岡本圭右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 圭右
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県南あわじ市
生年月日 (1956-08-16) 1956年8月16日(62歳)
身長
体重
182 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手 一塁手 投手
プロ入り 1974年 ドラフト4位
初出場 1979年5月18日
最終出場 1987年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡本 圭右(おかもと けいすけ、1956年8月16日[1] - )は、兵庫県南あわじ市出身の元プロ野球選手投手内野手外野手)。左投左打[1]

来歴・人物[編集]

県立三原高2年の県予選で、9回二死までノーヒットノーランピッチングをした記録が残る[1]。県立三原高から1974年ドラフト4位で投手として南海ホークスに入団[1]。入団後2シーズンの間一軍登板は無く、1977年シーズンから野手転向。1979年には外野手として一軍に定着する。 片平晋作が移籍した後の1982年には、開幕戦から一塁手として起用され52試合に実質先発出場、しかしこれら全ての試合で偵察要員が使われた。翌1983年も61試合に先発。その後も山本雅夫池之上格らとの併用ながら一塁手として活躍し、また指名打者、外野手としても出場した。勝負強い打撃で長打力もあったが、左投手に対してはあまり起用されず、規定打席数に達した年はなかった。1986年12月橋本敬司とのトレードにより巨人に移籍。ここでは出場機会に恵まれず、ペナント・日本シリーズとも無安打に終わり1987年限りで現役引退。現役最終打席は死球であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 南海 55 103 94 9 23 2 1 4 39 15 0 1 0 0 8 0 1 26 2 .245 .311 .415 .726
1980 55 114 107 11 27 3 0 7 51 24 0 1 0 1 6 0 0 23 3 .252 .289 .477 .766
1981 53 87 80 8 18 5 1 2 31 15 0 0 0 1 5 0 1 13 3 .225 .276 .388 .663
1982 74 223 205 13 47 8 0 3 64 31 2 1 0 2 16 0 0 48 5 .229 .283 .312 .595
1983 93 228 204 15 51 9 0 6 78 23 0 2 1 3 18 0 2 33 6 .250 .313 .382 .695
1984 81 142 129 14 33 9 2 4 58 21 0 0 0 0 12 0 1 25 1 .256 .324 .450 .774
1985 80 233 214 22 55 12 0 9 94 43 1 1 0 2 16 0 1 46 4 .257 .309 .439 .748
1986 83 155 140 13 34 3 0 2 43 11 2 1 0 0 14 0 1 38 3 .243 .316 .307 .623
1987 巨人 5 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 0 .000 .167 .000 .167
通算:9年 579 1291 1178 105 288 51 4 37 458 183 5 7 1 9 95 0 8 254 27 .244 .303 .389 .692

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1975年 - 1979年)
  • 27 (1980年 - 1982年)
  • 9 (1983年 - 1986年)
  • 10 (1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P126。

関連項目[編集]