古久保健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古久保 健二
東北楽天ゴールデンイーグルス コーチ #97
K furukubo20160419.jpg
東京ドームにて(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府豊中市
生年月日 (1964-06-23) 1964年6月23日(52歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1982年 ドラフト6位
初出場 1985年4月10日
最終出場 2002年9月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

古久保 健二(ふるくぼ けんじ、1964年6月23日 - ) は、大阪府豊中市出身の元プロ野球選手捕手)、プロ野球指導者。

経歴[編集]

太成高校を経て、1982年ドラフト6位で近鉄バファローズに入団。1985年に一軍初出場を果たす。

当時の近鉄捕手陣は10年以上に渡って主戦だった梨田昌孝有田修三の「ありなしコンビ」に衰えが見え始めた頃で、年齢が近い山下和彦光山英和、古久保の3人で次世代の正捕手争いを繰り広げることになる。1988年、優勝がかかった10月19日の対ロッテオリオンズダブルヘッダー第1試合に途中出場するも9回表2死から代打・梨田が起死回生の勝ち越しタイムリーを放ち、9回裏に梨田がそのままマスクを被ったが、その前の捕手が古久保だった。なお古久保には代打は出されず、第1試合近鉄最後の打者でもあった(10.19も参照[1]1989年には山下との併用でリーグ優勝に貢献したが、読売ジャイアンツとの日本シリーズは手首を骨折し出場することができなかった。

1990年から数年間は強打と野茂英雄との相性の良さを買われて光山が正捕手的な立場にいたが絶対的な存在ではなく、山下の出場減もあって(その後山下は1994年オフに日本ハムファイターズへ移籍)光山と古久保の2人併用制が確立した。1995年には野茂の退団で光山の出場機会が減ったこともあり自己最多の113試合に出場している(なお光山は100試合以上出場したシーズンはない)。

この状況に大きな変化があったのは1997年で、開幕直前に光山がトレードで中日ドラゴンズへ移籍。さらに強肩の的山哲也、打撃に定評があった礒部公一の台頭により、打撃と肩に難があった古久保の出場機会も減少の一途を辿っていく。2000年には5試合しか出場しておらず、この時期の選手名鑑には『今年が現役最後のシーズンか』と書かれる有り様だった[2]

しかし2001年は、開幕前に前年の正捕手だった礒部が捕手失格の烙印を押され、開幕してからは投手陣が壊滅状態に陥ったことで、監督の梨田昌孝は古久保を再び起用するようになる。当初は不安定な投球が続いていた抑えの大塚晶文に対する専用捕手[3]の形であったが、シーズン後半にはスタメンの機会も増えた。特に岩隈久志との「親子バッテリー」[4]では大きな注目を集た。優勝へのマジックを1とした9月26日の対オリックス戦(大阪ドーム)では、9回無死満塁から古久保の代打となった北川博敏が日本プロ野球史上唯一の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定お釣りなしホームランを放って優勝を決めている[5]ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第4戦以外で捕手として先発出場[6]。12年越しで日本シリーズに出場したことになった。

2002年もシーズン中盤までは的山との併用ながらスタメンで活躍していたが、体力の限界からこの年限りで現役引退。同世代の山下や光山の陰に隠れていた時期も長かったが、3人の中で近鉄で現役生活を終えたのは古久保だけである。

引退後は2003年から2004年まで近鉄の二軍バッテリーコーチ、2005年から2008年まで中日ドラゴンズ二軍捕手コーチ、2009年から2012年まで東京ヤクルトスワローズ二軍バッテリーコーチ、2013年から2014年までオリックス・バファローズ一軍バッテリーコーチを務めた。2015年からは韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの一軍バッテリーコーチを務めたが、同年10月8日に来季の契約を結ばないことが明らかになった[7]。10月13日に2016年から東北楽天ゴールデンイーグルス一軍バッテリーコーチに就任することが発表された[8]

趣味はテニスであるが、選手名鑑の趣味欄に一時期「人の欠点探し」なる表記があった[要出典]。また週刊ベースボールの選手名鑑号[いつ?]では毎年趣味欄に「親友・池谷幸雄のテレビ鑑賞」と表記されていた。

選手としての特徴[編集]

肩は強い方ではなかったがブロックの良さと強気のリードに定評があり、経験面も考慮されて現役晩年に再び出場機会を増やすことになった。

打撃面では打率が2割を切るシーズンも多かったが、ツボにはまれば強い打球を飛ばす意外性を持ち合わせていた。古久保自身は自らの本塁打を「びっくり箱」と呼んでおり、それ以来、打撃に難があるとされる捕手が本塁打を打つとこう呼ばれるようになった。特に現役最終年の2002年8月3、4日の東京ドームでの対日本ハム17、18回戦では2日連続ホームラン(2、3号)を放っている。ちなみに「びっくり箱」の代表格とされた的山哲也と古久保の通算打撃成績を比較すると、古久保が打率.204・378安打・38本塁打・186打点、的山が打率.206・423安打・40本塁打・201打点と近い数字が並んでいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 近鉄 14 12 10 2 4 2 0 0 6 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 .400 .500 .600 1.100
1986 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1987 28 38 34 4 10 2 0 0 12 5 1 0 2 1 1 0 0 12 0 .294 .306 .353 .658
1988 29 50 48 2 8 3 0 1 14 5 0 0 1 0 1 0 0 16 0 .167 .184 .292 .475
1989 65 120 105 10 18 3 0 2 27 6 0 0 4 1 9 0 1 27 3 .171 .241 .257 .499
1990 33 51 44 4 11 2 0 2 19 6 1 1 3 2 1 0 1 13 1 .250 .271 .432 .703
1991 69 181 164 16 37 7 0 3 53 11 1 1 9 0 8 0 0 39 4 .226 .262 .323 .585
1992 78 204 174 19 36 6 2 4 58 17 0 2 13 0 17 0 0 49 1 .207 .277 .333 .611
1993 65 180 163 18 37 7 0 5 59 17 2 0 5 3 5 0 4 31 1 .227 .263 .362 .625
1994 87 218 193 22 39 10 0 6 67 26 1 1 15 1 8 0 1 67 8 .202 .236 .347 .584
1995 113 340 299 18 57 17 1 3 85 35 2 1 20 1 19 0 1 89 4 .191 .241 .284 .525
1996 67 176 150 16 31 7 0 4 50 18 0 2 10 2 12 0 2 52 3 .207 .271 .333 .604
1997 79 151 136 14 39 11 1 2 58 11 0 0 6 0 9 0 0 37 0 .287 .331 .426 .758
1998 58 40 33 1 2 0 0 0 2 0 0 0 5 0 2 0 0 15 1 .061 .114 .061 .175
1999 51 91 80 7 15 3 0 3 27 10 0 1 1 0 10 0 0 27 2 .188 .278 .338 .615
2000 5 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .000 .125 .000 .125
2001 53 121 100 6 14 1 2 0 19 8 0 0 12 2 6 0 1 32 1 .140 .193 .190 .383
2002 45 127 114 9 20 3 0 3 32 10 0 0 11 0 2 0 0 34 0 .175 .190 .281 .470
通算:18年 943 2108 1854 168 378 84 6 38 588 186 8 9 117 13 112 0 12 541 30 .204 .252 .317 .569

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1985 12 4 4 0 .000
1986 4 2 2 0 .000
1987 28 20 12 8 .400
1988 26 12 9 3 .250
1989 61 28 17 11 .393
1990 31 23 16 7 .304
1991 69 47 33 14 .298
1992 78 60 39 21 .350
1993 64 56 36 20 .357
1994 86 47 25 22 .468
1995 112 104 71 33 .317
1996 66 59 40 19 .322
1997 78 49 35 14 .286
1998 58 22 20 2 .091
1999 51 40 29 11 .275
2000 4 1 1 0 .000
2001 51 33 29 4 .121
2002 45 38 34 4 .105
通算 924 645 452 193 .299

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57 (1983年 - 1993年)
  • 27 (1994年 - 2002年)
  • 88 (2003年 - 2004年)
  • 86 (2005年 - 2008年)
  • 78 (2009年 - 2012年)
  • 81 (2013年 - 2014年)
  • 87 (2015年)
  • 97 (2016年 - )

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
参考文献の略称
  1. ^ さらば P22
  2. ^ '99プロ野球12球団全選手百科名鑑 日本スポーツ出版社
  3. ^ さらば P98
  4. ^ さらば P98
  5. ^ さらば P32
  6. ^ さらば P144
  7. ^ 西本、立石コーチらハンファを退団デイリースポーツ2015年10月8日配信
  8. ^ 新任コーチに関して 楽天公式サイト2015年10月13日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]