において現役続行させることを前田幸治は宣言していた[12]

このため、この秋は国内に専念することになるも、9月20日、右前繋部浅屈腱炎を発症していたことが判明し、佐々木晶三がオーナーの前田晋二と相談した結果、ローテーションを全部白紙に戻してこのまま現役を引退することになり、前述の天皇賞(春)が引退レースとなった。武豊は、「復帰戦を楽しみにしていただけに、(引退は)非常に残念」とするコメントを残した[13]。9月24日付けで競走馬登録を抹消された[14][1]。9月24日、種牡馬としての準備のため、鳥取県大山ヒルズに移動した[15]。10月5日、JRAから北海道安平町社台スタリオンステーション種牡馬として繋養されることが発表された[16]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2012.10.07 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 7 5 5 02.0(1人) 1着 1:51.6(33.8) -0.3 佐藤哲三 55kg (リジェネレーション)
0000.11.11 京都 黄菊賞 芝1800m(稍) 10 4 4 02.0(1人) 1着 1:49.8(35.2) -0.4 佐藤哲三 55kg (トーセンパワフル)
0000.12.22 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S GIII 芝2000m(稍) 7 6 6 02.9(2人) 3着 2:05.5(34.5) 00.1 武豊 55kg エピファネイア
2013.03.03 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 12 5 6 06.4(3人) 5着 2:01.1(34.8) 00.1 武豊 56kg カミノタサハラ
0000.03.23 阪神 毎日杯 GIII 芝1800m(良) 13 5 6 01.5(1人) 1着 1:46.2(34.3) -0.5 武豊 56kg (ガイヤースヴェルト)
0000.05.04 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 16 3 5 01.4(1人) 1着 2:12.3(34.5) -0.2 武豊 56kg (ペプチドアマゾン)
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 1 1 02.9(1人) 1着 2:24.3(33.5) -0.1 武豊 57kg (エピファネイア)
0000.09.15 ロンシャン ニエル賞 G2 芝2400m(重) 10 3 8 07.8(2人) 1着 2:37.64( - ) 短アタマ 武豊 58kg Ruler of the World
0000.10.06 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m(稍) 17 11 14 0 4着 7馬身+クビ 武豊 56kg Treve
2014.04.06 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(良) 8 7 7 02.4(2人) 1着 2:00.3(33.9) -0.2 武豊 58kg (トウカイパラダイス)
0000.05.04 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 7 14 01.7(1人) 4着 3:15.2(34.0) 00.1 武豊 58kg フェノーメノ
2015.02.15 京都 京都記念 GII 芝2200m(良) 11 4 4 02.3(2人) 3着 2:11.5(33.3) 00.0 武豊 57kg ラブリーデイ
0000.04.05 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(不) 14 5 7 01.4(1人) 2着 2:03.2(36.0) -0.3 武豊 57kg ラキシス
0000.05.03 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 17 7 13 03.3(1人) 7着 3:15.2(34.9) -0.5 武豊 58kg ゴールドシップ

血統表[編集]

キズナ血統サンデーサイレンス系 / Northern Dancer 9.38% 5x4) (血統表の出典)[§ 1]
父系 Halo系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence(アメリカ
1986 青鹿毛
Halo
1969
Hail to Reason
1958
Cosmah
1953
Wishing Well
1975
Understanding
1963
Mountain Flower
1964
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair(アイルランド
1991 鹿毛
Alzao
1980 鹿毛
Lyphard
1969
Lady Rebecca
1971
Burghclere
1977
Busted
1963
Highclere
1971

*キャットクイル
Catequil(カナダ
1990 鹿毛
Storm Cat
アメリカ
1983 黒鹿毛
Storm Bird
1978 鹿毛
Northern Dancer
1961
South Ocean
1967
Terlingua
1976
Secretariat
1970
Crimson Saint
1969
母の母
Pacific Princess
1973 鹿毛
Damascus
1964
Sword Dancer
1956
Kerala
1958
Fiji
1960
Acropolis
1952
Riffi
1954
母系(F-No.) 13号族(FN:13-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5 x 4 [§ 4]
出典
  1. ^ netkeiba.com キズナ 5代血統表2017年6月21日閲覧
  2. ^ netkeiba.com キズナ 5代血統表2017年6月21日閲覧
  3. ^ netkeiba.com キズナ 5代血統表2017年6月21日閲覧
  4. ^ netkeiba.com キズナ 5代血統表2017年6月21日閲覧

脚注[編集]

  1. ^ a b キズナ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年9月23日). 2015年9月24日閲覧。
  2. ^ スポニチ Sponichi Annex キズナ、凱旋門賞へ!佐々木師「コース形態も合うと思う」
  3. ^ キズナが有馬記念回避、完調に遠い状態 日刊スポーツ 2013年12月8日閲覧
  4. ^ 前年クラシック馬対決はキズナに軍配!直線一気の快勝/大阪杯 netkeiba.com 2014年4月6日閲覧
  5. ^ キズナ骨折!春天レース中発症か 宝塚絶望、凱旋門賞も白紙 スポニチアネックス 2014年5月7日観覧
  6. ^ “キズナ、有馬断念!骨折全治9か月で復帰は京都記念目標”. スポーツ報知. (2014年5月14日). http://www.hochi.co.jp/horserace/20140513-OHT1T50168.html 2014年12月30日閲覧。 
  7. ^ キズナ来年の有馬記念で引退/ノースヒルズ前田氏×武豊騎手トークショー netkeiba.com 2014年12月30日閲覧
  8. ^ Netkeiba: 他の5頭はラキシススピルバーグロゴタイプカレンブラックヒルショウナンパンドラ
  9. ^ キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待 - 競馬TIMES
  10. ^ キズナ、凱旋門賞の一次登録に登録せず!武豊騎手とのフランス遠征は白紙か - 競馬TIMES
  11. ^ キズナ、凱旋門賞断念…佐々木師「心身ともに疲れが見えた」
  12. ^ キズナ来年も現役 前田幸治氏明言「ワンアンドと凱旋門賞」(スポーツ報知2015年7月12日 9月23日閲覧)
  13. ^ キズナ電撃引退!右前繋部浅屈腱炎を発症(スポーツ報知2015年9月20日 9月23日閲覧)
  14. ^ キズナ号が故障日本中央競馬会、2015年9月22日閲覧
  15. ^ 屈腱炎で引退のキズナ 鳥取県・大山ヒルズに移動(スポーツニッポン2015年9月24日 9月25日閲覧)
  16. ^ キズナは社台スタリオンステーションで種牡馬入りサンケイスポーツ、2015年10月7日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]