高柳秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高柳 秀樹
中日ドラゴンズ コーチ #88
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県鹿島郡鉾田町(現:鉾田市
生年月日 (1957-03-01) 1957年3月1日(60歳)
身長
体重
178 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト1位
初出場 1979年4月7日
最終出場 1990年9月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高柳 秀樹(たかやなぎ ひでき、1957年3月1日 - )は、茨城県鹿島郡鉾田町(現:鉾田市)出身の元プロ野球選手外野手)。

実兄はヤマハ硬式野球部監督を務めたヤマハ硬式野球部副部長の髙栁信英(「たかやなぎ」の漢字は変形体で、戸籍上はそちらが正式と思われる)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

鉾田一高では、1973年秋季関東大会県予選準決勝に進むが、土浦日大高工藤一彦に抑えられ完封負け。卒業後は国士舘大学に進学。東都大学リーグでは、1学年下のエース片岡大蔵を擁し1977年春季リーグ二部優勝。入替戦で日大を破り、初の一部昇格を果たす。リーグ通算50試合出場、178打数52安打、打率.292、7本塁打、22打点、ベストナイン2回。1975年には第11回アジア野球選手権大会日本代表に選出された。大学同期に、共に打線の中軸であった武居邦生(日本楽器)がいる。

プロ入り後[編集]

1978年のドラフト1位で南海ホークスに入団。1年目の1979年から一軍出場を果たし、1983年には一軍に定着し初本塁打も放った。

1984年には右の代打の切札であった山本雅夫巨人に移籍。その後継として期待され、対左投手専門ではあるものの一軍の中軸打者としての地歩を固めた。その後も外野の準レギュラーとして起用され、1985年から1987年には、左投手を苦手としていた門田博光らに代わって7試合に四番打者を務める。1988年には主に左翼手、五番打者として58試合に先発出場。南海最末期の苦しいチームを支えた選手の一人である。しかし、1990年田淵幸一が監督に就任すると出場機会は激減し、1991年限りで現役引退。

現役時代の応援歌の前奏部分は、秀樹つながりで西城秀樹の『情熱の嵐』だった。

引退後[編集]

1992年から1994年までダイエーの二軍打撃コーチおよび育成コーチを務め、1995年宅和本司からの招聘を受けて台湾三商虎隊で打撃コーチを1996年まで務めた。1999年に再びダイエーの二軍打撃コーチに復帰。2001年にフロント入りし、2002年に再びダイエーの二軍打撃コーチを務めた。2003年千葉ロッテマリーンズの一軍打撃兼外野守備走塁コーチを務めたが打率リーグ5位、得点・本塁打は最下位に低迷した。2004年はロッテで調査役を務めた後、2005年中日ドラゴンズに二軍打撃コーチとして入団。2010年6月7日より、打撃強化策の一環として一軍打撃コーチに配置転換され[1]、6月17日以降は巡回コーチ[2]となる。2011年は二軍野手コーチで始まるものの、7月29日より打撃コーチの石嶺和彦(石嶺は8月16日コーチの上田佳範と代わる形で再昇格している。)と代わる形で一軍野手コーチとして昇格し[3]同年10月7日に来季の契約を結ばないことが通達された[4]

2012年2月29日四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスの野手コーチに就任[5]。しかし、2012年はチーム打率が.192、2013年はチーム打率が.225で終わり、チームは低迷した。2013年10月22日、2014年シーズンから中日ドラゴンズの二軍打撃コーチに復帰する[6][7]ことが発表された。11月1日には背番号が88になることが発表された[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 南海
ダイエー
42 103 89 12 17 5 0 0 22 5 3 0 2 0 11 0 1 19 1 .191 .287 .247 .534
1980 29 15 13 8 1 1 0 0 2 2 0 2 0 0 2 0 0 4 1 .077 .200 .154 .354
1981 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1983 49 95 86 11 24 6 0 2 36 20 1 0 0 2 7 0 0 12 4 .279 .326 .419 .745
1984 81 178 162 21 44 8 0 8 76 26 2 1 3 3 9 0 1 27 5 .272 .309 .469 .778
1985 65 112 101 17 25 6 0 6 49 16 0 1 0 0 10 0 1 27 3 .248 .321 .485 .807
1986 68 176 153 25 49 10 0 11 92 26 0 0 0 2 18 0 3 35 4 .320 .398 .601 .999
1987 81 180 156 18 36 7 0 7 64 31 0 0 2 5 16 2 1 33 6 .231 .298 .410 .708
1988 88 231 214 18 52 8 1 7 83 25 0 3 0 2 15 0 0 31 13 .243 .290 .388 .678
1989 61 144 122 19 26 6 0 6 50 22 0 0 0 1 21 1 0 28 5 .213 .326 .410 .736
1990 27 58 51 5 12 4 0 1 19 4 0 0 0 1 6 0 0 13 2 .235 .310 .373 .683
通算:11年 592 1294 1149 154 286 61 1 48 493 177 7 7 7 16 115 3 7 230 44 .249 .317 .429 .746
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (1979年 - 1991年)
  • 88 (1992年 - 1994年、2005年 - )
  • 75 (1995年 - 1996年)
  • 74 (1999年 - 2000年、2002年)
  • 89 (2003年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ 来季の契約について 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2011年10月7日配信
  5. ^ 高知FD 野手コーチ就任のお知らせ四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年2月29日)
  6. ^ 【中日】佐伯、達川氏ら来季コーチ陣発表日刊スポーツ(2013年10月22日)
  7. ^ ★来季のスタッフについて中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年10月22日配信
  8. ^ ★来季スタッフの背番号について中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年11月1日配信
  9. ^ 『プロ野球選手名鑑2005』ベースボール・マガジン社、2005年3月、P14。

関連項目[編集]