当銀秀崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
当銀 秀崇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1946-02-01) 1946年2月1日(71歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト9位
初出場 1968年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

当銀 秀崇(とうぎん ひでたか、1946年2月1日 - )は、北海道出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

札幌商業高校では1年生の時、背番号14の控え選手ながら1961年夏の甲子園に出場。1回戦で大社高の若月宏之投手(立大全大丸)に抑えられ1-9で大敗[1]。翌1962年はエースとして秋季北海道大会決勝に進むが、北海高吉沢勝と投げ合い完封負け、春の選抜出場を逸する。1963年春季北海道大会決勝でも北海高に敗退。同年夏も南北海道予選で敗れ、甲子園には届かなかった。

卒業後は駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは1年生からレギュラー外野手となり、1964年春季リーグで優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも、高校の先輩である盛田昌彦投手(北海道拓殖銀行)を擁し、決勝で早大を破り優勝。在学中全試合出場を果たし、リーグ通算107試合出場、335打数87安打、打率.260、4本塁打、43打点。ベストナイン1回受賞。大学同期に佐野勝稔後原富がいた。

1967年ドラフト会議阪急ブレーブスから9位指名を受け入団。一年目から一軍に定着し、代打や守備固めとして起用される。1973年には107試合に出場、うち35試合に主に左翼手として先発し打率.294の好成績をあげた。左の代打の切札として活躍した印象が強いが、同年から1975年までは、外野の準レギュラーとしても多くの試合に出場し、阪急黄金時代を支えている。1977年限りで引退。

引退後は、2007年まで阪急・オリックスのスカウトとして活動。2008年から2010年まで北海道日本ハムファイターズでスカウトを務め、西川遥輝を担当した[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 阪急 33 14 12 6 3 2 0 0 5 0 1 1 0 0 1 0 1 5 0 .250 .357 .417 .774
1969 42 32 30 6 4 2 0 0 6 2 1 0 0 0 2 0 0 5 1 .133 .188 .200 .388
1970 52 61 55 12 13 1 0 1 17 1 5 0 1 0 3 0 2 5 0 .236 .300 .309 .609
1971 37 5 5 5 3 0 0 1 6 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 .600 .600 1.200 1.800
1972 75 23 21 4 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 0 0 2 1 .048 .130 .048 .178
1973 107 196 163 24 48 6 0 4 66 23 10 4 1 0 29 0 3 17 2 .294 .410 .405 .815
1974 87 142 111 19 32 7 0 2 45 20 9 2 5 0 25 4 1 18 4 .288 .423 .405 .829
1975 67 125 114 9 27 4 0 3 40 10 0 2 0 1 8 0 2 13 3 .237 .296 .351 .647
1976 17 23 28 2 5 0 0 0 5 4 0 0 0 2 3 0 0 5 0 .179 .242 .179 .421
1977 5 9 9 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .111 .111 .111 .222
通算:10年 522 630 538 87 137 22 0 11 192 64 30 12 7 3 73 4 9 72 11 .255 .352 .357 .708

背番号[編集]

  • 41 (1968年 - 1970年)
  • 26 (1971年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 日ハムが西川選手に指名あいさつ

関連項目[編集]