木村広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県南高来郡加津佐町
生年月日 (1953-08-17) 1953年8月17日(67歳)
身長
体重
182 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト5位
初出場 1980年9月5日
最終出場 1985年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木村 広(きむら ひろし、1953年8月17日 - )は、長崎県南高来郡加津佐町出身の元プロ野球選手。太平洋クラブライオンズ・クラウンライターライオンズ・西武ライオンズ日本ハムファイターズ横浜大洋ホエールズに所属した。ポジションは投手。1976年にプロ入りし、1985年限りで引退した。

来歴・人物[編集]

口加高校では1971年夏の全国高等学校軟式野球選手権決勝で浜田高を降し、優勝投手に輝く。卒業後、日本大学へ進学し1974年に硬式に転向。東都大学野球リーグでは優勝に届かず、1974年秋季リーグ後に二部降格(1季のみ)も経験する。リーグ通算3勝1敗。大学同期に岩沢建一、1年下に佐藤義則がいた。

1976年にドラフト5位指名で太平洋クラブライオンズへ入団。入団後4年間は2軍で燻っていたが、1980年に初の1軍入りを果たした。以降は徐々に登板機会を増やしたが、1983年オフ、江夏豊投手との交換トレードで柴田保光投手と共に日本ハムファイターズに移籍。しかし移籍先のファイターズでは10試合の登板に終わり、翌年暮れに戦力外通告を受けた。1985年横浜大洋ホエールズに在籍し、読売ジャイアンツ戦にてプロ入り初先発を果たし4回まで好投した。だが、ここでも出番は少なく(登板11試合)、この年限りで引退した。スリー・クォーターからシュートスライダーを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 西武 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 48 11.2 10 2 5 0 1 9 0 0 6 5 3.75 1.29
1981 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 2.0 3 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
1982 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 181 42.0 35 5 18 1 5 21 2 0 15 14 3.00 1.26
1983 26 0 0 0 0 2 0 1 -- 1.000 180 42.2 39 5 18 2 2 27 1 0 23 23 4.85 1.34
1984 日本ハム 10 0 0 0 0 1 1 2 -- .500 94 20.0 23 4 10 0 1 9 0 1 15 12 5.40 1.65
1985 大洋 11 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 104 22.1 26 7 13 1 0 9 2 0 22 20 8.06 1.75
通算:6年 75 1 0 0 0 4 2 3 -- .667 615 140.2 136 23 65 4 9 76 5 1 81 74 4.73 1.43

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1976年 - 1978年)
  • 52 (1979年 - 1981年)
  • 14 (1982年)
  • 37 (1983年)
  • 26 (1984年)
  • 46 (1985年)

関連項目[編集]