岡持和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡持 和彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都豊島区
生年月日 (1951-09-09) 1951年9月9日(70歳)
身長
体重
177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1969年 ドラフト6位
初出場 1970年10月15日
最終出場 1988年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 日本ハムファイターズ (1989 - 1994)

岡持 和彦(おかじ かずひこ、1951年9月9日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手投手外野手)・コーチ東映フライヤーズ、日拓ホームフライヤーズ、日本ハムファイターズに所属していた。

来歴・人物[編集]

立教高校では3年次の1969年夏の甲子園西関東大会でエースとしてチームを県予選準決勝まで進出させる原動力となったが、川越工に敗退。左腕からの速球が武器で、打撃も優れ、高校時代の通算打率は.350。高校同期に内野手坂口雅久がいた。

同年のドラフト6位で東映フライヤーズに入団し[1]、当初は投手であったが2試合のみの登板で外野手に転向[1]。控えでの起用が多く、19年に及ぶ現役生活では一度も規定打席に到達したことがなかった。しかし1977年には二番打者、右翼手の定位置を得て活躍、夏場に故障欠場したものの打率.282の好成績を記録した。巨人との1981年の日本シリーズでは、第1戦に加藤初から同点本塁打を放ち、10打数2安打2打点。1985年にはマイク・パターソンとの併用ながら115試合に出場、打率.291、10本塁打をマークし、勝負強い打撃からクリーンアップを任されることもあった。東映フライヤーズ経験者としては最後の現役選手となり、日本ハムの東京ドーム移転初年度となった1988年に現役を引退した[1]。岡持の引退により、東映/日拓ホームフライヤーズに所属した選手が全員引退した。

引退後も日本ハムに残り、二軍打撃コーチ(1989年 - 1991年)、一軍外野守備兼打撃コーチ補佐(1992年)、一軍打撃コーチ(1993年 - 1994年)も務めた[1]

私生活で母の扶養などもあり永年独身を通しており、元近鉄栗橋茂、元日本ハム - 西武行沢久隆らとともに『週刊ベースボール』の読者コーナーの独身ネタの標的にされていたが、引退直前に13歳年下の一般人女性と結婚し話題を呼んだ。妻との間には娘2人がいる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 東映 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 13 3.0 1 0 4 0 0 0 0 0 1 1 3.00 1.67
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 13 3.0 1 0 4 0 0 0 0 0 1 1 3.00 1.67

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 東映
日拓
日本ハム
2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1973 32 33 32 2 7 1 0 2 14 7 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .219 .242 .438 .680
1974 80 183 175 13 41 11 0 1 55 10 3 1 2 0 5 0 1 37 0 .234 .260 .314 .574
1975 88 246 224 31 61 11 1 7 95 25 1 1 2 2 17 0 1 39 5 .272 .324 .424 .748
1976 67 152 140 16 35 4 0 3 48 15 3 1 0 0 10 0 2 19 4 .250 .309 .343 .652
1977 108 327 305 36 86 13 1 5 116 27 5 4 4 1 14 0 3 29 4 .282 .319 .380 .699
1978 79 182 160 25 48 7 1 3 66 17 3 3 5 0 13 0 4 18 3 .300 .367 .413 .780
1979 61 115 107 11 25 4 0 4 41 15 2 2 1 0 6 0 1 18 0 .234 .281 .383 .664
1980 79 151 133 11 29 4 1 5 50 16 0 0 2 1 14 0 1 25 1 .218 .295 .376 .671
1981 41 99 89 13 28 6 0 3 43 12 0 0 0 0 10 0 0 16 1 .315 .384 .483 .867
1982 82 210 186 19 42 13 1 6 75 21 1 1 2 1 17 1 4 26 5 .226 .303 .403 .706
1983 65 141 110 14 29 4 0 4 45 18 1 0 0 3 25 1 3 22 1 .264 .404 .409 .813
1984 49 133 116 17 28 2 0 5 45 16 0 0 1 0 15 0 1 15 4 .241 .333 .388 .721
1985 115 321 292 25 85 13 0 10 128 46 0 3 1 2 22 0 4 32 6 .291 .347 .438 .785
1986 81 150 133 11 35 2 0 7 58 23 0 1 1 1 15 1 0 23 3 .263 .336 .436 .772
1987 97 280 243 29 75 16 0 9 118 36 0 1 2 1 34 5 0 44 7 .309 .392 .486 .878
1988 92 268 243 14 44 9 0 4 65 28 2 0 0 1 23 3 1 43 3 .181 .254 .267 .521
通算:17年 1218 2991 2688 287 698 120 5 78 1062 332 21 18 23 13 241 11 26 413 48 .260 .325 .395 .720
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1970年 - 1976年)
  • 7 (1977年 - 1988年)
  • 75 (1989年 - 1994年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、115ページ

外部リンク[編集]