浜名敏幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浜名 敏幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1956-06-17) 1956年6月17日(61歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜名 敏幸(はまな としゆき[1][2]1956年6月17日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手投手、右投げ右打ち、180cm、75kg。ドラフト指名時は浜名繁幸[1][3][4]、入団契約締結時から敏幸[5]

来歴[編集]

1956年大分県に生まれた浜名は、1972年大分県立臼杵商業高等学校に入学。1974年、最後の夏は大分県予選準々決勝で、渡辺光弘大分県立中津工業高等学校に1-2で敗退し、在学中の甲子園大会出場はなかった[6]。この秋のドラフト会議で、南海ホークスから3位指名を受け、1975年に入団。なお、前述の渡辺光弘も翌年に南海に入団している。入団時は本格派でカーブ、シュートが武器の速球派投手であったが、1977年下手投げにモデルチェンジ。1979年シーズンをもって引退し[3]、翌年から打撃投手に転向。1982年シーズン限りで退団した[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 53(1975年 - 1979年)
  • 66(1980年 - 1982年)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ドラフト全史2003 2004, p. 198
  2. ^ 朝日新聞東京本社版1974年3月26日付朝刊19面
  3. ^ a b プロ野球人名事典 2001, p. 407
  4. ^ 朝日新聞東京本社版1974年11月20日付朝刊17面
  5. ^ 朝日新聞東京本社版1974年12月27日付朝刊12面
  6. ^ 朝日新聞東京本社版1974年7月24日付朝刊14面
  7. ^ 「南海ホークス栄光の歴史1938-1988」122P、ベースボール・マガジン社、2012年、ISBN 978-4583618876

参考文献[編集]

  • 『日本プロ野球ドラフト全史2003年最新改訂版』 ベースボール・マガジン社、2004年ISBN 978-4583612553
  • 森岡浩 『プロ野球人名事典2001』 日外アソシエーツ(発行)、紀伊國屋書店(発売)、2001年ISBN 978-4816916694