野崎恒男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野崎 恒男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1947-04-17) 1947年4月17日(72歳)
身長
体重
175 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト1位
初出場 1972年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野崎 恒男(のざき つねお、1947年4月17日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

向陽高では1年生からエース。1963年夏の甲子園県予選決勝に進むが、坂口和司のいた南部高に0-1で9回サヨナラ負け。1964年の秋季近畿大会でも決勝に進み、育英高鈴木啓示と投げ合うが、延長17回の熱戦の末にサヨナラ負け。準優勝にとどまるが翌1965年春の選抜にへの出場を決める。選抜では1回戦で高鍋高牧憲二郎に投げ勝つが、2回戦で小田義人服部敏和らのいた静岡高に敗退した[1]

高校卒業後は、立正大学に進学し東都大学リーグ加盟の硬式野球部に入部。チームの二部復帰に貢献した。

大学卒業後は社会人野球富士重工業に進み、1971年には東映フライヤーズに入団した皆川康夫の後継としてエースを任せられる。同年の都市対抗日立製作所の補強選手として出場、2試合に登板し6イニングで自責点2の成績をあげ、チームも準々決勝に進出した[2]

1971年プロ野球ドラフト会議南海ホークスから1位指名を受け入団。2年前から柚木伊藤両スカウトがマークしていた。即戦力らしく杉浦忠がつけていた背番号21を受け継ぐ。

1972年は新人ながら先発ローテーションに入り、同年8月19日阪急ブレーブス戦で、初回に福本豊に打たれた1安打のみの完投で初勝利を記録する。ジュニアオールスターにも出場。同年は4勝に終わるが、当時の野村監督は「球速があって、しかも制球力がいいので、できるならリリーフの切り札にしたい」と構想を立てていた。翌年からは主に中継ぎで起用されたが、ローテーションの谷間では先発もこなした。

1976年太平洋クラブライオンズに移籍。

1978年途中、中島浩一高木孝治との交換トレードで近鉄バファローズに移籍し、1979年限りで現役を引退。

オーバースローの本格派で、ストレート、変化球をコーナーいっぱいに決める落ち着いたプレートさばきを見せた。スライダー、シュート、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を持つが。得意球はシュートであった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 南海 29 15 3 2 0 4 6 -- -- .400 512 119.1 116 9 48 2 6 44 0 1 57 53 4.01 1.37
1973 17 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 179 36.2 53 5 23 0 0 11 1 3 32 29 7.05 2.07
1974 13 5 1 1 0 1 0 0 -- 1.000 175 41.0 39 2 21 1 0 30 0 0 21 19 4.17 1.46
1975 19 3 1 0 0 2 1 0 -- .667 330 78.2 92 6 16 1 0 27 1 0 35 33 3.76 1.37
1976 太平洋
クラウン
11 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 104 23.0 28 2 7 0 3 11 1 0 12 8 3.13 1.52
1977 24 5 0 0 0 1 4 0 -- .200 247 59.1 71 6 8 0 2 17 0 0 33 32 4.88 1.33
1978 14 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 138 32.1 35 1 12 0 4 18 0 0 15 12 3.38 1.45
近鉄 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.1 5 4 2 0 0 1 1 0 4 4 9.00 1.62
'78計 18 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 158 36.2 40 5 14 0 4 19 1 0 19 16 3.89 1.47
通算:7年 131 35 5 3 0 9 13 0 -- .409 1705 394.2 439 35 137 4 15 159 4 4 209 190 4.33 1.46
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 21 (1972年 - 1974年)
  • 17 (1975年)
  • 15 (1976年 - 1978年途中)
  • 14 (1978年途中 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]