鈴木孝雄 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 孝雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中京区
生年月日 (1939-09-26) 1939年9月26日(79歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 南海ホークス
    福岡ダイエーホークス (1969 - 1981, 1983 - 1984, 1986 - 1990)

鈴木 孝雄(すずき たかお、1938年4月21日 - )は、愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督

息子は、元プロ野球選手の鈴木俊雄

来歴・人物[編集]

中京商業高では捕手として甲子園に3回出場。2年生の時、1955年夏の甲子園では、1年上の長坂育也(日立製作所)、同期の安井勝(立大 - 丸善石油)両投手を擁し準決勝に進出するが、この大会に優勝した四日市高に敗退[1]1956年春の選抜は順調に勝ち進み、決勝で安井が県岐阜商業高の清沢忠彦投手(慶大 - 住友金属)に投げ勝ち、優勝を飾る[2]。同年の夏の選手権は準々決勝で米子東高に敗れた[1]。同年秋の兵庫国体にも出場。決勝では甲子園で敗れた米子東高を、延長10回1-0で降し優勝を飾る。他の同期に星山晋徳一塁手、富田虎人外野手中日)、1年下に本間勝投手小川敏明捕手がいた。

高校卒業後は法政大学へ進学。東京六大学リーグでは同期のエース山崎正之の好投もあり、1960年春季リーグに優勝、捕手としてベストナインに選出される。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で同志社大を破り初優勝を飾る。山崎以外の大学同期に山本一義外野手がいる。

1961年南海ホークスへ入団。1年目から野村克也の控え捕手として一軍に定着し32試合に出場、うち6試合に先発マスクを被る。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、第2戦の9回裏に代打として起用されるが、二飛に終わり最後の打者となった。その後も控え捕手として起用されるが、1966年以降は出場機会に恵まれず、1968年限りで引退した。

引退後は、南海・ダイエーのコーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 南海 32 37 33 3 10 1 0 2 17 4 0 0 0 0 4 0 0 7 1 .303 .378 .515 .894
1962 23 30 28 0 3 1 0 0 4 3 0 0 0 0 2 0 0 8 1 .107 .167 .143 .310
1963 17 10 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .000 .200 .000 .200
1964 11 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .125 .125 .125 .250
1965 14 19 19 0 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .211 .211 .211 .421
1966 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1967 11 8 8 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .288 .317 .369 .686
1968 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:8年 110 112 104 3 19 3 0 2 28 10 0 0 0 0 8 0 0 22 6 .183 .241 .269 .510
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 17 (1961年 - 1968年)
  • 62 (1968年 - 1978年)
  • 72 (1979年 - 1981年)
  • 72 (1983年 - 1984年)
  • 77 (1986年 - 1988年)
  • 88 (1989年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]