倉持明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉持 明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市中区
生年月日 1952年7月20日(64歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト4位
初出場 1972年
最終出場 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

倉持 明(くらもち あきら、1952年7月20日 - )は、神奈川県横浜市中区出身の元プロ野球選手投手)。2015年現在は野球解説者。愛称は「クラさん」「ヒゲクラ」。

2男1女の父で、長女は元AKB48メンバーの倉持明日香[1]

来歴・人物[編集]

横浜第一商業高等学校(現:横浜商科大学高等学校)では、エース、五番打者として1970年夏の甲子園県予選決勝に進出。東海大相模の投手・上原広一(東海大)と投げ合うが、5-12で敗退。東海大相模は甲子園で優勝する。同年にヤクルトアトムズからドラフト12位指名されるも拒否し、日本鋼管に入社。都市対抗予選で活躍するが、本大会には出場できなかった。

1972年ドラフト4位ロッテオリオンズ入団。1977年に、長谷川一夫とともに、安木祥二白仁天との交換トレードで、クラウンライターライオンズに移籍し、1979年に、古賀正明とともに、山崎裕之成重春生との交換トレードでロッテに復帰。1980年に、パシフィック・リーグ最多の18セーブをマークした。なお、この年の最優秀救援投手賞は、13セーブながら救援勝利が6個あった金城基泰南海)が1P差で受賞した。クローザーの草分け的存在[注 1]で、「9回裏無死満塁ボールカウント 3ボール0ストライク(=一球仕損じればサヨナラ負け)」という大ピンチの状況から抑えること5度。“炎のストッパー”と評された。

1983年西井哲夫と交換トレードでヤクルトに移籍し、同年、戦力外通告引退[2]

現役時代から「アートネイチャー」のCMにも出演しており、「倉持明 29歳 あだ名は『ヒゲクラ』」と紹介されていた。1982年には開幕戦直前に頭髪の薄い者が集まり「倉持選手をハゲます会」という会が発足するほどの人気であった[2]。この年のオフに西井とのトレードによってヤクルトに移ると、アートネイチャー側は「巨人戦との兼ね合いで、今度はテレビの露出も多くなる」と大歓迎するほどだったという。

引退後は河合製薬の営業職やテレビ東京の解説者を経て、2015年現在は保険代理店を経営しつつ[要出典]千葉テレビ放送CTCマリーンズナイター』で解説者を務める[3]。野球理論と豊富な知識を兼ね備えた解説が特徴で、敵味方を問わない毒舌解説をしている。また投手出身だけあって、投手の立場で話すスタイルの解説を得意としている。アナウンサーの黒沢幸司は高校の後輩である。

2010年9月7日に神宮球場で開催されたヤクルト対広島第17回戦では、長女の明日香がAKB48の派生ユニット「フレンチ・キス」の一員として試合前に登場。現地で娘の披露したノーバウンドの始球式を見守った。さらに2012年7月18日DeNA対ヤクルト戦でも娘の始球式を見守った[注 2]2013年5月18日のヤクルト対ロッテ戦では、明日香が投げる球を受けるキャッチャーとして、親子での始球式が実現したが、明日香の投じたボールは一塁側に大きくはずれ、2バウンドしてから倉持のミットに収まった[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 ロッテ 4 2 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 47 10.1 9 1 8 0 2 2 0 0 4 4 3.60 1.65
1973 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 21 4.0 5 0 5 0 1 1 0 0 4 4 9.00 2.50
1974 5 1 1 0 0 1 0 0 -- 1.000 60 14.1 11 2 10 0 0 14 1 0 6 6 3.86 1.47
1975 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.0 4 1 3 0 0 5 0 0 3 1 2.25 1.75
1976 31 0 0 0 0 2 2 2 -- .500 275 64.2 52 9 36 2 3 40 1 0 20 19 2.63 1.36
1977 クラウン 8 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 112 25.1 24 5 17 0 0 12 2 0 15 13 4.68 1.62
1978 15 9 4 0 0 5 4 0 -- .555 271 67.2 65 3 9 0 2 29 0 0 23 20 2.65 1.09
1979 ロッテ 33 5 0 0 0 1 3 6 -- .250 322 75.1 81 17 17 1 4 38 0 0 41 36 4.32 1.30
1980 39 0 0 0 0 0 2 18 -- .000 275 71.1 49 6 13 2 0 50 0 0 17 17 2.15 0.87
1981 40 0 0 0 0 5 4 11 -- .555 245 56.2 57 9 22 4 2 37 1 0 26 26 4.11 1.39
1982 9 0 0 0 0 1 2 3 -- .333 42 10.2 11 1 2 0 0 5 0 0 3 3 2.45 1.22
1983 ヤクルト 17 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 125 26.2 23 2 23 2 1 18 0 0 14 14 4.73 1.73
通算:12年 206 18 5 0 0 17 21 40 -- .447 1815 431.0 391 56 165 11 15 251 5 0 176 163 3.40 1.29
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1972年 - 1976年)
  • 18 (1977年 - 1978年)
  • 21 (1979年 - 1982年)
  • 16 (1983年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

(2015年現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 投手分業制はこの当時まだ確立されておらず、高校野球と同様に一人の投手が開始から終了まで200球近くを投げ抜くのが当たり前だった。
  2. ^ 明日香の投球はワンバウンドし、打席に入ったDeNA・内村賢介の体に当たった。

出典[編集]

関連項目[編集]