醍醐恒男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
醍醐 恒男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
生年月日 (1949-11-22) 1949年11月22日(70歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1967年 ドラフト6位
初出場 1968年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

醍醐 恒男(だいご つねお、1949年11月22日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

習志野高校では3年生の時に、捕手、四番打者として同期の石井好博とバッテリーを組む。1967年の東関東大会決勝で竜ヶ崎一を破って夏の甲子園に出場。準々決勝の富山商戦では5安打。決勝では広陵の宇根洋介投手(近大 - 電電中国)から適時三塁打を放ち1-7で勝利、千葉県勢初のチーム全国優勝を飾る。他の高校同期に三番打者の池田和雄外野手慶大 - 日本石油)がいる。

打力とインサイドワークに優れた捕手として期待され、1967年のドラフト会議阪急ブレーブスから6位指名を受け入団。しかし出場機会に恵まれず、外野手に転向。1971年オフの第2回選抜会議(トレード会議)の対象となり。指名を受けた南海ホークスへ移籍。ここでもあまり活躍の場はなく、1976年限りで引退した。一軍で4試合に出場しているが、全て偵察要員としての起用に終わった。

引退後は南海のコーチ補佐、コーチを1985年までつとめた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 阪急 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 南海 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1973 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:3年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 48(1968年 - 1971年)
  • 52(1972年 - 1977年)
  • 72(1978年)
  • 86(1979年 - 1982年、1984年 - 1985年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]