谷崎浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷崎 浩二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1957-05-07) 1957年5月7日(60歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト4位
初出場 1981年7月1日
最終出場 1989年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷崎 浩二(たにざき こうじ、1957年5月7日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大分・津久見高では2年生の時、控え投手として1974年春の選抜に出場。1回戦で先発に起用されるが、杉村繁のいた高知高に敗退[1]。翌1975年夏の甲子園予選でも中九州大会決勝に進むが、九州学院に大敗し甲子園出場を逸する。

高校卒業後は、社会人野球九州産交に入社。1978年ドラフト会議近鉄バファローズから4位指名を受け、1年遅れの1979年11月に入団。

スライダーを武器に1981年に一軍に上がるが、あまり活躍の場はなかった。二軍では1982年は最多勝・最優秀防御率、1983年は最多勝のタイトルを獲得。1983年には一軍初先発も果たすが、腰痛のため思うような投球ができなくなり、サイドスロー転向などの模索も実を結ばず未勝利に終わる。1989年限りで現役引退。引退後は打撃投手として近鉄に残った。

近鉄球団消滅後の2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍して打撃投手を務めたが、肩の負傷のため2009年オフに退団した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 近鉄 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 47 10.1 13 3 3 0 1 13 0 0 7 7 6.10 1.55
1982 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 43 9.0 15 3 6 0 0 4 2 0 10 10 10.00 2.33
1983 12 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 146 32.2 34 2 21 0 0 12 0 0 14 13 3.58 1.68
1984 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.1 2 1 0 0 0 0 0 0 2 2 13.50 1.50
1985 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 2.0 2 1 0 0 0 2 0 0 2 2 9.00 1.00
1987 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.1 4 1 0 0 0 1 0 0 2 2 7.71 1.71
1988 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 69 16.1 13 2 4 3 2 9 0 0 7 5 2.76 1.04
1989 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 54 10.2 13 2 10 0 0 7 0 0 13 8 6.75 2.16
通算:8年 41 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 383 84.2 96 15 44 3 3 48 2 0 57 49 5.21 1.65

記録[編集]

  • 初登板:1981年7月1日、対南海ホークス前期13回戦(日本生命球場)、8回表より2番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初先発:1983年4月24日、対南海ホークス3回戦(大阪球場)、1回1/3を1失点で勝敗つかず

背番号[編集]

  • 14 (1980年 - 1986年)
  • 37 (1987年 - 1989年)
  • 97 (1990年)
  • 107 (1991年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]