木村孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市
生年月日 (1958-09-18) 1958年9月18日(63歳)
身長
体重
187 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1980年 ドラフト3位
初出場 1981年4月5日
最終出場 1987年7月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

木村 孝(きむら たかし、1958年9月18日 - )は、大阪府東大阪市[1]出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ

来歴・人物[編集]

近大附高では3年次の1976年夏の甲子園府予選準決勝に進出するが、山村勝彦のいた大鉄高に延長10回敗退。高校卒業後は1977年近畿大学へ進学し、関西六大学リーグでは4年次の1980年春季で優勝を経験したほか、同年の全日本大学野球選手権大会では準決勝で駒大に敗れる。

同年のドラフト3位で日本ハムファイターズに入団[1]。2年目の1982年には主に左翼手として46試合に先発出場、岡持和彦らと定位置を争う。3年目の1983年二村忠美が入団するとポジションを譲るが、その後も外野の準レギュラーとして先発・守備固め・代走など幅広く起用される。1987年限りで現役引退[1]

引退後は日本ハムでスカウト(1988年, 1994年 - 2014年)、二軍外野守備走塁コーチ(1989年 - 1993年)を務めた[1]。スカウト時代の後期には、大学の後輩に当たる糸井嘉男などの獲得に尽力した[2]

2014年限りで日本ハムを退団したことを機に、学生野球資格の回復に向けて講習会を受講。回復の目途が立ったことから、2015年2月1日付で愛知学院大学監督に就任。実際には2015年3月4日付で日本学生野球協会から回復を認定された[3]ため、同年の愛知大学野球春季リーグ戦の直前から指導を開始。そのリーグ戦でチームを優勝に導くと、全日本大学野球選手権大会に出場した。監督時代の教え子で、卒業後にNPB入りを果たした選手に、大藏彰人がいる。

しかし、2018年の春季リーグ戦直前に、複数の野球部員による部内での不祥事が発覚。その責任を取る格好で、同リーグ戦の期間中のみ、指導を自粛した[4]。後に指導を再開したが、2019年2月6日付で監督を退任。同校OBで、巨人投手・スカウトであった益田明典が、木村と同じ経緯で監督職を引き継いだ[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 日本ハム 100 34 29 16 6 2 0 0 8 0 7 1 2 0 0 0 3 8 0 .207 .281 .276 .557
1982 112 200 184 25 43 4 1 3 58 19 13 6 4 1 7 0 4 33 3 .234 .276 .315 .591
1983 78 79 76 14 23 4 0 1 30 6 7 3 0 0 1 0 2 12 0 .303 .329 .395 .724
1984 91 102 85 17 19 1 1 2 28 8 3 5 7 0 7 0 3 23 0 .224 .305 .329 .635
1985 82 37 32 12 5 0 0 0 5 6 3 1 1 1 3 0 0 12 0 .156 .222 .156 .378
1986 8 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1987 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:7年 472 452 406 87 96 11 2 6 129 39 33 16 14 2 18 0 12 88 3 .236 .288 .318 .605

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1981年)
  • 9 (1982年 - 1987年)
  • 89 (1989年 - 1994年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]