倉持明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倉持 明
リストグループ 監督 #46
Akira Kuramochi.jpg
ロッテOBとして登場(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市中区
生年月日 (1952-07-20) 1952年7月20日(70歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト4位
初出場 1972年
最終出場 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

倉持 明(くらもち あきら、1952年7月20日 - )は、神奈川県横浜市中区出身の元プロ野球選手投手)・解説者

愛称は「クラさん」「ヒゲクラ」。

2男1女の父で、長女は元AKB48メンバーの倉持明日香[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜一商では3年次の1970年夏の甲子園神奈川大会でエース兼5番打者として、決勝で東海大相模と対戦。卒業後に東海大でプレーする上原広と投げ合ったが、5-12というスコアで大敗。一方の東海大相模は、この勝利によって本大会へ出場した末に優勝している。倉持自身は秋のドラフトヤクルトアトムズから12位で指名されたが、入団を固辞している。

卒業後は1971年日本鋼管へ入社し、都市対抗の予選で活躍したが、本大会への出場には至らなかった。同年のドラフト4位でロッテオリオンズに指名され、入団に踏み切った[2]

プロ入り後[編集]

入団1年目の1972年から一軍登板を果たし、チームがリーグ優勝・日本一を果たした1974年までは先発とリリーフを兼ねる。同年の最終戦となった10月1日阪急戦(西京極)では岡田幸喜切通猛から本塁打を浴びるが、プロ入り後初めての完投勝利を記録。実際には右腕に血行障害が生じていた[3]ため、1975年からリリーフに専念。1976年には31試合に登板して初セーブを記録するが、1977年春季キャンプ前の1月17日付で、安木祥二白仁天との交換トレードで、長谷川一夫と共にクラウンライターライオンズへ移籍[2]。元々はオーバースローで投げていたが、この時期には前述した血行障害の影響で長いイニングを投げられなくなっていたため、移籍後にアンダースローへ転向[3]1978年には9試合の先発登板で4完投を記録するほど右腕のコンディションが回復していたが、クラウンライターとの間で命名権契約を結びながらライオンズを運営していた福岡野球株式会社は、1978年のシーズン終了直後にライオンズの経営権を国土計画へ売却。ライオンズはこの売却によって「西武ライオンズ」として新本拠地の所沢で再スタートを切ったものの、倉持は1979年にロッテへ復帰。かつてのチームメイトであった山崎裕之成重春生との交換トレードによる3年振りの復帰で、クラウンからは古賀正明も倉持と共にロッテへ移籍している[2]

ロッテ復帰後に投球フォームをオーバースローへ戻すと、役割をストッパーに固定された1980年[注 1]にリーグ最多の18セーブをマークしたが、リーグ最優秀救援投手のタイトルを獲得するまでには至らなかった。このタイトルはセーブポイント(セーブ数と救援勝利数の合計)を最も多く記録した投手に与えられていて、実際にタイトルを獲得した金城基泰南海)のポイントが19(13セーブ+6救援勝利)であったのに対して、倉持は18セーブを記録しながら救援で白星が付かなかったことによる。

その一方で、29歳になった1981年からは、アートネイチャーテレビCMに出演。頭髪が薄いことに加えて、ヒゲ(口髭)を生やしていたことから、CMでは「倉持明 29歳 あだ名は『ヒゲクラ』」と紹介された。このCMは倉持の知名度を大いに高めたばかりか、1982年には、頭髪の薄い男性ファンがレギュラーシーズンの開幕前に「倉持選手をハゲます会」を発足する事態にまで至った。開幕後は9試合しか登板できず、1983年西井哲夫との交換トレードでヤクルトスワローズへ移籍。かつて入団を固辞していたアトムズの後継球団に移籍してからもアートネイチャーのCM出演を継続し、ヤクルトは巨人と同じセ・リーグに加盟していることから、アートネイチャー側は「巨人戦中継との兼ね合いで(ロッテ時代に比べて)テレビへ露出する機会が増える」として、倉持のヤクルト移籍を大いに歓迎していたという。その一方で、当時のヤクルトでは日本人選手が口髭を生やすことを内規で禁じていたため、移籍を機に髭を剃った。移籍後はリーグ戦17試合に登板したが、3敗に終わる。シーズン終了後に球団から戦力外通告を受け、同年限りで現役を引退。

NPBにおいて「抑え専業投手の先駆け」とされる投手の1人で、3点リードでの救援登板中にサヨナラ負け寸前の局面(9回裏無死満塁ボールカウント3ボール0ストライク)を5度にわたって凌いだことから、「炎のストッパー」とも呼ばれていた[4]

現役引退後[編集]

引退後もアートネイチャーのテレビCMへの出演を続けながら、河合製薬で営業職として勤務し、サラリーマン生活の傍らでテレビ東京解説者(1984年 - 1992年)も務めた。現在は横浜市内で保険代理店を経営する[4]傍ら、千葉テレビ放送マリーンズナイター』解説者(1992年 - )を務める[5]。解説者としては、野球理論と豊富な知識を兼ね備えつつ、投手の立場から敵味方を問わずに毒舌を振るうことが特徴であり、『マリーンズナイター』では高校の後輩に当たる黒沢幸司フリーアナウンサー)と共演することが多い。

さらに、リストグループが運営する軟式野球チームを指導。当初はコーチ[6]、現在は監督を務めている[7][8]

家族[編集]

長女の倉持明日香は高校3年時まで歯科衛生士を志していたが、「父(明)のようにテレビに出られるようになりたい」という理由で、2007年AKB48第一回研究生(4期生)オーディションを受験した。明はオーディションへの応募に当初反対していたが、明日香の熱意に押される格好で応募を認めたという。結局、明日香はオーディションへの合格をきっかけに、AKB48のメンバーとして芸能界へデビュー。 在籍中の2012年4月14日から古田敦也(元・ヤクルト捕手→捕手兼任監督)とのコンビで『SPORTS X』(BS朝日のスポーツエンターテインメント番組)に4年間出演していたほか、2015年8月17日にAKB48を卒業してからは、「スカパー!プロ野球」のPRアンバサダーを務めている。

ちなみに明日香は、AKB48への在籍中に、NPBレギュラーシーズン公式戦の始球式を3度にわたって経験。「フレンチ・キス」(AKB48の派生ユニット)の一員として登場した2010年に9月7日のヤクルト対広島東洋カープ第17回戦(明治神宮球場)と、単独で臨んだ2012年7月18日の横浜DeNAベイスターズ対ヤクルト戦(横浜スタジアム)の始球式については、いずれも明が上記の球場で 見届けていた。さらに、2013年5月18日のヤクルト対ロッテ戦(神宮)で、親子バッテリーによる始球式が初めて実現。明は捕手役を務めたものの、明日香が投じたボールは、一塁側に大きく外れた末にツーバウンドで明のキャッチャーミットに収まった[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 ロッテ 4 2 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 47 10.1 9 1 8 0 2 2 0 0 4 4 3.60 1.65
1973 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 21 4.0 5 0 5 0 1 1 0 0 4 4 9.00 2.50
1974 5 1 1 0 0 1 0 0 -- 1.000 60 14.1 11 2 10 0 0 14 1 0 6 6 3.86 1.47
1975 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.0 4 1 3 0 0 5 0 0 3 1 2.25 1.75
1976 31 0 0 0 0 2 2 2 -- .500 275 64.2 52 9 36 2 3 40 1 0 20 19 2.63 1.36
1977 クラウン 8 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 112 25.1 24 5 17 0 0 12 2 0 15 13 4.68 1.62
1978 15 9 4 0 0 5 4 0 -- .556 271 67.2 65 3 9 0 2 29 0 0 23 20 2.65 1.09
1979 ロッテ 33 5 0 0 0 1 3 6 -- .250 322 75.1 81 17 17 1 4 38 0 0 41 36 4.32 1.30
1980 39 0 0 0 0 0 2 18 -- .000 275 71.1 49 6 13 2 0 50 0 0 17 17 2.15 0.87
1981 40 0 0 0 0 5 4 11 -- .556 245 56.2 57 9 22 4 2 37 1 0 26 26 4.11 1.39
1982 9 0 0 0 0 1 2 3 -- .333 42 10.2 11 1 2 0 0 5 0 0 3 3 2.45 1.22
1983 ヤクルト 17 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 125 26.2 23 2 23 2 1 18 0 0 14 14 4.73 1.73
通算:12年 206 18 5 0 0 17 21 40 -- .447 1815 431.0 391 56 165 11 15 251 5 0 176 163 3.40 1.29
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1972年 - 1976年)
  • 18 (1977年 - 1978年)
  • 21 (1979年 - 1982年)
  • 16 (1983年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時のNPBでは、「投手分業制」が一部のチームにしか確立されておらず、1人の投手が試合の開始から終了まで200球近くを投げることを「当然」とみなす風潮がまだ強かった。

出典[編集]

  1. ^ ぴいぷる:倉持明&明日香 父から娘へプロ魂キャッチ! 夕刊フジ2008年9月23日
  2. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、202ページ
  3. ^ a b ベースボール・マガジン社(2022)『俺たちのパシフィック・リーグ クラウンライター・ライオンズ』「スター捕手の『原点』 若菜嘉晴」(20ページ)を参照。若菜とはクラウン時代の正捕手で、同書の31ページには、登板試合でアンダースローでの投球動作に入る倉持の姿を映したモノクロ写真が掲載されている。
  4. ^ a b ぴいぷる:倉持明&明日香 父から娘へプロ魂キャッチ! 夕刊フジ2008年9月23日
  5. ^ マリーンズナイター - チバテレ|千葉テレビ放送株式会社
  6. ^ 10指に余るRBAの元プロ野球選手”. RBAタイムズ. 2020年9月23日閲覧。
  7. ^ 8/1 対リストグループ戦試合結果 トラバース野球部”. TRAVERS(トラバース)野球部のブログ (2018年8月4日). 2020年9月23日閲覧。
  8. ^ 投げて打って倉持さんを胴上げだ!元西武 リスト斉藤彰吾 決意語る”. 日本不動産野球連盟 (2020年3月17日). 2020年9月23日閲覧。
  9. ^ AKB48倉持明日香、父娘で初始球式! 父「しょーもないボール」に娘「35点」 マイナビニュース2013年5月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]